マスクの正しいつけ方? | 小樽銭函 経絡エステ 老け顔・疲れ顔・たるみ・歪みを改善!!内面から若返る経絡美容

小樽銭函 経絡エステ 老け顔・疲れ顔・たるみ・歪みを改善!!内面から若返る経絡美容

『たるまない・下がらない・老化しない身体作り』を目的としたモンテセラピー。40代からのお顔のたるみ、体型の崩れでお悩みの方の為のサロンです。

小樽銭函エステサロン凛・経絡美容研究家の宮腰です。

 

 

 

◇初めての方はこちらをどうぞ◇

 

 

 

今、本当にマスクがどこも品切れなんですね。

 

 

 

私は仕事の時はマスク必須なので、このまま品切れが続いたら困るなと思っていましたが…

ハンカチやキッチンペーパーで手作りできるみたいです。

今の在庫がなくなって、手に入らなかったら作ってみようかなと思っています。

ネットでも色々と作り方載っているので困っている方は検索してみてくださいね。

 

 

 

ところで…皆さんマスクの正しいつけ方知っていますか?

 

 

 

実は私、10年以上ずっと表裏、逆につけていたようです(笑)

先日教えてもらってビックリ。そして、正しいつけ方するとフィット感が全然違ってビックリです(笑)

 

 

 

これ、私の周りでも知らない方たくさんいらっしゃいました。

 

 

 

↓こちらがオモテ。

 

a51f2fa8116bad32a2d30dd0fd8e67a3_f33f8de24a1c74a
 
 

私はこっちが裏だとずっと思っていました。

なんか、このヒモの接着部分が外に見えない方が良いと思い込んでいたんですよね。

服の縫い目が内側って感覚で。

 

 

 

 
 

でも、こちら側をお顔に当てると密着度がちがう!!

そして、いつも顔にヒモの跡がついていたんですが、それもなくなりました。

 

 

 

 

ただ、これはメーカーさんによって違いもあるとのことです。

(ヒモ部分が内側のメーカーさんもあるそう)

 

 

 

 

なので「ワイヤーがついてる方が上。鼻のところのヒダが下向き」と覚えると良いです。

 

 

 

↑こちらを表にすると、矢印のヒダが下向きになっていますよね。

 

 

 

 

↓一方こちらを表にしちゃうと、ヒダが上向きになります。

 

 
 

このヒダが上向きになっていると菌が溜まるという理由で下向きが正解だそうなんです。

そんなこと考えたこともなかったけど、ちゃんと意味があるんですね。

私、ずっと菌ためてたかもしれません(笑)

 

 

 

 

きっと知らない方たくさんいらっしゃると思うのでよろしければ参考にして下さいね☆

 

 

 

=============================================

 

◎東洋医学の基礎・体質や体型の五行タイプを学べる人気講座。

オンラインでの受講も可能です!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

☆経絡美容理論講座

 

 

◎お客様の満足度大!!ヘッドの技術が学びる人気講座

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

☆経絡リフトヘッド講座

 

 

 

 ============================================

 

◎こちらも主催しています⇒札幌ビジネス勉強会

 

============================================

 

 

モンテセラピーで「たるまない・下がらない・老化しない身体作り」
自然体な大人の美しさを。海が見える癒しのエステサロン【natural beauty salon凛】

Natural Beauty Salon 凛
【住所】小樽市銭函1丁目(JR銭函駅より約1km)
【営業時間】9:30~18:30(応相談)

【定休日】日曜、他不定休
メニュー&料金
アクセス
ビフォー・アフター
ご予約・お問い合わせ
電話: 0134-61-3601
            090-9750-7725

頬のたるみ、ほうれい線、二重あご・目の下のたるみ、シワ。二の腕のたるみ、猫背、ポッコリお腹、足の浮腫み、骨盤の歪み等、フェイスライン・ボディラインの崩れが気になる40歳前後の女性の為のサロンです。