おんがく教室オリジナルグッズが人気です | ピアノ教師 モンテッソーリ教師みきこのブログ

テーマ:

こんにちは

0歳からのモンテッソーリ教育

みやかわおんがく教室

宮川美喜子ですりんご

 

 

知る人ぞ知る

知らない人は知らない

 

みやかわおんがく教室謹製レッスングッズのご紹介です。

 

「みやかわおんぷ」くん

        

 

 

 

「お守りうさぎ」

 

 

 

「はとなかスポンジ」さん

 

 

 

 

 

「みやかわおんぷ」くん は 

手書きのお守りです。

いえ、お守りというか注意事項のひとつ。

 

「音符の最後まで音を聴いてね。」

「途中で切ると、このおんぷ君はからだがちぎれて死んじゃうのえーん

と、脅かす記号です。

あら、けっこう残酷なこと言ってますね。

よく見ると腹ペコあおむしに似ている~

ささっと書くのが大変なのでそろそろ、ハンコにしたいところ。

 

 

 

「おまもりうさぎ」は、コンクールの実力発揮祈願お守り 。

指人形になっています。

コンクール前に一人ひとりに念を入れて作り渡します。お顔の裏側には熱い応援メッセージが書いてあるんですよ。



 

 

 

「はとなかスポンジ」さん 、いったい何者?

鳩中酢本児?

はぁとなかすっぽんじ?

 

生徒はあれこれ当て字などを考えて喜んでいますが、これはまじめに結構大切な記号なのです。

 

手首を緩めて力を抜くしるし。

心をこめて歌うしるし・

などその意味は多岐にわたります。

この絵だけだとわかりにくいですが生徒は「ぐっころんスポンジ」で実体験をしているのでピンとくるようです。

 

 

そういえば

「ぐっころんスポンジ」と「おまもりうさぎ」は以前

藤拓弘先生の「ピアノレッスンアイデアBOOK」で紹介していただいたことがあります。

今は続編も出版されていて、どちらの本もレッスンが楽しくなるお宝グッズがたくさん紹介されています。

 

 

この本もそうですが、SNSやいろんなセミナーで全国のピアノの先生方があの手この手でレッスンにグッズを用いて工夫をされているのをみると感激し刺激をいただきます。


でも最終的にはグッズがなくても五感でわかって欲しい。


これは、本当の思いですね、




 

モンテッソーリの教えの系統である

 

「具体から抽象へ」

 

です。

 

 

 

(明日のピティナピアノコンペティション本選会のために。「お守りうさぎ」を生徒に渡しました。このお守りの具体物は抽象化しにくい。。)

 

 

 

りんご

五感で育む意欲と感動

モンテッソーリ教育音楽教室

みやかわおんがく教室ホームページはこちらです

 

 

みきちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります