こんにちはショウです!

 

今回は年齢と自由についての話します。

 

 

 

アパレルという職業は一般的に見て

拘束時間と労働時間が非常に長いです。

 

ですが多くの方は

アパレル・デザインという仕事が好きでやっています。

 

 

言い方は悪いですが、

アパレルをしていて最も得るものは

 

「やりがい」だと思います。

 

これは本当に素晴らしいことだと思います。

仕事にやりがいを感じれているのは

まさに天職です。

 

僕もその中の一人です。

 

一方で、

アパレルという仕事だけでは

大切な人の人生を守れないとも感じています。

 

それは給料体制が個人任せだからです。

 

個人の力量で給料が変わってくるのです。

 

20、30代のうちは

気にならないかもしれませんが、

 

40、50歳になってくるとカラダの衰えや

家族や子供もいらっしゃるので、

 

働けるパフォーマンスが次第に落ちて

プライベートも自由な時間が無くなってきます。

 

簡単にまとめると、

 

「アパレル給料の不安定要素」

 

・自分の健康状態

(現場に立てない時間に比例して減給)

 

・会社の経営状況・人がやめるリスク

(10年以上続くブランドは業界でごくわずか・

販売のIT化・AIによる仕事を奪われるリスクが高い)

 

・生産性に限界がある。

(仕事柄、同時にタスクを処理できない)

 

 

二十歳くらいなら

がむしゃらにやって

ノルマを追いかけ続けてもいいと思います。

 

ですが頭の片隅には

将来のことも考え行動しなければ

 

常に不安を抱えながら

雇われて仕事しなければ

ならなくなります。

 

 

じゃあなにを変えるのか?

 

 

【複業して収入源を増やすことです】

 

 

 

 

僕がやっているのはアフィリエイトですが

自動化しているので、

自分が何をやっていようが

その収入に影響はありません。

 

 

コツも基礎も頭に入っているので、

収入源を量産することはできます。

 

やな奴だと思われますが、

時間が経ってくれた方が

収入は増えていきます。

 

そんな僕も

1年間で100万円の借金を作ったので

ちゃんと地獄は見ています。

 

自分の将来とパートナーの将来も

お金と時間に関しての悩みは

ほとんど0の状態にすることができました。

 

このブログではそんな生き方について

ご案内しているので

少しでもご興味あればこれからも

ブログをチェックしてください。

 

 

この業界はまだまだ幸せになるべきです。

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。