バビロンの大富豪 | 手帳と夢と成功と【monomono--'s eye】

バビロンの大富豪

久しぶりに書評を。
読んでなかったわけではないのですが、現在投資関連本
ばかり読んでいて、あんまりこのブログにそぐわないかなと
書評は書いてませんでしたが、何冊かお~っと思った本
があったので順次紹介したいと思います。

まずは表題のとおり、
バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか
バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか
ジョージ・S. クレイソン George S. Clason 大島 豊

関連商品
となりの億万長者―成功を生む7つの法則
世界一読みたかった お金の聖書(バイブル) 幸せで豊かになる力が、絶対身につく本
私の財産告白
マスターの教え
イヌが教えるお金持ちになるための知恵
by G-Tools

という本。

資産管理や投資関係の本を読んでる中で、前々から気にはなって
いたのですが、たまたま古本屋でとてもきれいな状態で300円だった
ので、即購入しました。

古代のバビロンから出土した粘土板に記載されていた様々な寓話や
物語の中からお金に関するものを中心にまとめた本でした。

結論からいうと、もっと早くに新本で買っておけばよかったと思うくらい
よかったです。

内容は簡単ですぐに読了できるのですが、簡単でありながら古代の
寓話を現代に本にしただけあって、普遍的だと感じられるところが
多々あり、お金や資産管理や仕事に関することに多くの示唆を
得られる本でありました。

やっぱり真理は簡単なのかなって気もしますし、
簡単だからこそ、自分の応用力や実行力も問われると思います。

それを差し引いてもこの本にはあまりある古代に最高の繁栄を
気づいていたバビロニア王国の人々が実践していた資産管理
やお金についての知恵がつまっていると感じました。

簡単なのでここで紹介することも出来ますが、みなさんが実際に
本を読んで感じて頂ければと思います。

読書って本当にすばらしい。ってたくさんの人に思っていただける
ように。