遅くなりましたが

まずは

 

12月3日バースデイワンマン

 

見にきてくれたみんな

応援してくれたみんな

 

本当にありがとうございました。

 

正直あんなに集まってくれると思わず

客席が埋まった光景を見て

胸が熱くなりました。

 

当日に急遽駆けつけてくれた人や

 

友達を誘って来てくれた人

 

まさかワンマンライブで

初めましての人が来てくれるなんて

思いもしなかったし

 

何より

来てくれたみんなが笑顔になっているのを見て

ここまで頑張ってよかったなって本当に思いました。

 

ワンマンライブやりますっていった時、

実はすごく怖かったです。

 

僕なんかのために人が集まってくれるのか

 

僕はお金も時間もかけて来てくれるみんなに

ちゃんと相応、それ以上のものを返せるのか。

 

もちろんそれ以上どころか

本当に来てよかったと思ってもらえる空間を作るために

何ヶ月もかけて練習したり、準備したりして来ましたが

 

どんなに練習を重ねても

どんなに色々用意をして計画を立てても

 

なにせバンドでもやったことのない

人生初のワンマンライブ

 

僕にとってそれがとてもハードルの高いもので

不安は当日のオープンするまでぬぐえませんでした。

 

 

 

でもね、

オープンした途端にみんなが入って来て

 

"mono君おめでとう"

 

"見に来たよ"

 

"楽しみにしてるよ"

 

そんな言葉が僕に向かって飛んで来て

 

一生懸命monoKatsumiという

アーティストを作り上げよう、取り繕おうとしていた自分が

めっちゃ恥ずかしくなって

 

僕はみんなに笑顔になってもらうために音楽をやっていたんだって

改めて気づいて

 

不安なんてその時には忘れてました。笑

 

 

そして本番始まって

 

〜1部〜

 

1、東京

2、応援歌

3、ひとつとふたつ ←この辺りからすでに緊張は消え失せてました🙄

4、冬のうた

5、雨靴

 

6、ぷりんのうた

 

 即興コーナー   ←お題難しかったけど意外と上手にできてテンション上がった

 

〜2部〜

1、雨

2、Lost World(Holiday on Thursday)

3、For you(Holiday on Thursday)

4、バカ

5、今日

6、最後のうた

 

〜アンコール〜

Holiday on Thursday

 

こんな流れだったんですが、

僕が散々練習して来た流れなんて

全く意味がありませんでしたね。笑

 

 

MCも考えてたことなんて本当に1割ぐらいしか言えず

あとは本当にHoliday on Thursdayをやっていたあの頃のように

ただただ笑いっぱなしの2時間。笑

 

こういうのを最幸っていうのかな。

 

 

オープンと同時にお花をもらったり、

 

 

元バンドメンバー(ex.Holiday on Thursday)の

だいとぱっつんにもちゃんと

"最後のうた"聞かせてあげられたし。

 

だいはその時にはすでに酔いつぶれて後ろで寝てたけど🙄

ちなみに起こすのめっっっっっっっっちゃ大変でした。。笑

めんどくさいけど

相変わらずかわいいなだいちゃん。笑

 

 

 

そして

アンコールの直前

バースデイケーキが出て来たり、

 

 

Holiday on Thursdayでのコールアンドレスポンス

みんなの声が箱いっぱいに広がったあの瞬間





 

本当に予想外がいっぱいで、

僕がみんなにたくさんのものをあげたかったのに

 

 

 

結果もらってばっかりの

 

まさに"ひとつとふたつ"のような1日でした。

 

 

 

 

今思い返しても

素敵な景色、空間、時間。

 

あまりにもあっという間で、

まだ12月3日ワンマンライブが終わった実感がありません。

 

 

でも

monoKatsumiのアーティスト人生はまだまだはじまったばかり。

 

立ち止まっている暇などありません。

 

今日からまた

 

一歩

 

そして

 

また一歩

 

自分が望む

 

"明日"を

 

"今日"を

 

迎えに行くために

 

歩みを進めます。

 

 

僕は何をしても中途半端で

人よりも時間がかかります。

 

でもしつこいです。

粘り強いです。

 

時間がかかっても着実に前に進みます。

 

 

本当にありがとう。

 

次はもっと成長したmonoをみんなに見てもらうよ。

 

 

だから

今日も僕の方から明日を迎えに行こう。

 

 

 

 

monoKatsumiワンマンライブ

 

ありがとう♪