訃報

テーマ:

もんもんは 2011.09.06 永眠いたしました。


これまで、もんもんのブログをご覧頂いた皆様。ほんとうにありがとうござました。

また、もんもんを支えてくださったピグ友のみなさんありがとうございました。

もんもんは最後までがんばりました。

どうか、もんもんをほめてやってください。


元気になってまた、このブログを書くことを楽しみにしていました。 でも・・・・・・ 。




シロ(本名モンジロウ)と、シロクロ(本名チビ)は、今、もんもんの前で寝息をたてています。


みなさん、ありがとう、そして、さようなら(^_^)/~



もんもんの夫より



追伸  もんもんはこのブログの事を1度も私に言った事がありません。

     私には内緒にしておきたかったようです。 私も知らないふりをしていました。

     ですから、みなさんも、私が知っていることを、もんもんには内緒にしておいてくださいね。

そろそろ

テーマ:

近日中に、移植病室に移ります。

今日はそのための買い物に行きたい、と言って、最後の外出許可を勝ち取りました。

近くのドラッグストアに行って、やわらかいトイレットペーパーを買います、と言いましたが


ついでに


本屋さん行ってやろう。←ヒ・ミ・ツ


あと、ついでに


スーパーと・・・(以下自主規制)



それにしても、入院前は2.2もあった白血球。


2.2 → 1.5 → 1.3 → 1.2 → 1.0


まだなんにも治療してないんですけど。


このままあと1週間ぐらい待ってくれたら、前処置しなくても自動的に白血球ゼロになるんじゃないですか?( ´艸`)



先日から看護師さんがBCRにたくさんの荷物を入れています。

ギョッとするほどの量です。

「血小板輸血セット25セット」とか、まさかと思うような量です。ちょっと怖くなる。


「何が一番不安ですか?」とよく聞かれますが、何度聞かれようとも答えはひとつ。


「オシリの痛みですっ!」




・・・でもやっぱり夜になるといろんなことが押し寄せてきます。

音楽聞いてても 「次の空へ羽ばたこう」 という歌詞が 「天国に行く」 ってことに思えたりする。

気持ちが弱くなると、とにぃさんのブログを見に行きます。なんか救われる。


わたしのリスクは

★感染症・・・オシリ、食道

★7番染色体異常(モノソミー)

★輸血量が多い

★化学療法歴があり、そして寛解していない

★非血縁一座不一致(DR座)

★骨髄に線維化がみられる(マルクが引けない)


成功率は30~50%だそうです。



バンクドナーさんから骨髄液をいただきます。

規則なので、日程など書けませんが、いよいよ。

しばらくブログは書けないと思いますが、皆さんのブログはケータイから読ませていただきますね。


わたしのドナーさん、

「元気になりました」ってお手紙出すから、待っててね。


それでは行ってきます。

検査の日々

テーマ:

口腔外科に行きました。

先週まで地元の歯医者サンで治療してたので、大丈夫と思ってました。


なのに


歯のレントゲンを見せられ、数ヶ所ダメ出しされる。


「この神経のない歯の根っこのところね

ちょっと炎症があるでしょ?

本当ならかぶせ物をはずして、もう一度根っこの消毒を・・・」



「大丈夫ですっ!」



「この親知らずもね、治療してあるけど、絶対虫歯になりますよ。

抜いたほうが・・・」



「大丈夫ですっ!」



「今まで抗がん剤治療したときも何も痛くなりませんでしたっ!」


「免疫抑制剤使うと、大変なことになりやすいんですよ」



「大丈夫ですっ!」



と、歯医者怖さに、大丈夫ですと言い張って、ギリギリセーフの治療なしで逃げ帰ってきました。



次、婦人科に行きました。

感染症の内診を受けます。


「ついでにがん検診しましょうか?したほうがいいですよ」


とかなり熱心にオススメされましたが、拒否。

仮に子宮ガンが見つかったとしても、今は何も治療できないもん。

移植するしかないんだもん。バンクドナーさんなんだもん。


「血液の治療が終わったら、キチンとがん検診受けます」


と言って結局今回は受けませんでした。これでよかったよね?



そして、外科も行きました。


「先生、今日は診るだけですよね?」


と質問して・・・笑われる。←いつも大騒ぎするからw

外科の先生はいつも私の血液データが面白いらしく

「うわー少ないですねー」

と言って画面に釘付けになって見ています。

たしかに白血球は少ないけど、他はそれほどでもないんだけど。

やっぱり血液内科ではフツウのことでも

他の科の先生には、びっくりするようなデータなんですね。


きのうの血液

★白血球 1200

★好中球 229

★ヘモ様 6.3

★血小板 61000


痛い検査はこれで終わったような気がする。ヤッタ!

ヒマだけど忙しい

テーマ:

おはよございます。

毎日検査の日々を過ごしてます。

今朝の採血は33mlでした。

なんでいつもこんなに量が多いのか~。月曜日に48mlも採ったばかりじゃないか~。


きのうは眼科に行って、CTのために飲まず食わずをやって、歯科のレントゲン撮って


そして何よりもCVの挿入がありました。


エコーの機械が連れてこられました。

右鎖骨下を熱心にそれは熱心にエコーで見て見て見ていたヤッシー。

ようやく見当はついたようですが

麻酔したら血管がペタンペタンになってしまったようです。入りません。


わたしは痛みに弱いので、痛いときは痛いと言いますが、

痛いような気がするときも「痛い」と言います。

痛くなりそうな気配がするときも「痛い」と言います。←困った患者

結局、ヤッシー先生は入れるのをあきらめてしまいました。

わたしがヘンなところで痛いというので、

怖いのだそうです。←過去のトラウマ



造影剤を入れてのレントゲン透視下でのCV挿入<専門の先生

「ハイ麻酔ですよ」

の10秒後には

「入りましたからね~」


思わず


「は?」


と言ってしまいました。


今回は左鎖骨下です。

点滴口のブランブランは左肩に乗るような位置に。

まだ肩が痛いし、腕も動きにくいし、何か痛いし、違和感いっぱい。


でも恐怖の処置はこれにて終わったぞ。


あとは口腔外科行って、耳鼻科行って、精神科行って、外科行って、婦人科に行く。

ヒマなようで忙しい日々です。

でわ。


本日のメニュー

テーマ:

早朝より採血11本48ml

「どうしてヤッシー先生はこんなに血液が好きなんでしょうねぇ」

と看護師さんがため息つきながら、採血していきました。


そうか、血液内科の先生って、血液が好きなのかー。

当然といえば当然だけど、考えたことなかったなー。


10時からは胃カメラ。

鎮静剤をリクエストしました。

鎮静剤は血管注射で入れるそうです。

採血するような部分から注射。これはなんも痛くないですねー。

多少オエオエしつつ、多少痛いのに耐えつつ、

ずっと看護師さんが背中をヨシヨシとさすってくれて、かなり嬉しかった。


一時間の安静。


シャワーへ行こうと思って、浴室のカギをもらう。

「あっ、★★さん、今からマルク~」

というのを15分で出てくるとふりきって、無理やりシャワーへ。


マルクは腰からです。ほとんど引けませんでした。

2回骨に穴あけられ、7~8回さぐられる。

シャワー後の疲れと、マルクの恐怖と疲れでヘトヘト。


処置後に仰向きになってボーゼンと荒い呼吸をしていたら


「なんか別人のようにやつれとるなー」


「そうやねぇ、例えて言えば・・・」


「産後!」「産後!」


と先生と看護師さんに口を揃えられました。

もう言い返す気力がないぞ。


その後、赤いのを2単位。


それからバイオクリーンルームの見学。


期待の研修医の先生には会えないまま、彼は今週夏休みだそうです。


本日の血液チャンは

★白血球 1300

★好中球 230

★ヘモ様 5.4

★血小板 70000


治療が始まる前から白血球がグイグイ下がるのは、治療したくないというストレスに違いありません。

血小板はビダーザで改善したのに、少ししか持たなかった。どんどん減ってます。


明日も検査盛りだくさんです。

それではおやすみなさい。