フランス映画2本 | Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

毎日どなたかに会いわくわくしながら取材をしています。

Petitぷてぃが
どのように出来上がるのかお知らせいたします。

ハイ!Petitの福善です。

 

ここの所、続けてフランス映画を観ました。

「冬時間のパリ」

途中寝てしまう位くらい退屈と感じました。

どうも、私はジュリエット・ビノシュが苦手なのかも。

何かね~

どの役を演じても、なんかあか抜けない。

というか、そこが好きという方もいるんでしょうね。

というのと、

絡んでくる、男優二人もね。

ギョーム・カネは神経質っぽいし、

ヴァンサン・マケ―ニュは、

私の世界には居ない人でした。

 

次なる「パリの恋人たち」は実にストライク。

レティシア・カスタが演じるマリアンヌ。

大人の女の駆け引きを見せるところが魅力的。

普段着を美しく自信たっぷりに着崩している。

 

息子の子役がピリリと物語にスパイスを効かせ、

そこがカギで、笑えるポイントなのが面白い。

 

ローズ・デップがLittledevilをうまく演じてる。

若い女の子って万国共通なのかも知れません。

 

私、あんまりフランス男優は好みじゃないけど、

ルイ・ガレルはなかなかに素敵で思わず唸っちゃう。

そりゃそうだわ!!

あの名匠フィリップ・ガレルの息子さん。

本編監督は、ルイ・ガレルそして、

主演男優もルイ・ガレル。

 

フランスで暮らすのってこんなかしら?と、

日常のおしゃれな感じが満載。

 

ほんと、

大人のラブストリー。

お洋服の着こなしも勉強になりました。

すごく、楽しく、

なるほどね~と、

心の奥で納得の映画でした。

 

私の命ある限り

Petit の発行を決意しメラメラ

ブログランキングに参加しております。

応援よろしく、お願いいたします。

  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 小平情報へ
にほんブログ村 

クリック宜しくお願いします。