鮪のおいしさ。 | Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

毎日どなたかに会いわくわくしながら取材をしています。

Petitぷてぃが
どのように出来上がるのかお知らせいたします。

ハイ!Petitの福善です。

 

私の故郷は三浦半島 三浦・三崎。

育ったころの、三崎漁港は、

東京・築地に一番近かったので

その盛況ぶりは半端なかったです。

 

父は鉄工所を営んでいましたが、

漁船には、鉄鋼関係のメンテナンスは必須。

なので、漁港での仕事も多く、

魚市場にも出入りは多かったのです。

 

すると、

手ぶらでは帰ってこない父。

 

鮪のハラワタ・たまご・心臓・トロ。赤身は、

年中、食卓に上がっていました。

それも、山もり。

 

お弁当には、

鮪の角煮・鮪のつけ焼き・鮪のそぼろ。

 

母は始末な人でしたから、

鮪があるうちは鮪しか出さない。

すると、父は半分怒って、

「鮪があるからって鮪ばかり出すな!!

と言っておりました。

 

子供の私とて、同じ「また鮪だ汗

 

で、あんまり、鮪はどうでもいい

大人になりました。

 

ところが、ある時、友人が、

「ここのまぐろ丼を食べてごらん」

と連れて行ってくれました。

 

それは、三浦三崎港、最先端にある

お寿司屋さん「魚音」

ここのまぐろ丼、大変おいしいです。

是非一度、食べてみて!!

鮪の差材も良いのでしょうが、

漬け・焼き・赤身・トロがバランスよく配置され、

その調理法も、鮪のおいしさをすべて引き出しています。

そして、

合わせてある、人参・大根・きゅうりの糠付けの

塩梅が超浅漬けで鮪を引き立てています。

卵焼きも、ううう~ん、美味しい。

 

どんなに仲が良い関係でも、

食べ終わるまで、一言も話さないで終わります。

美味しくってね、話してる場合じゃないのね。

 

板さんに、

「毎回感じますが、期待を裏切らない美味しさ」

と絶賛しました。

 

そして、締めは葉山CHAYAのレモンタルト。

夏はレモンタルトが美味しいのね。

で、

また食べた。

いつ終わるんだ!体重増量キャンペーン。

 

私の命ある限り

Petit の発行を決意しメラメラ

ブログランキングに参加しております。

応援よろしく、お願いいたします。

  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 小平情報へ
にほんブログ村 

クリック宜しくお願いします。