ウィーン・モダン | Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

毎日どなたかに会いわくわくしながら取材をしています。

Petitぷてぃが
どのように出来上がるのかお知らせいたします。

ハイ!Petitの福善です。

 

国立新美術館

4月から8月5日まで開催されています。

 

ウィーン・モダン

クリムト、シーレ 世紀末への道。

 

もう!

行きたくて、行きたくてその気持ちは止められない。

 

会ってきました。

これは、撮影OKのディプリカ。

エミーリエ・フレーゲの肖像の一部です。

ドレスの上部は矢羽根の文様の様。

全体は小紋柄のように繊細。

 

私はなんで、こんなにクリムトが好きなのかはてなマーク

考えてみました。

画家グスタフ・クリムトの生き方って、

すごく瑞々しいと感じます。

エピソードの、ちょっとした断片を読んでも

それは感じ取れます。

 

そして、デッサンからも絵画からも、

声が聞こえてくるのね。

モデルが何を言いたいのか想像ができる。

そして、クリムトが、

どんな風に話しかけているのかも聞こえてくる。

 

静かに佇んでいるだけで、

その声が聞こえてくるのです。

 

モデル衣装もバックの意匠にも

引き付けられます。

カラーリトグラフのポスターも圧巻。

その力強さは、民衆をひきつけ、

広告媒体としての影響力は抜群だったと感じる。

 

何しろ魅了されました。

酔いしれた感じでした。

 

次なるはこちら。

みんなのミュシャ。

暑い盛りですが、体調を整えてまいります。

 

私の命ある限り

Petit の発行を決意しメラメラ

ブログランキングに参加しております。

応援よろしく、お願いいたします。

  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 小平情報へ
にほんブログ村 

クリック宜しくお願いします。