袷と一重。 | Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

毎日どなたかに会いわくわくしながら取材をしています。

Petitぷてぃが
どのように出来上がるのかお知らせいたします。


テーマ:

ハイ!Petitの福善です。

 

本日のテーマ。

袷と一重とは・・・

 

着物は袷、

ですが襦袢は一重はいかがでしょう。

 

染と呉服の京や三代目

勝也さんも言ってらしたです。

『10月は

基本的には「袷せ」の着物になりますが

気温が上がる日もありますので

様子によっては
「単衣」でも良いように思います。

 

「衣替え」を重視しすぎると

本来着物が持つ

衣服としての機能性が下がります』

 

これはお着物の事ですが、

10月ともなれば、しっとり落ち着いた

袷を着たいもの。

だけど、汗ばむ日もある。

 

そんな時はサラッと一重の長襦袢。

これがね~節操がない柄行。

梅・桜・モミジに雪ウサギ。

おもちゃもコロコロ入っています。

何処からか頂いたのだと思いますが記憶がない。

ただ、袷に合わせてもサラッと涼しい。

 

裄は何とか合いましたが、袖丈が合わず

自己流で治してみました。

 

さて、着物は大島。

祖母の大島に、相良刺繍の帯。

八掛が軍勝鼠色なので、

帯揚げを空色にすると、

白髪の私には、より滋味になります。

 

なので、

帯揚げを、鴇色に白の大きな絞り、赤のおチョボ。

さて、帯締め帯留めをどうするかはてなマーク

 

これが思案の暮どころ。

帯を締めて、

顔写りを見なきゃ決められんせんわ。

 

そんなところです。

 

私の命ある限り

Petit の発行を決意しメラメラ

ブログランキングに参加しております。

応援よろしく、お願いいたします。

  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 小平情報へ
にほんブログ村 

クリック宜しくお願いします。

 

Petitぷてぃ小平編集室さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス