決まっていたシナリオ。 | Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

毎日どなたかに会いわくわくしながら取材をしています。

Petitぷてぃが
どのように出来上がるのかお知らせいたします。


テーマ:

ハイ!Petitの福善です。

 

昨年、7月末に夫を看取った娘と

8歳と6歳の二人の孫と同居生活。

 

10年間の独り暮らしを満喫し、

1人で人生を終わらせる覚悟をしていた私にとって

晴天の霹靂のような毎日が始まりました。

 

私の家で同居を始める前の4年間

娘夫婦は、夫の癌治療に

特殊な方法を選びました。

その方法の何が正しく

何が間違っていたのかはてなマーク

それを検証せよ!!とは、

いっくら、

鬼のような母親の私でも、

娘には言えませんでした。

 

夫の治療とともに実践した食事に関する考え方。

それが、成長期の孫たちに適切なのかはてなマーク

怪我や病気の治療に関しての、

娘の考え方は問題ないのかはてなマーク

 

同居を始めると私の疑問は

次々と出て、

日を追うごとに大きくなっていきました。

 

どうやって、娘に気づかせたらいいのか?

娘の表情はいつも固く、発する言葉も少ない。

 

「私が何を言っても伝わらないだろう」

私が育てた娘ですから分かります。

言葉では伝わらないとしたら。。。

 

私の身が危険にさらされたとしても、

私が身をもって実践しその結果で、娘に学んでほしい。

バランスの良い考え方を待った母親になってほしい。

でなければ、

何かの時に孫が危険な目に合うかもしれない。

 

私は36歳、娘は37歳で夫を看取りました。

この苦労だけは決してさせたくないと

大切に育てた娘が同じ運命に。。。

治療の何が間違っていたのかはてなマーク

何が正しかったのかはてなマーク

なんて、

何十年考えたって分かるはずもなく、

そんなこと、私が経験済みです。

 

伴侶を送るという事は、

送られた夫の魂も、

残された家族の魂も傷つくものなのです。

 

私は娘の考えていること、実践していることの

正しい部分を証明したかったのだと思います。

 

私の命ある限り

Petit の発行を決意しメラメラ

ブログランキングに参加しております。

応援よろしく、お願いいたします。

  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 小平情報へ
にほんブログ村 

クリック宜しくお願いしま

 

 

 

Petitぷてぃ小平編集室さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。