セルレギオス:

ブシ笛(私)とブレランス(いとこ)で制覇しました。 

ガンキンのガンスに続き、レギオスでは笛がぶっちぎりで優遇されています。 まず所持アイテムからして違います。 麻痺ナイフ、爆弾Gと支給タルが合計4個、しかも落とし穴という至れり尽くせりです。 また攻撃力も230(ガムート笛LV6)とかなり高めです。 旋律は耳栓が付くくらいなのでそこまで良いとは言えませんが無いよりましでしょう。 

 

続くランス。 攻撃力は160とかなりなゴミっぷりですが、そりゃそうです。睡眠値32もあるからです。 また所持アイテムに支給タル2個、タル爆弾3個(恐らくレイジ用)入っています。 これを見た時、「睡爆すっかww」と二人で思いました(笑)。 実際、睡眠爆殺が一番PSを必要としない(睡眠させる側は手数が大事なので必要)戦法なので万人向けだと思います。 まあ、いとこがランスメインなので通用したという可能性はあります。 

 

睡眠爆破に決めた一番の理由は、睡眠値が32もあるので大体3回はいけるんじゃないかと踏んでいたからです。 実際いけました。 ランスが全然使えない人はエフェクト次第では7分以内だと2回までしか出来ない可能性があるかもしれませんが、大体3回いけると思います。 またタルGも実質6個あるので3回も眠ってくれれば楽勝です。

 

 

狩りの流れ

エリアに入ったら笛が耳栓風圧小無効を演奏。 無論、自己強化も。

一回目の睡眠は早いです。 適当にボコスカ殴ってる間にランスが寝かしつけてくれます。 

最初の睡眠爆破。 タルG2個を起爆。 

それと同時に怒り移行するので咆哮中に笛が麻痺ナイフを連打して麻痺らせます。 これが最初の畳み掛けです。 笛が頭を狙ってスタン値を稼ぐ絶好のチャンスです。

 

閃光玉は全武器が所持しているのでベリオと同様、落とす為よりも拘束の為に使います。 

笛がしっかりスタンプを当てていたら怒り解除後、疲労状態になります。

疲労状態になったら落とし穴を設置します。 これが二回目の畳み掛けです。 恐らくこの落とし穴中に2回目の睡眠を取ることが出来ます。 タルG2個を起爆。 また落とし穴から出て飛び上がった瞬間それを閃光で落とせるなら更にボーナスタイムが増えます。 ディアでの音爆閃光コンボのようにです。

 

その後は適当に閃光を投げたりして手数を稼ぎます。 笛がしっかりスタン値を蓄積させていたならこの辺りでスタンを取れます。 これが最後の畳み掛けです。 それと同時に3回目の睡眠が近いです。 3回目の睡眠が取れたら恐らくタルG2個起爆した時点で討伐できると思います。

 

超簡潔フローチャートを書くと、

睡眠1回目→麻痺→疲労落とし穴睡眠2回目→スタン睡眠3回目で討伐。

 

ゴリ押しでPSを押し付ける狩りも楽しいですが、こうやってアイテムや状態異常を駆使して戦うのもめちゃんこ楽しいです。

 

この方法以外にも、ギルドチャアクやスト太刀で普通にガチったりできるので比較的楽しいクエストです。 太刀のスペックは並ですが火力スキルは整っているのでPSさえあれば何とかなります。 チャアクは回避性能が付いているのでかなり安定した狩りができます。  あと、ブシ弓は粗大ゴミです。 火力もない、強撃ビンもない、状態異常こそは撒けるがそれ以外は何も出来ないという器用貧乏どころか、器用極貧とでも言いたいくらいです。 どの武器を担ぐにせよ、狩りぴーがすごく優遇されているのでペア狩りなら担いで損は無いでしょう。

 

最後に私が笛を触ったのはP2GのG級訓練所でギザミ亜種を相手にした時でした。 確かブラッドフルートだっと思います。 あの音色はホント好きです。 で、その時に覚えた立ち回りが、スタンプしてスタンプして・・スタンプするというバカの一つ覚えでした(笑)。 ですが、このクエに関しては割りと理にかなっています。 一回目の怒りが終わると同時に疲労させるのに適しています。 スタンプはぶんまわしと比べると3倍もの減気効果があるので。

 

 

意外とスムーズに終わったG級闘技大会。 一番時間を要したのはベリオロスです。 最初から虫棒で行ってたら一瞬で終わってたんですが、ずっと太刀で回してたせいで不毛なリタマラが続きました。 

 

さて、地獄はここからです。 ニャンターとかいう私にとってのハードモードが残っているので・・・

 

 

ニャンターボルボロスに続く。