松本大のつぶやき/マネックス証券 -4ページ目
2018-07-05 21:00:00

間合い

テーマ:ブログ

 色々な国の人、様々な分野の人と話すことが、益々増えてきました。使う言葉は英語です。このような会話をして、ちゃんと相手を理解出来るか、或いは相手に理解させられるかは、英語という言葉の問題だと思っていましたが、最近は、それは言葉ではないのではないか、と思うようになってきました。

 

 同じ英語を使っていても、或いは同じ単語や表現を使っていても、違う意味を表していることもあります。そんな時に、最終的には、話している相手との間で、何かしらの信頼の架け橋のようなものがないと、本当の会話にならないのではないかと感じます。翻って考えるに、これは日本語で会話をしても同じことです。

 

 私は性善説的な傾向があって、気を付けなければいけないのですが、この「コミュニケーションをする際の間合い」については、以前以上に、重要なもののように思えてきました。正しく間合いを計るには、やはり経験を積むしかないでしょうか?

 

 いずれにしても、様々な人とコミュニケーションを取ることは、とても楽しいというかタメになることです。これからも積極的に続けていきたいと思います。

2018-07-04 21:00:00

インド伝来

テーマ:ブログ

 私は印伝の名刺入れを使っています。柄はトンボ=勝ち虫。前にしか飛ばない、即ち前進あるのみと決意した戦国の武将が鎧などに好んで貼った印伝柄です。私の気持ちを密かに表しています。この印伝、名前の由来は、印度から伝来したと云う由来からだそうです。

 

 今日私は、アナザー印伝に遭遇しました。或る場所で、或る仏像の近くに、或る形の石を置こうとしているのですが、その石が、元々の予定を変えて、急遽インドから来ることになることを、今日知りました。インド伝来の石。仏様は、元々インドから来た訳なので、元来そのような巡り合わせだったのでしょう。不思議な巡り合わせですが、実は必然なのかも知れません。

 

 忙しい一日でしたが、そんなちょっと不思議な風が流れた日でした。

2018-07-03 21:00:00

悔しい

テーマ:ブログ

 ワールドカップ日本代表のトーナメント第一戦は、御存知のように、2点先取するも、最後の最後で逆転されてしまい、残念ながら負けてしまいました。サッカーがそれなりに好きな私は、本当に悔しかったです。こんなに悔しい思いをすることって今まであっただろうか、と思われるほど悔しかったです。そして涙が出ました。そのうち残念な気持ちが強くなってきて、今でも思い出すとやはり涙がこみ上げてきます。未明にかなり力が入ったので、午前中は逆に中々力が入らなくて弱りました。

 

 ところで「悔しい」と云う感情は、一体何なのでしょうか?和英辞典で「悔しい」を引くと、regret とか frustrated が出てきます。しかし regret と云うと、同じ悔しいでも後悔と云う意味に聞こえ、ジメッとした感じがあります。一方 frustratedと云うと、何かイライラした感じがあります。今朝の悔しさは、ジメでもなくイライラでもなく、もっと自分自身に対する怒りに近い、コンチクショー!と云う感じだったでしょうか。英語で云うと Damn it! とか FXXX! みたいな。

 

 何に対する怒りだったのだろう?対戦相手ではありません。もちろん日本代表の選手に対してではありません。思いが届かなかったこと、思いが叶えられなかったこと、欲しいものが手を伸ばせば掴める所にあったのに、それが一瞬にして奪われてしまった喪失感、行き場のない怒り。悔しいと云う気持ちは、とても強い感情です。あまり持ちたくない感情ですね。

 

 最後に思うこと。カントクはつらいなぁ。お疲れさまでした。

2018-07-02 21:00:00

知らないことが刺激する

テーマ:ブログ

 お節介な先輩である我々は、母校の中高生相手に、卒業生の中から興味のある、或いは興味を持ちそうなキャリアの人を選び、土曜の午後に学校で講演会を開催する、というややこしいことをしています。この土曜日には、医学部を出て脳神経外科医をしたのち、アメリカでも医療の研究をし、その後マッキンゼーでコンサルをし、今は医療系スタートアップの代表をしているという目立つキャリアのT氏と、このT氏と同じ大学を卒業後、アニメ業界に入り、今では超人気アニメ作品のプロデューサーをしているH氏という、全く違う情熱とキャリアを持っている二人が、100人以上の後輩の前でそれぞれ講演をし、質疑応答をするという企画を実行しました(注:私が実行したのではなく、母校を想う卒業生が自発的に行っていることであり、私はちょっとだけ関与し、その現場を覗きに行っただけです)。

 

 暑苦しい土曜の午後に、2時間半の講演会を、生徒たちはとっても真剣に、熱心に聞き入り、多くの質問をし、更に講演会後も長蛇の列をなして講演した先輩に質問をぶつけていました。全く違うタイプの二人の先輩が来たことが、それぞれの話を聞きたいという後輩を引き寄せ、全体の参加者が増え、かつ元々興味がなかったかも知れないもう一つの生き方や情熱に触れて、大きな刺激を得るという、とてもいいサイクルが生まれたと感じました。会場の一番後ろで聞いていた私も、大いに刺激を受けました。

 

 やはり知らないことを知ることは、脳を活性化させますね。知ってることではなく、知らないことを追求することを、もっともっとしたいと思います。

2018-06-29 21:00:00

決断と批判

テーマ:ブログ

 ワールドカップ日本代表、西野監督がポーランド戦で最後に指示したこと。批判を覚悟で何かを決断し、それを自らの責任で実行することは、簡単な道ではないし、尊いことだと思います。その内容に対する好き嫌いはあるし、私もそれについては意見はありますが、そもそもが批判を覚悟でしていることなので、そんな外野の話はあまり意味がないでしょう。あとは結果ですね、これからの。トーナメントの第一戦は優勝候補のベルギー。これはもう当たって砕けろでしょうか。どういう試合をするのか、指示するのか、大きな興味を持って観たいと思います。頑張れ!

2018-06-28 21:00:00

古典

テーマ:ブログ

 今日は丸一日ニューヨークにて、朝早くからディナーまで、様々な多くの人に会って、情報収集をしました。飛行機が大幅に(5時間)遅れたので、思い掛けず時間がエクストラに出来て、更に人に会えたので、良かったです。今日会った人の半分以上は、初めて会う人たちでした。とても刺激的で、とても楽しかったです。ニューヨークは水が合うというか肌が合うというか、初めて会う人もいい人で、初めてでも打ち解けて色々な話が出来る気がします。

 

 どのミーティングも、とってもとっても得るものが大きかったのですが、それでも尚、一番印象的だったのは、私より10歳年上の、富豪というか、大立者というか、反乱者?問題児?英語で云うところの極めてコントロヴァーシャルなおじさんとの会話でした。ぶっ飛んだ人なので、色々なことが面白かったのですが、お互いに読んだことのある古典的な本のお陰で、お互いに更に深く分かり合えるというか、より楽しい会話が出来ました。それはギリシャ・ローマの古典から、数十年前の科学者の書いた本までだったのですが、本当に楽しい会話が出来ました。

 

 小さい頃は、古典なんてなんで読むのかと思ったのですが、共通の経験を持つというのは、お互いの共通点と差分を知るのに有効で、今回ほど役に立ったことはありませんでした。ま、そんなことはどうでもいいのですが、色々な人と話して、色々なことを知って、色々な刺激を交換することは、本当に楽しいことです。ニューヨークは、そういうことをするのに向いています。さて、それでは帰途に就きます。W杯のゲームが見られないかも~。ではまた。

2018-06-27 21:00:00

偶然

テーマ:ブログ

 昨日、マスターカードの取締役会の続きで、本社近くのグリニッチ(コネチカット)のレストランで、ボードメンバーや執行部とディナーをしました。いわゆる、ワーキング・ディナーですね。そのレストランで、これは何の変哲もないレストランだったのですが、ひとつ驚くことがありました。ディナーの中ほどで、ひとりだけ短いスピーチをしたのですが、そちらの方向を見た時に、頭の上に天井から吊り下げられているライトが、なんと我が家にあるライトと全く同じ製品だったことに気が付きました。メジャーな製品でもないので、偶然にしてはかなり確率の低い話です。ま、そんなこともあるか。

 

 さて、こちらの大企業の取締役会は、年に4~5回ですが、1回に丸二日ほど掛けます。今回は日曜の午後に4時間、月曜はワーキング・ディナーまで、更に火曜は夕方までと、丸二日半の長いスケジュールとなりました。もちろんこちらから意見をするために出席している訳ですが、そして意見しますが、逆にこちらが(少なくとも私にとっては)勉強になることも多くあります。ビジネスやテクノロジーの様々な動向もそうですが、いわゆるコーポレートガバナンス、取締役会のあり方や社外取締役の役割なども、彼の国の実際を知ることは、色々と役に立ちます。

 

 いずれにしても、アメリカ(特にニューヨーク)は私にとっては常に得るもののある場所です。明日は一日マンハッタンで情報収集をしてから帰ります。

2018-06-26 21:00:00

水道局

テーマ:ブログ

 ワールドカップの試合に併せて、東京都水道局は水を供給するための水圧をダイナミックに変えているとのこと。なんとぉ~~~!セネガル戦に於いては、ハーフタイムの水の使用量が、その直前の43%も増えたとのことで、しかしその傾向は予め研究して分かっており、水圧を変えることで問題なく対応したとのことです。凄いですねぇ-。

 

 ハーフタイムにみんな我慢していたトイレに行くんでしょうね。確かにその時にちゃんと流れなかったら困りますね。しかしその技術にも驚きですが、そうしようとする姿勢にビックリです。他の国もそんなことするのでしょうか?ラテン系の国だと、国中で一緒にテレビに釘付けで、水道どころか、救急車も出動しないようなイメージがあります。あ、いや失礼しました。あくまでもイメージで、実際にはそんなことはないと思いますが、水道の圧力を調整するなんて、やらないですよね~~。

 

 が、本当のことは分かりません。でもラテンの友達に聞いても、そんなことやる訳ないよ!のひと言で終わってしまいそうです。私だって東京都水道局がそんなことしてるなんて夢にも思いませんでしたから。でも気になる。とっても気になる。各国の水道局に電話してみるか?でも返事してくれるのが、そもそも日本だけかなぁ。所変われば品変わる。こんなとこにもきっと国民性が出るんでしょうね。

 

 ポーランド戦もみんなトイレを我慢しそうです。水道局さん、よろしくお願いします!そしてありがとうございます!

2018-06-25 21:00:00

JAPAN

テーマ:ブログ

 マネックスグループの株主総会を土曜日に無事終えて、日曜の朝にはニューヨークに向けて発ちました。マスターカードの株主総会と取締役会に出席するためと、併せてニューヨークでマーケット関係者や仮想通貨関係者を訪ねて情報収集や意見交換をするためです。日曜の午前中にニューヨークに着き、午後からしっかりと何時間もミーティングがあったので、少々キツいですが、ま、こんなもんでしょう。

 

 さて、JFK空港からホテルに直行してチェックインをしていると、まさにロビーでワールドカップの日本・セネガル戦の生放送を流していました。おー1点負けている、と思ったら、目の前で同点ゴールを入れてくれたので、思わずロビーで声を上げてしまいました。部屋に入って、会議までまだ時間があったのでテレビをつけて日本の試合を最後まで見て、更に次のコロンビア・ポーランド戦も最初のうちだけ見ることが出来ました。

 

 テレビでは解説者やアナウンサーが、何度も何度もJAPANがどうのこうのと話していました。これは日本戦の時だけでなく、次の試合の時も、或いはその間でも、とにかくかなり頻繁にJAPANという言葉が発せられていました。英語メディアで、こんなにJAPANがちょくちょく出てくることは、活字でも音でも、私には記憶がありません。それだけワールドカップというものは、エンターテイメントとして盛り上げて、国と国との戦いとしてナショナルチームを際立たせる、上手い演出となっているのでしょう。試合が重ならないように構成されていて、世界中の人が、その時間帯は1つの話題に集中出来るようにも工夫されているのでしょう。上手いなぁ。色々な側面で、参考になることが一杯あります。

 

 7月の半ばまで、なるべく遅くまで、英語メディアでJAPANの言葉が語られ続けるといいですね!

2018-06-22 21:00:00

株主総会2018

テーマ:ブログ

 明日はマネックスグループの株主総会です。上場しているマネックス(証券もしくはグループ)として19回目の議長を務めます。その他にも5つの上場企業(日本の4社+米マスターカード)の株主総会にも社外取締役として参加してきましたし、上場企業株主総会に関しては、オタク中のオタクというか、かなり詳しいです。

 

 2001年、上場企業としてのマネックス証券が初めて株主総会を開いた時から、マネックスはずっと土曜日に株主総会を開いてきました。なるべく多くの株主の方に来ていただこうと思ったからです。今ではそんな会社も増えましたが、当時は本当にとても珍しく、やめるべきであると担当者からも信託銀行からも強く云われました。

 

 私の経験では、総会には本当に個性があって、同じルールに基づいた「上場企業」の、しかも最も厳密にその要素等が規定されてる株主総会であるにも関わらず、その内容や雰囲気は、正に千差万別です。その会社自体の雰囲気の影響を受けるかというと必ずしもそうではなく、株主総会は一種独立した、そして幅広い個性を持った、独特の存在、しかも生きている存在のように思われます。同じ会社の総会でも、時の変化と共に大きく変化します。

 

 明日の総会はどんなものになるだろう?私に、私たちに出来ることは唯ひとつ。ありのままに説明することだけです。新年を迎えるような気持ちで、株主総会2018を迎えたいと思います。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース