松本大のつぶやき/マネックス証券 -328ページ目
1999-08-26 00:00:00

1999年8月26日

テーマ:ブログ

昨日から今日にかけて、記者発表後の反響が大きく、ほとんど寝る間もなく大忙しでした。お蔭様で多勢の方に口座開設キットのお申し込みも、マネックスメールの御登録も頂きました。誠に有り難うございます。忙しさにかまけていて、ふと海外・国内市況を見てみると、NY市場はFRBの適切な利上げにより、長期債券相場は上昇(利上げにもかかわらず利回りは低下)、NYダウは市場最高値を更新していました。FRBに対する信認のあらわれです。見事な腕前としか言えません。政府・当局が、誰よりも市場のことを理解しているからこうなるのでしょう。本来、民間が知る前に種々の指標の分析を行うわけですから、誰よりも理解していて当然なのですが、中々出来ないですね。特に日本においては、金融調節を間違えて市場が売られることが多過ぎます。日本の資本市場の遅れは大きいのですが、個人投資家・個人利用者の裾野を広げることによって、その成長に寄与して行きたいと私たちは願っています。

1999-08-25 00:00:00

1999年8月25日

テーマ:ブログ

今日は記者発表でした。さすがに緊張致しました。もうHP上で内容はご覧になられましたか?目玉は・…?いろいろあります。肝心のウェブ上でのサービス、2つの諮問機関、そして手数料など。是非HPでご確認下さい。東京に在住の方は、銀座のソニービルに大きなマネックスの垂れ幕も掛かっておりますので、銀座にお出かけの際はご覧になってください。引き続き皆様の御意見・御要望を取り入れて経営して参りたく存じますので、宜しくお願い申し上げます。

1999-08-24 00:00:00

1999年8月24日

テーマ:ブログ

明日はいよいよ記者発表会です。(13:30より、東京大手町にて)
商品・サービス内容、会社の運営体制、手数料体系など、全て公表致します。記者発表後、HP上でも同様に公開します。一風変わった、かわいいロゴ・マークも初お目見えです。
また、口座開設資料キットも明日より郵送が開始されます。ついに外界に歩き始めたか、という感じですが、これからも皆様の御意見に丁寧に耳を傾け、皆様の総意を指針にマネックスを育てて行きたいと考えていますので、何卒宜しくお願い致します。

1999-08-23 00:00:00

1999年8月23日

テーマ:ブログ

平素マネックスメールを御愛読頂き、誠にありがとうございます。
サービスを始めてまだ2週間足らずですが、お蔭様で既に大勢の方の御購読を頂いております。
予想以上の御購読者の増加に伴い、弊社においてはメーリング・リストの運営の抜本的な改善を実施致しますので、ここに謹んでご報告させて頂きます。

マネックスメール配信に関する運用体制を見直し、リスト管理者と配信者を完全分離し、登録者情報に対するアクセスに制限を設けるなど、より強化された体制に本日より移行致しました。

また25日配信分より、アドレスの登録・解除、及び配信処理など、システム側につきましても、人的ミスを排除するための自動化を実施する予定です。

今後も皆様の御意見を取り入れながら、より良いマネックスメールの運用に努めて参りますので、宜しく御理解のほどお願い申し上げます。

1999-08-20 00:00:00

1999年8月20日

テーマ:ブログ

繰り返し書いておりますが、日本の資本市場の遅れは大きいと思います。ベンチャー企業のための株式調達市場、公開・上場セカンダリー・マーケット(単位株の問題も含まれます)等に限らず、同様の問題は債券市場にも言えます。要は資本市場全体、調達がしにくく、またセカンダリーも閉鎖的であるわけです。そんな中で石原東京都知事の進めている中小企業「新債券市場」構想は、いろいろと問題もあるかも知れませんが、中々意義のある良い企画だと思います。最初から完璧なものなどできる筈がないし、失敗を恐れていては前に進めません。私たちマネックスも失敗を恐れずに、より良い市場形成のためにいろいろとチャレンジして行きたいと思っています。

1999-08-19 00:00:00

1999年8月19日

テーマ:ブログ

今日のニュースはなんといってもIBJ、DKB、富士銀行の包括提携合意でしょう。
せっかく日経平均が上昇したのに、苦言を呈するのもなんですが、ちょっと考えてしまうことがあります。どうして「合併」ではなくて「包括提携」なのでしょう?どうして期限が明示されずに「数年後をメドに」なのでしょう?提携はいずれ合併にまで進むのかも知れません。しかし、金融はスピードが命です。長銀問題の処理を見ていても思うのですが、もっともっと先手先手を打って行かなくては、どんどん我が国の金融の競争力は後退して行ってしまうように思われます。皆さんはどう思われますか?

1999-08-18 00:00:00

1999年8月18日

テーマ:ブログ

先日Web版のロイターに私のコメントが流れました。
http://www.reuters.com/japan/magazine/index.html
単位株制度に対する批判的見解と注文です。資本市場先進国であるアメリカと比べると、日本はいろいろと改善して行かなければならない部分があると思います。ヨーロッパのビジネス・スクールのIMDによる調査では、先進46ヶ国の中で、株主の権利・責任の明確さにおいて日本は44位でした。権利・責任をしっかりと規定し、場合によっては制限も加えながら、一方より多くの人に出資する機会を提供して行く。そのような透明で開かれた資本市場の構築に、ネット証券として、少しでも貢献できればと思います。

1999-08-17 00:00:00

1999年8月17日

テーマ:ブログ

(読者の方から米国市場につきご質問を受けたので、その回答をご案内させて頂きます)
日本の景気の回復はまだかかるでしょう。不良債権の処理などが、銀行に限らず、まだ生保、年金などにあり、それが遅れていますから。
しかし株はその先を先取りしてもう上がり始めると思います。株高ですね。
しかしそんなに円高にはならないと思っています。
アメリカの株高を支えているのはインターネット関連株であり、インターネットが第2の産業革命だとすると、その恩恵はアメリカに対してあと少なくとも10年は与え続けられるでしょう。(産業革命の恩恵はイギリスに100年間ほど与えられました)
そう考えると、資金は引き続きアメリカに吸い込まれて行くのではないかと思います。
ですから、ダウは上昇し過ぎているとは思いません。
但し調整は必要でしょうから、仰しゃるように米債券は引き続き要注意だと思います。

1999-08-16 00:00:00

1999年8月16日

テーマ:ブログ

アメリカのプロレス団体である「WWF」が、ナスダックに公開するらしい。
WWFのホーム・ページ(http://www.wwf.com)によると8月3日にSEC(米証券委員会)にIPOの登録を済ましたようです。公開規模は約200億円(詳細は調べていません)。
私はプロレス・ファンという訳ではないのですが、アメリカの Capital Markets の自由度、許容力、資金調達能力にはただただ感心するばかりです。日本においても、身近に感じられる会社がもっと多く公開・上場されて、みんなでそれらの会社の資本調達に参加して経済を支えて行くような、そんな日が早く来るといいと思います。そしてそのような社会を早く実現することにマネックスが少しでも多く貢献できれば良いと思います。

1999-08-13 00:00:00

1999年8月13日

テーマ:ブログ

弊社の具体的な商品・サービス内容、手数料などをご案内する記者発表会は8月25日を予定しております。毎日最後の準備に追われております。手数料体系につきましては、ただいま最後の議論・検証をしております。会社の健全な経営を維持しつつ、或いは会社の健全の経営のためには大勢のお客様に利用していただくことが肝要であり、そのためにどこまで手数料を下げられるか。或いはどのような体系にすべきか。お盆休みを返上して、今週末またゆっくり考えたいと思います。皆様からの貴重な御意見を是非お聴かせ願いたいと思います。このメールに返信して頂ければ幸甚です。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース