2017-09-14 21:00:00

プログラミング少年団

テーマ:ブログ

 政府はプログラミング出来る人材を一気に多く育てるために、2020年から小学校でプログラミングを必修化するだけでなく、プログラミングを学習する少年・少女クラブを2023年を目処に1万団体設立する目標を持ったとのこと。実際にイギリスやエストニアでは、人口の1万分の1程度のプログラミング・クラブが存在し、それがプログラマー養成の基盤にもなっているとのことで、義務教育のカリキュラムの変更を待たずに、時代の要請に応えていこうとするようです。これは、とってもいい取り組みだと思います。

 

 最近私が思うのは、英語よりもプログラミング言語の方が大切になってきているのではないか、と云うことです。その意味で「近頃の若い者は海外志向(留学など)が弱くてケシカラン」的な論を、私は支持しません。先輩の代の英語人材数よりも、若い代のコンピュータ語人材数の方がずっと多いと思うからです。実は私も本件ではささやかな「あがき」をしておるのですが、今はまだ申し上げられません。頑張ります!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-13 21:00:00

仮想通貨バブル?

テーマ:ブログ

 世界の様々な地域で、様々な時期に、或る資産のバブルと云うものが起き、それはいずれ崩壊してきました。有名なものでは17世紀オランダで起きたチューリップの球根のバブルや、それこそ1980年代に起きた日本の不動産バブルがあります。日本のバブルでは「皇居を買うお金があればカリフォルニア州を買える」と云うエコノミストの記事が世界的に大きな注目を集めました。

 

 バブルはどうしても起き、どうしても崩壊するものですが、その崩壊のタイミングと大きさは決して予測することが出来ない、と云うのが、複雑系物理学の考え方で、私はこれは完全に正しいと考えています。

 

 このような歴史上起きた全てのバブルに於いて、個人は高値掴みをして大きな損を被ってきましたが、唯一の例外が日本のバブルで、家計部門はバブルのピーク付近で不動産を大きく売り越しており、担保権の実行などの形でピークで不動産を大きく買い越したのは銀行セクターです。それが不良債権問題となった訳です。日本の個人は、世界の歴史の中で見ても、特別に優秀な投資判断をしたことを、忘れるべきではありません。

 

 さて昨日、アメリカの大手銀行JPモルガンチェースのCEOであるジェイミー・ダイモンは、ビットコインは典型的なバブルであり、チューリップバブルより酷く、いずれ崩壊することは間違いない、と発言しました。さてどうなることやら。世界的にビットコインを大きく保有しているのは日本にいる個人だと云われています。不動産バブルの時と同じように、うまく売り抜けることが出来るか。物理学の決まり通り、そのタイミングと大きさは予測することは不可能です。この問題は、なべてマーケット全般に云えることですが、だからこそリスク管理が肝要になります。気を付けましょう。

 

 まぁしかし、ジェイミーの発言は動画で見て聞いてみたのですが、世界中にそのまま流れる枠組みの中の発言としては、ちょっと云い過ぎではありますね。

2017-09-12 21:00:51

日米株価

テーマ:ブログ
 果たして、緊張が緩和し、北朝鮮問題や大型ハリケーンなどのリスクが或る程度去り、マーケットは、即ち株価やドルは、大きく戻しました。それはまるで人間の身体が脈を打ったり、頭痛が激しくなりやがてそれが引いていくようであり、マーケットは生き物のようです。マーケットを動かしているのは人間であり、マーケットの動きには人間が反応し、そのネガティブな動きの素になっている状況を是正しようとするので、マーケットが人間の身体のような伸縮性を持つのは、当たり前のことかも知れません。

 日本株は大きく戻したとは云えまだもたついていますが、アメリカ株(S&P500種株価指数)は史上最高値を更新しました。いくら緊張が緩和したとは云え、これだけ様々な問題を抱えている中で、それでも尚、史上最高値を付けると云うマーケットのエネルギーに、それは人間のエネルギーであり希望なのだと思いますが、驚きます。人間は下を向いて生きていくのが苦手なのでしょう。だから適度なインフレは、人間社会に必要なんでしょうね。インフレは、物価が上がっても給料が上がったり資産価値が上がれば行って来いでプラスマイナスがバランスしますが、デフレによるバランスよりも、心理に与えるプラスの効果が違うでしょう。

 なんかとりとめのないつぶやきになってきましたが、日本は様々な面でもっとプラス面を強調するようになっていって欲しいと、アメリカ株と日本株の違いを見て思うのでした。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-11 21:00:00

流れ

テーマ:ブログ

 流れは、その中に居ないとその強さも感じませんが、その外に居ないとその向かってる方向も分かりません。

 

 マーケットも、自らポジションを取らないとそのエネルギーを感じることが出来ませんが、ポジションが大き過ぎたりポジションを取ることに不慣れだと、その行き先を見失います。新しいテクノロジー分野も、自ら飛び込まないと右も左も分からないような気になりますが、のめり込むと更に新しいテクノロジーの流れを見逃すでしょう。

 

 流れに身を投じながらも流されないように自らをコントロール出来て、かつ流れの中に居ても衛星画像で上から全体の流れを見るような鳥瞰図を常に持つことが出来たら。それが理想ではありますが、そう簡単なことではありません。しかし流れはとても重要で、そして流れは中からの目と外からの目の両方をバランス良く持たねば、流れを理解することは出来ないと意識することは、恐らく大切で意味のあることでしょう。

 

 今、我々の周りには新しくて大きくて様々な流れが起きています。蟻と鳥の二つの目を持つように意識していきたいと思います。

 

 (追伸:しかしこんな大切な時に新聞休刊日なんて、よくもまぁ続けますなぁ。。。)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-08 21:00:00

太陽フレア

テーマ:ブログ

 太陽表面で大きな爆発が起きたとのこと。この現象は「太陽フレア」と云いますが、観測されたのは6日夜。そして今日8日の深夜に掛けて、このフレアに伴って太陽から放出された様々な荷電粒子が地球に到達し、停電やGPSの異常などを惹き起こす可能性があるとのことです。太陽は地球から約1億5000万キロ離れていますから、秒速30万キロの光が地球に届くのは8分強。しかしこの「様々な荷電粒子」が地球に到達するのはその1日半から2日後だとすると、そのスピードはザックリ光の300分の1程度の速さになります。随分遅いですね。とは云っても秒速1000キロ程度ですから、猛烈に速いですけど。

 イメージとしては、地上でどこかで大きな爆発が起きると、先ずはその光景が瞬時に目に入り、ちょっと間を置いて爆発音が聞こえ、更に暫くしてから瓦礫や砂などが爆風と共に迫って来ますが、そんな感じに、観測出来る光に大きく遅れて、太陽からの嵐がやって来るのでしょう。そう考えると300分の1のスピードは、遅いというよりはかなり速いですね。

 今回の太陽フレアは、ほぼ10年ぶりの規模だそうです。オーロラみたいな現象も、緯度の低いところでも起きるのでしょうか?流れ星みたいな現象も起きるでしょうか?いや、流石にそれはないですね。この週末は色々なことがあり得るスケジュールですが、何事も大事に至らないことを願っています。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-07 21:00:00

国会議員の給料

テーマ:ブログ

 我が国の国会議員の給料は高すぎる、と云う声があります。さて、どうでしょうか?私は逆にもっと高くすればいいと思うのですが、理由を説明します。給料を上げればいい人材が集まると決まったものではありませんが、それでもやはり一般的には、高い給料の方がいい人材が集まるでしょう。特に、スペシャル高額な給料であれば、流石に一定数の優秀な人材は集まるものと思われます。国会議員の給料、4倍くらいに引き上げたらどうでしょうか?同時に定数は4分の1にすれば、全体のコストは変わりません。

 

 国会議員の年収(歳費)は約2200万円、文書通信交通滞在費という手当が月100万円(年1200万円・無税)、立法事務費が月65万円(年780万円・会派に支給)、秘書3人までの給与に当てられる秘書雇用手当が年間約2500万円。全部足すと実質6700万円程度です。この中から政策秘書を雇ったりする訳ですが、年収2200万円と云うより、年収6700万円だがこの中で秘書から立法経費まで全て賄ってもらっている、と云う方が納税者に分かりやすいと思います。

 

 この総年収を4倍にすると約2億7000万円。これだけ払うと云えば、優秀なコンサルタントや経営者的人材も含めた様々な優秀な人材が、やってみるか!と国会議員になろうとしないでしょうか?なべて我が国の政治家コミュニティは、なりたい人が限られていると云うか、人材不足の感が否めないと思うんですよね。ま、上のアイデアは、半分くらい皮肉ですけどね。やれやれ。

2017-09-06 21:00:00

ICO

テーマ:ブログ

 ICOとは、イニシャル・コイン・オファリングの略で、新規株式公開のIPOになぞらえた、仮想通貨による資金調達の方法です。ビットコインによる資金調達という訳でも必ずしもなく、かなり複雑で、平易に説明するのは難しいです。しかし、仮想通貨と云うものが、世界のほとんどの地域では法制化されておらず、いわば国家権力の外側で色々なことが起きるので、しかもその金額が急にかなり大きくなってきたので、各国政府も知らない、見えない、分からない、では済まされなくなって来ました。

 

 アメリカのSEC(証券取引委員会)は、ICOで公開される仮想通貨が権利の表象である場合は、その仮想通貨は有価証券であると宣言し、シンガポール政府もすぐにそれに追随しました。そして中国政府はICOの全面禁止を宣言しました。(価値と云う意味での)お金の流れを管理することは、国家権力にとって、その実力を維持する上で、重要なのでしょう。この流れは強くなっていくかも知れません。しかし仮想通貨に対するニーズもある。

 

 この分野はビジネス的にも要注目領域ですが、国家権力のあり方と云う観点でも、要注意になってきました。高く広くアンテナを張っていきたいと思います。

2017-09-05 21:00:00

お酒

テーマ:ブログ

 私はお酒が好きです。特に日本酒が好きです。人からもよく「美味しそうに飲みますね」と云われます。昔、社員といわゆる飲みにケーションをしている場面がテレビで放映されたことがあり、その時もいつも愛飲している或る日本酒を飲んでいたのですが、ちょうどその醸造元の近くの方がその番組を見ておられ、その結果醸造元の方も見ることになり、そこからお付き合いが始まって、以来ずっと頻繁ではないけれども、大切で深くて長いお付き合いをさせていただいております。縁とはありがたいものです。今般社員と、お酒は持ち込みと云う所に食べに出掛けることになり、当然のように久し振りにこの醸造元の方と連絡を取りました。そしてまた温かいやり取りがなされました。お酒も美味しいけれど、やっぱり誰と飲むかも含めて、人との付き合いが一番味がありますね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-04 21:00:00

お客さま

テーマ:ブログ

 この週末土曜日は、名古屋で全国投資セミナーを開催しました。私も行き、対談やパネル・ディスカッションをしました。私はこれらのお客さま向けセミナーが大好きです。マーケットや投資・トレーディングに関わることを考えることも、それらをお客さまに説明することも好きですし、何よりもお客さまに御挨拶し、お顔を拝見して、短くとも言葉を交わしたりすることが、やはり我々の仕事の原点であると感じて、様々な気付きもありますし、充足感とは云いすぎかも知れませんが、とにかく大好きなのです。もちろんその場でのお客さまの優しい雰囲気に甘えてしまって、我々のサービスの改善のスピードを緩めてしまってはいけないことは重々承知しております。混迷する時代、お客さまのために何が出来るかを、もっともっと考えて参ります。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-01 21:00:00

内部留保406兆円

テーマ:ブログ

 財務省発表の2016年度法人企業統計によると、金融業・保険業を除く利益剰余金(いわゆる内部留保)の合計は、前年度より28兆円増えて406兆円になったとのこと。凄い額です。因みに東証一部上場企業の時価総額の合計は、606兆円です。406兆円という数字は金融業・保険業を除いた数字なので、それらを除かないと内部留保の合計は東証一部時価総額と同等になるでしょうか?ひえ~~~!

 

 これがアメリカだったら、自社株買いの圧力が強烈になるでしょう。今年の初めに、アメリカに於いてレパトリ減税(アメリカ企業が海外に留保している利益を米国に持ち込む際の課税を大きく下げる案)の実現が謳われ、そうなると利益の米国持ち込み→内部留保増→自社株買い、となるとの連想が、株価を押し上げた面も大きいと思います。ですからこの406兆円という内部留保は、これがアメリカだったら強烈な自社株買い圧力、株価上昇となり、しかもその規模はマーケット全体の時価総額に比べ得るサイズなので、株価に与える影響は巨大でしょう。

 

 なんでそうならないですかね、日本では。そういう声が大きくなれば、日本株にはもっともっと上昇余地があるように思えます。ただこの話は新しい話ではなく、前からずっとある話なので、すぐにマーケットがどうこうなるということではありません。しかしこの問題、流石に改善しないと問題ですよね。お金は使って始めて意味がある。日本の資本市場には、未だ未だすべきこと・やれることが多くあると思います。

 

 さて、明日は名古屋で全国投資セミナーです。良い週末をお迎え下さい。

いいね!した人  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース