今日で、マネックス証券は創業22周年です。1999年4月5日に私たちはたったの4人で株式会社マネックスを創立しました。ウルトラ・ド・ベンチャーです。その後6月に商号をマネックス証券株式会社と変更し、7月に証券業登録を終え、10月1日に開業したのでした。マネックスメールを始めたのは開業前の8月10日、今日で第5309号となります。そして翌2000年8月4日にマザーズに上場しました。スピンアウトでもREITなどのファンドでもなく、事業会社をゼロから立ち上げたベンチャー企業で、16ヶ月マイナス1日で上場したのは、恐らくまだ最短記録だと思います。

 

 知り合いの会社の会議室を間借りして創業した私たちは、インターネットで社員を公募して、開業時でも正社員は20人は居なかったと思います。オフィスの敷金(権利金)を払うと資本金が減ってしまって証券業としての規制資本が足りなくなってしまうので、敷金分の金利を上乗せして又借りする。(当時のベンチャー企業は)電話代を(個人のように)後払いさせてもらえないので、電話会社ブランドのクレジットカードをそれだけのために作って後払いする。健保も(私にとっては生まれて初めての)国民健保。

 

 様々な取引先は、基本的にこちらを信じてくれなくて、ベンチャーというのは社会的信用が全くないものだと(当時は)思い知らされました。しかし、そんな中でも上述のようにオフィスを又貸ししてくれた方や、システムのリースを組んで下さった方々がいて、その方たちのご厚情に支えられて、ウルトラ・ベンチャーの私たちは生き永らえることが出来ました。東証が私たちの上場を認めてくれたのも、今振り返るととってもとっても大きなことだったと思います。そうしてマーケットに支えられて、マーケットに揉まれて、マーケットに様々な形で関わり、22年間、私たちは存在し続けることが出来ました。

 

 そんな私たちの全ての収益は、お客さまからいただいてきたものです。お客さまが私たちの存在の目的であり、お客さまがいなければ、存在目的からも、財務面からも、私たちは存在することがあり得ませんでした。本当に、心から、感謝しています。23年目となるこれからも、お客さまのために、マーケットのために、グループ社員で力を合わせて突っ走っていきますので、よろしくお願いいたします!