某所の市長が、金銭の受領を認め、「丸刈り」になって反省し、市長続投を訴えたとのこと。うーん。丸刈りかぁー。因みにこの市長さん、私と同学年です。

 

 私も人生に一回だけ丸刈りになったことがあります(注:もしかしたら小さい時、記憶のない時代に、丸刈りされていたことがあるかも知れません)。高3の時、私は運動会で中1を鍛える中1チーフなる役職だったのですが、その中1が一回戦で負け、私は応援席に土下座して「すまーん!」と謝り、その後丸刈りになりました。因みに土下座は、この時が今のところ二回だけした土下座の一回です。

 

 多感な高校3年生が5月に丸刈り。5厘刈りではなく5分刈りだったので、マイルドではありましたが、中々恥ずかしいものではありました。しかし何か儀式的なもので、本当の反省量とかとはあまり関係がなかったかも知れません。市長は本当は何を考えて丸刈りにしたのだろう?大人の責任の取り方としては、はてなマークが多い気がします。若干脱力した今日の小ニュースでした。