過去とはなんでしょう?フランスの哲学者アランは、「過去にも未来にも苦しむ必要はない。過去はもう存在しないし、未来はまだ存在していないのだから。」と書きました。私が愛して止まない寺山修司は「作りかえのきかない過去なんかない」と云いました。二人ともとても優しいです。

 

 一方政治家或いはデマゴーグは、過去の痛みに大きなフォーカスを当てて、人のネガティブな感情を刺激し、利用します。優しくないですね。私は甘ちゃんではありませんが、優しくありたいと思っています。

 

 なべて、人のネガティブな感情を利用するのは、これは政治家に限った話ではなく、一部宗教とか、色々なところに存在するのですが、私は嫌いです。もちろん政治家の中にも温かい心をお持ちの立派なリーダーの方も大勢いらっしゃいますし、或いはいらっしゃいましたし、宗教も多くはとても優しいものです。

 

 ニーチェは「自分を尊敬せよ」と云いました。私はやはり、過去とかデマ情報とか不安の反響などに惑わされずに、合理的に自立する生き方をしていきたいと思います。