1 | 2 次ページ >> ▼ /
2017-05-31 21:00:00

反射

テーマ:ブログ

 一昨日のつぶやきで、「ニュースからマーケットの動きを読むのではなく、マーケットからニュースの背景を読むことの方が、大切な時代かも知れません」と書きましたが、これは或る意味でマーケットと云う鏡を使ってその反射を見て、元の像を見ようとしている訳です。こう云う反射を通して物事を見ることは、マーケットに限らず、もっと広い領域においてすべきことであると、今更ながら思いました。

 

 例えばトランプ政権。アメリカでは誰が大統領になっても、最初の数ヶ月、下手すれば1、2年は色々と混乱するものです。問題は今回の混乱が、今までと同様のものなのか?もし違うとしたら、それは程度の差なのか質にも差があるのか?「今回は質にも差があるかも知れない。アメリカが今までとは違う方向に向かおうとしているかも知れない」と答えた方がいました。

 

 違う方向に向かおうとしているとはどう云うことか?それはトランプが違う方向を目指しているのか?違う方向を目指したアメリカ社会がトランプを大統領にしたのか?表面に出た現象と云う反射を通して実像を見ようとするアプローチを取ると、トランプはあくまでも反射であって、アメリカ社会自体が変わろうとしている、或いは変わろうとする力がそうでない力と拮抗している、と云えるでしょう。ここで「変わる」ことは、必ずしもいい方向に変わることだけを意味はしません。

 

 正しいパースペクティブを持つ前に、先ずは反射も考えながら情報要素を探して確定しなければならない。難しい時代ですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-30 21:00:00

AIとの勝負

テーマ:ブログ

 グーグルが開発したAlpha Go(アルファ碁)が、トップ棋士に3連勝して「引退」を発表しました。アルファ碁はAI(人工知能)ですが、AIが人間を超えていくのは、或る意味当たり前です。自転車は人間より速く、オートバイは自転車より速い。当たり前です。しかし初めて自転車を作ろうとしている時は、そのようになるとは中々思えなかったかも知れません。陸上競技も、パラリンピックの方がオリンピックよりもいい記録がどんどん出てくるでしょうし、これは良く考えると当然の流れです。

 

 前にも書いたことがありますが、問題は、運用やトレーディングの世界ではどうか?です。特にトレーディングの世界に興味があります。自分の専門分野なだけにAIに負けたくないと云うのもありますが、価格は常に売り買い同数で成り立っていて、常に結果正しかった人と間違ってた人が同数いる中で生成されているものなので、その価格をAIで分析しても、その答えには限界があるのではないか、しかもマーケットには、ミクロで見ると感情的な或いは不合理な点も多くあるので、必ずしもAIには向かないのではないか?などと思うのです。

 

 アルファ碁も、定石から逸脱した手に対抗する部分がかつては弱かったと云いますし、気紛れに勝るものはないとも思うのです。脱線、気紛れ、いいですね。トレーディングに於けるAIとの勝負、やってみたいものです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-29 21:00:00

ミサイル

テーマ:ブログ

 ミサイルが飛ぶもマーケットは動じず。マーケットの腰が強くなったのか、或いはマーケットは不感症になったのか。もうひとつ考えられるのは、実際に起きていることと報道等の情報の間にズレや濃淡の差があると云うことです。

 

 マーケットには多様で多数の参加者がいますから、時に世間の報道等よりも多くの、或いは違う、情報を持っていることがあります。或いはマーケットの参加者が、世間に情報が流通するよりも早く知っている場合と遅く知る場合とがあります。ニュースからマーケットの動きを読むのではなく、マーケットからニュースの背景を読むことの方が、大切な時代かも知れません。

 

 インターネット上のSNSなどの極度の発展により、情報操作はしにくくなった面もあるでしょうが、一般には情報操作は日常茶飯事に大きく行われていると考えるべきでしょう。正しいパースペクティブを自ら構築することはいつの時代もとても重要ですが、現代は、常識や多くの知識の他に、技術的に何が可能になっているかを知らねばならない時代です。そんな問題意識を持つにも、マーケットはやはり有用ですね。

2017-05-26 21:00:00

カール

テーマ:ブログ

 カールが東日本で販売終了とのニュースを聞いて、はて、東日本と西日本で嗜好に差があるのかと思ったのですが、どうやらそうではなくて全国4つの工場のうち3つを閉めることにして、何かしらの理由で残すことにした工場が松山にあるので、運送コストを考えて西日本での販売のみにしたようです。

 

 いや、やはりそもそも西日本の方が売上げが大きくて、その結果松山工場での生産のみ残すことにしたのかも知れません。いずれにしろ、全面終了も考えたが、長年愛好してきたお客さまもいるので、ブランドは残したとのことです。中々難しい判断だったのでしょうね。

 

 しかし「カール」と云う音や文字列は、五十音2つで構成されていると考えると、約2500通りしかないので、かなり貴重な名前です。お菓子の中身は時代に合わなくなって来たけれど、ブランド名は貴重な数限られた資産なので、取り敢えず生産を大幅に縮小してブランドの火を消さないようにして、いずれ同じブランドで新時代のお菓子を出してくるのかなぁ、などと想像を巡らしてしまいました。インターネットのドメイン然り。ブランドマネジメントがとても大切な時代ですね。

 

 さて、いよいよ暑くなってきました。水分を良く摂って健康に気を付けましょう。良い週末をお過ごし下さい。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-25 21:00:00

二言語

テーマ:ブログ
 日本語で2つのことを同時に考える、或いはひとつのことを聞きながら違うことを話すことは、難しいですが全く不可能ではありません。然しながら英語でひとつのことを聞きながら、日本語で違うことを考えるのは、私には不可能に思えます。これは語学力の問題なのか、或いは人間は言葉で考えるので2つの言葉で同時に違うことを考えることはそもそも不可能なのか、私には分かりません。

 英語でも日本語でも、考える時は脳の同じ部分を使っていると思われるので、やはり混乱しそうです。しかしコンピューターだったら、同時に違う言語で違う内容のプログラムを回せますから、鍛錬次第では出来るのでしょう。そう思ってトライするのですが、これが疲れます。時間の流れがとっても長く感じます。時間を長く感じると云うことは、脳は2倍とまで行かずとも、稼働率はかなり高くなっているのでしょうか。

 しかしイメージ的には、水平的には可動域が広がるが垂直的には浅いような、そんな感じがします。水平的にも垂直的にも可動域や稼働率を上げる方法があると便利なんですが。因みに、或ることに没頭すると時間はあっと云う間に過ぎてしまったりしますから、イメージ的に脳を水平的に広く使うと時間を長く感じ、垂直的に深く使うと時間を短く感じるのでしょうか。と云うことは、長い時間を短く感じるためには、ひとつのことを深ーく考えればいいのか?うーん、混乱してきました。色々試してみたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-24 21:00:00

課外活動

テーマ:ブログ

 私はかつて米系の投資銀行に12年間勤め、朝から晩まで英語漬けでしたが、英語の上達にはキャップ(天井)があって、それ以上は上手になりませんでした。マネックスを創業してから英語を使う量は恐らく100分の1ぐらいに減ったのですが、或るきっかけで国際会議に出るようになり、あっと云う間に英語でのコミュニケーション能力が飛躍的に上がりました。

 

 その国際会議は金融のものではなく、政治や宗教やテクノロジーの話もあり、最初は用語も全く分からず、あらゆる地域からの人が来ていたのでアクセントも強くて、とにかくみんなが何語を話しているのか分からないほどだったのですが、すぐに英語に対する能力の幅が大きく広がっていったのでした。

 

 おばあちゃんに一日中守られていたら、幼児はいつまで経ってもコミュニケーションは上達しません。何でもおばあちゃんが先回りして幼児の要求を分かってしまうからです。保育園に放り込まれると、自分から何が欲しいとコミュニケートしないと何も与えられないので、予めビルトインされているコミュニケーション能力が初めて開花するのだと思います。他流試合して、初めて実力が付くようなものでしょうか。

 

 そして国際会議に出て、視野も広がり、普段のビジネスの延長では出会わない多くの人に会い、人生の中で最も大切な友人も、何人か作ることができました。最近は国際会議は行きませんが、或る程度の課外活動はしています。これもダイバーシティ・メリット、多様性の効用のひとつでしょうか。適度の課外活動は、これからも大切にしていきたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-23 21:00:00

エネルギー

テーマ:ブログ

 エネルギーを吸い取られると云うことがあります。私の場合、どちらかと云うと吸い取る方かも知れませんが、昨晩は吸い取られました。或る会で、質問攻めにあったのです。都合5時間近く、考えを渡し続けて、本当に久し振りに、魂を吸い取られると云うか、エネルギー放出すると云うか、そんな感覚を、あとから覚えました。でもこう云ったインタラクションは、何かを生み出している筈で、いいですよね。エネルギーを渡す、受ける。どちらももっと増やしたいと思いますが、そのためには体力の増強が必要です。何事も鍛錬です。精進します。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-22 21:00:00

Redemption

テーマ:ブログ

 英語には、その単語の意味が日本人には、少なくとも私には、どうしても良く分からないものが、ままあります。最近見た映画で、「素晴らしきかな人生」と云う邦題のものがあります。これはフランク・キャプラの名作「It's a Wonderful Life」ではなく、最近のウィル・スミス主演の「Collateral Beauty」と云う映画で、どう考えてもフランク・キャプラ監督、ジェームズ・スチュアート主演のウルトラ名作と誤認してしまうような邦題を何故付けたのかも謎なのですが、原題の「Collateral Beauty」と云う意味が、また謎です。引き替えに存在する美徳がある、と云う意味だと思われるのですが、英語は本当に難しいと思います。

 

 redeemとか、redemptionと云う言葉も分かりにくいです。エルビス・プレスリーが復活を遂げた名曲、「If I Can Dream」の歌詞の中に、「But as long as a man has the strength to dream, he can redeem his soul at last」と云うのがありますが、このredeemとはどう云う意味か、初めて聞いた大学生の時は良く分からなかったのですが、思いを「成し遂げ」られるとか、「全う」出来ると云う意味だろうと、自分なりに納得した記憶があります。

 

 「ショーシャンクの空に」は好きな映画ですが、原題は、The Shawshank Redemption と云います。この「Redemption」がどう云う意味なのか、ずっと謎でした。償還?贖罪?何のことだろう?赦すと云う意味ではないか、と云う人もいます。束縛から解放されると云う意味でないか、と云う人もいます。私が最近或る経験からふと思ったのは、「まとめて返す」と云う意味です。ショーシャンクの場合は、マイナスの意味、プラスの意味、双方含めた「お礼返し」と云うような意味ではなかったかと。私の最近の経験はプラスの意味なのですが、Redemption と云う言葉がストンと胸に落ちました。

 

 Redemption、中々奥の深い言葉です。言葉って面白いですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-19 21:00:00

コメンスメント

テーマ:ブログ

 コメンスとは「始まる・開始する」と云う意味です。コメンスメントと云うと「開始」と云う意味でもありますが、大学などの卒業式と云う意味で使われます。初めて聞いた時は、入学式と間違えているのではないかと思ったのですが、そして最近も身近な人間が同じ間違いをしましたが、これから社会に漕ぎ出す最初の日、と云う意味でコメンスメントと云うのだそうで、中々洒落た表現です。

 

 私のアメリカ人の古い同僚が、昔々入社式で云った言葉が私は好きで、今でも借用させて貰うことがあります。それは「Today is the first day of many days and years to come.」と云うもので、コメンスメント=卒業式と同じ考え方です。英語はなべて前向きな傾向が強いですね。

 

 毎日がコメンスメント、とも云えるでしょう。そういう気持ちを持って、日々を過ごしていきたいですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-18 21:00:00

邂逅

テーマ:ブログ

 私には恩人と云える人が何人もいます。多くの人に、色々と助けてもらったり、応援・支援してもらって生きてきました。どう表現するか、或いは定義の違いはあるでしょうが、誰でも或る意味当然のことでしょう。

 

 恩人は、とっても身近にも、ちょっと離れた所にもいるものです。身近な恩人が、離れた恩人を自らの恩人とも認識し、恩人が恩人に恩を与ったと、恩人が恩人に直接話すと云う、そんなフラクタル現象のような光景を、最近目の当たりにしました。案外ありそうでないシチュエーション。

 

 それなりに長く生きてきたのでそんな経験をしたとも云えますが、人と人との関係は、長さには関係ないようにも思え、ひとつひとつの関係を大切に育てて守って行くことが大切なのだと、そう感じました。

 

 これを邂逅と云うのでしょうか。この熟語、これを機会にちゃんと覚えようと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース