1 | 2 次ページ >> ▼ /
2016-01-29 21:00:00

マイナス金利

テーマ:ブログ
 金融緩和の手段として、日銀が遂にマイナス金利を導入するとのこと。既にある当座預金は対象ではなく、新たに積み増す部分のみが対象であるので、中途半端ではないか等の声もあったようですが、いざとなれば本格的なマイナス金利の導入を出来るようにするための準備段階だとも考えられ、これは大きなステップです。

 しかしマイナス金利は、必ずしも新しい概念ではありません。既に導入している国も比較的多くありますし、私も20年以上前、某米系投資銀行でトレーダーをしている時に、マイナス0.5%の円金利フロア、即ち日本の短期金利についてマイナス0.5%を行使価格(金利)とするオプション(金利がマイナス0.5%より更に下回った場合にその分のお金をもらえる権利)のシリーズをトレードしたことがあります。少なくとも当時は、マイナス金利のオプションの取引は史上初めてだったと思うのですが、それももう四半世紀ほど昔の話です。

 マイナス金利は、あまり驚くことではありません。なべて世の中のことは、大概昔からあることです。ギリシャ神話もシェークスピアも最近のテレビドラマも、テーマは大体同じです。春夏秋冬が遙か彼方の古からあり、ずっと循環してきたように、景気も循環する筈なのですが、世界の金利が正常化して行くには、まだまだ時間が掛かるかも知れませんね。金融緩和すれば株価は上がる。いずれにしろ株式市場にとっては、朗報であると考えるべきでしょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-28 21:00:00

風邪の季節

テーマ:ブログ
 私の周りでも、風邪やインフルエンザの人が増えてきました。そういう季節ですね。私の日記のようでもあるこのつぶやきのバックナンバーを検索すると、私の場合11月か12月の頃と、ちょうど今頃から桜の季節に掛けて風邪を引くことが多いようです。

 私はとにかく色々な大勢の人に毎日会うので、しかも閉鎖された空間でのミーティングが多く、かつずっと私が話し続ける、即ち喉を使い呼吸量も多いので、風邪を移される機会が溢れています。そんな中でなるべく風邪を引かないようにするのは、注意と努力の要ることです。手洗いうがい、ビタミン栄養、体を温める。あとは気合いですかね。でもこの気合いが実は中々重要だったりします。

 風邪を引いては仕事の効率が落ちますし、何よりも気分が悪いので、気合いを入れて、注意しながら、この季節を乗り越えたいと思います。負けないぞ!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-27 21:00:00

18歳と123日

テーマ:ブログ
 今日、18歳の某君が相談に来ました。アフリカに行きたいとかなんとか。まぁこの彼は無鉄砲を絵に描いたような人間なのですが、相変わらずその突拍子なさに笑いました。しかしこのエネルギーは凄い。

 18歳から通常の社会人になるまでの期間は、典型的には4、5年程度だと思うのですが、この期間をどう過ごすかは、人生にとって大きな意味を持つことが多いような気がします。或いは、その重要さに比して、その時間的な長さは少々短すぎる気もします。私自身は、高校を卒業してから社会人になるまでが4年では短すぎると勝手に決め付けて、大学4年の時に自主留年をしました。しかしドロナワ的に延長した感があり、あまり有効に5年間を活用したとは到底思えません。

 昨日或るお店のホームページを見ていたら、採用情報の所に、休日は年間123日と書いてありました。確かに週休二日と祝日、年末年始などを入れると、年間123日お休みになるのでしょう。我々は年間の実に3分の1を休んでいるのです。むむむむむ。自分は果たしてその3分の1の休日を有効活用しているだろうか?意志を持って時間をどう使うかは、本当に大切ですね。そんなことを思った昨日と今日でした。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-26 21:00:00

お客様の声

テーマ:ブログ
 当社は様々な商品やツール、サービスを作ってお客様に提供してきています。貸株を或る意味で発明して始めたのも当社ですし、オンライン証券としてFXを広く一般に広めたのも元々は当社でありました。カブロボファンドのようなロボアドバイザーの先駆となるものも開発したり、本当に様々な新しい商品・サービスを企画し、開発し、御提供してきました。そうすると同時に、政府や証券業協会・取引所などに、個人投資家の皆さまのために提案をし、様々な改革も推し進めてきました。

 一株の売買単位が今は数万円からになっていますが、かつては概ね50万円から100万円以上、酷いものだと一売買単位が数千万円なんてのもありました。これはかつて、一株当たり純資産額の下限が5万円と決められていたからなのですが、これは某国会議員と一緒に時の法務大臣に会いに行き、改革の必要性を訴え、東証などでも推進されていた行動と相俟って、今の単元株制度が出来て、数万円からでも取引できるようになった経緯があります。空売りを或る一定額以上した場合に公表される個人の住所も、最初は番地まで詳細に要求されたものを、これは法律上許されている経済活動を個人がしているのに、ここまで個人情報を公開するのはおかしいと政府に対して強く訴え、それだけが理由ではないでしょうが、今のように情報の粒度が下げられたこともあります。お客様のために、商品・サービスの開発だけでなく、私とマネックスは、色々なことにつき、様々な場面で、その改善に努めてきました。

 IPOは株式市場の花である、と私は思っているのですが、IPOをオンライン証券で引き受けようということを始めたのも当社です。2000年に始めた時には、とても大きな反発が既存の証券会社等からはありましたが、今では当たり前のことになっています。このIPOについて、今再び、お客様皆さまの御意見を伺いたいと思います。IPOというと、やはり新興市場のことを語らずにはいられないので、新興市場についての御意見も伺いたいです。今までに様々な形でこれらの件につき、お客様の御意見は伺ってきたのですが、色々と環境も変わる中、今再び皆さまの声を拝聴したいと存じます。そして今後のIPOや新興市場の改善に活かしていきたいと思います。

 IPOに関する御意見は soba@monex.co.jp に、新興市場に関する御意見は udon@monex.co.jp にいただけますでしょうか。お返事は書きませんが、いただいた御意見はしっかりと受け止め、業界、取引所、或いは政府などに伝えながら、皆さまの投資環境の改善に努めてまいりたいと存じます。よろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-25 21:00:00

極渦

テーマ:ブログ
 九州が大雪。博多では氷点下4度以下。沖縄でも観測史上二回目の降雪が観測され、台湾でも雪が降って雪を一目見るために山に登って大騒ぎ。北回帰線よりも南にある香港でも氷点下になったとのこと。驚き桃の木山椒の木ブリキに狸に蓄音機です。

 原因となっているのは、極渦と呼ばれる極点上に展開する気流の渦が、極端に大きくなったとのこと。極渦は、英語では Polar Vortex と云うそうです。英語から読むと、これは極にある渦であることは明らかですが、恥ずかしながら私は極渦は、“ごくうず”だと思ってました。極端に冷たく、強い渦が、極大化した。なんかそんな連想から、“ごくうず”だと思っていたのです。正しくは”きょくうず”です。そりゃまぁそうですね。

 小さい頃私は台風一過を聞いて台風一家だと思っていて、台風が親子家族みんなで移動することだと思っていました。これは読みを聞いて間違った漢字を想像するパターンですが、今回は漢字を見て、読みを間違えるパターンです。うーん、日本語は難しい。もっとテレビを見たりしないとイカンですね。

 極渦が来て、日本出身の力士が10年ぶりに大相撲で優勝して、色々と新しいことも起き始めた今週末。マーケットもこれでしっかりと切り返していくといいのですが、ヴォリュームが増えるまで丁寧に観察していきましょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-22 21:00:00

踏み上げる

テーマ:ブログ
 今日の日経平均は1000円近い上昇となり、いい方向ではありますが昨日以上に大荒れの相場となりました。いわゆるショートカバー、買い戻しが起きたように見えます。業界用語ではこういう状況を「踏み上げる」と云います。恐らく空売りをしていたヘッジファンドなどが、急に上がり始めた相場に耐え切れなくなって、大きく買い戻したのでしょう。

 しかし東証の出来高は昨日より20%程度少なく、このウルトラ・ボラティリティの中で様子見をした、或いは戦意を失ったか上司などから止められるなどして売買を出来ない参加者が多いのでしょう。昨日も書いたように、ヴォリュームが増えて来るまでは、マーケットが安定を取り戻すとは云えないでしょう。

 それはさておき、原油の値段についてちょっと考えてみました。ニュースで1バレル30ドルなどと云われていますが、このバレルとは、いわゆる樽のことですが、原油の場合は約160リットルです。単純に計算すると、1リットル20円程度です。安い。もちろん精製の過程で量は減り、値段も上がる訳ですが、油田からの卸値は1リットル当たりたったの20円です。水より安いんじゃないかとさえ思えます。

 一方水を取るのに大した設備投資はいりませんが、採掘が容易だと云われるシェールガスでさえもかなり大きな設備投資は必要と思われ、原油の値段が下がった場合の様々な問題の大きさを感じます。エネルギーが安いことは基本的にいいことで、それはエネルギー輸入国である日本にとってはいいことですが、激しい値動きに伴う痛みは大きいでしょう。

 株式市場も原油市場も、高いボラティリティはほとんど全ての人にとって良くないことです。アメリカが通貨供給量と速度を下げていく中、ボラティリティは高止まりしそうです。金融機関等に対する様々な規制が、マーケット参加者のリスクテイク能力を下げており、それもボラティリティを高くする要因だと思います。2016年は、リーマンショック後長く続いた低ボラティリティ時代が終わり、高ボラティリティ時代が始まった年になるかも知れませんね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-21 21:00:00

レベル感

テーマ:ブログ
 マーケットは更に荒れました。上がったり下がったり。特に下がる時の振れ幅が尋常ではありません。疑心暗鬼が疑心暗鬼を呼び、流動性の低さから値動きが更に荒くなります。マーケットの参加者がレベル感を失い、どの値段が正しいかが分からなくなり、それが値動きを激しくしているのでしょう。

 マーケットが新領域(ニューテリトリー)に入ったと云うよりも、レベル感を失ったと云う方が正しい気がします。一般生活の中での個人の心理状態で説明してみましょう。或る事象が起きて動揺した時、その事象が続いたり大きかったりすると、単なる一過性の動揺を超えて心のバンドが一旦外れてしまい、動揺が止まらなくなり、かつその振れ幅が大きくなり、それが元の状態に収まって落ち着くには時間が掛かります。どのような材料をもって落ち着いていいのか、分からなくなってしまうのです。これを解決するには、穏やかな環境と時間しかありません。

 今のマーケットの参加者の心理状況は、このような感じでしょう。暫くは見(ケン)でしょうか。或いは誰かが新しいレベル感を造りに行くでしょうか。落ち着き始めるとヴォリューム(取引高)が増えます。新しいレベル感が造られる時にもヴォリュームが増えます。ヴォリュームに注目する必要がありますね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-20 21:00:00

マーケット

テーマ:ブログ
 マーケットが引き続き荒れています。大荒れと云うべきでしょう。原油が下げ止まらない。中国の経済成長がやはり鈍化していそうで、かつその発表されるデータを信じ切れない。アメリカもイランも原油の輸出を再開する中で、原油安がすぐに反転するとも思いにくいです。唯一、中東情勢が極端に悪化すれば原油安は止まるかも知れませんが、そう云う時は株式市場にはマイナスでしょう。中国のデータの信憑性がすぐに上がることは、これも考えにくいです。そう考えると、マーケットが荒れる原因が中々排除できないので、暫くはこのような状況が続くと考えるべきでしょうか。マーケットのアヤで、売られ過ぎれば買い戻されるでしょう。しかし雰囲気は当面悪そうです。

 マーケットのことはマーケットに聞け。何でマーケットがそう動くかに、耳を澄まし、目を凝らしていく必要があります。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-19 21:00:00

グレン・フライ

テーマ:ブログ
 昨日、グレン・フライが亡くなったとのこと。RIP. 冥福をお祈りします。グレン・フライはとっても好きな歌手でした。いい意味でアメリカ臭くて、男っぽくて。イーグルスのグレン・フライもいいですが、ソロのグレン・フライの方が更に好きでした。エルビスにも通じるような雰囲気があるのが、好きになった最大の理由かも知れません。カントリーとブルースとロックが混ざったような。因みに、カーラ・ボノフとかJ.D.サウザーも好きです。もちろんリンダ・ロンシュタットも。しかしグレン・フライは享年67歳。リンダ・ロンシュタットも今69歳だそうです。なんか時代が過ぎていくなぁ-。今宵はこの辺りの歌を聴いて、バーボンでも傾けましょうか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-18 21:00:00

中東

テーマ:ブログ
 中東がまた新たな局面に入りました。イランが核開発活動の制限措置を受け入れたことに伴い、アメリカはイランに対する制裁措置の解除を始めます。そしてイランの原油輸出が再開されます。

 原油の価格は更に下がるのだろうか?サウジアラビアはイランが国際社会に復帰すること、そしてそれを後押ししているアメリカを嫌って、イランとの国交を断絶するなどのアクションを取っていますが、イランとの間で”事(こと)”を起こすことによって、国内の秩序を保ったり、或いは原油の値段を下げ止まらせようとしているのかも知れません。或いは単にスンニ派とシーア派の争いなのかも知れません(そんなことはないでしょうけど)。

 イランが欧米と近付くことによって、シリアに対するコントロールがもっと効くようになるでしょうか?或いはそもそもそんなことは儚い夢でしょうか?ロシアの拡張路線(南下政策)との絡みで、アメリカとしてイランに近付くことは必須だったのかも知れませんが、これも思い通りに行くとは限りません。そして原油の値段の行方は分かりませんが、どちらかというと下がって行く方向ではないかと思われ、そのことが中東諸国に与えるネガティブな影響は計り知れず、そしてまたそれが過激派を悪い方向に刺激する可能性もあると思います。

 これら中東の問題は、根深く、そして大きな話で、かつどういう方向にぶれるかが読みにくく、不安定なものです。その影響の及ぶ範囲は、アメリカの経済・今後の金融政策に留まらず、日本を含む世界の経済と資本市場(株式、金利、為替)に影響を及ぼしていくでしょう。私が子供の頃から何度も何度も、第何次中東戦争の報道と映像がテレビに流れていました。中学から高校に行く頃に、パーレビ-がイランから居なくなり、以来いつでも中東は、少なくとも私には混沌としていて、何が何だか分からなくなってしまいました。日本に於ける世界史の教育や解説も、或る意味混沌としていて、事の重大さに比べて、報道量は著しく少ないし、しっかりと整理されて説明されてこなかったと思います。或いは私の理解しようという努力が足りなかったのかも知れません。

 しかし、これからは、命を守るためにも、経済やマーケットの行方を考えるためにも、中東の情勢はしっかりと追い掛けて理解しないといけないでしょう。そういう時期が来たと思います。2016年は、中々課題の多い年ですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース