1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-12-30 21:00:00

納会2015

テーマ:ブログ
 遂に今年も納会の日が来ました。月並みですが、本当に時間が経つのは速いですね。今年は特に、12月に入ってからが速かったと思います。何故でしょう?分かりません。速いか遅いかではなく、中身が十分有るか無いかが大切なので、そう云った出来高を意識して暮らしていきたいと思います。

 これも月並みな云い方ですが、今年も色々なことがありました。しかし色々なことが起きるのは当たり前で、それらにどう対応したかが大切なので、対応出来高と云うか、対応打率、対応深度、対応速度を高めるように意識して行きたいと思います。

 さて今年最後のそばうどんアンケート。44%対56%で、うどん優勢でした。一年後、ドル円は125円以上でかつ日経平均は2万円以上だと思う方の方が少ないと云うことです。因みに私はそば派です。来年は円安株高が基調だと思っていますが、今までの数年に比べると自信がありません。アンケートの結果も、その雰囲気を表していると思います。

 しかし過度の期待がない、見方もほぼ半々に分かれていると云うことで、リスクは比較的小さいのではないでしょうか?いずれにしろ来年はいい年になることを願いたいものです。

 「良いお年を」と云うコトバが私は好きで、12月の半ばくらいから、お店でも、タクシーの運転手さん相手でも、色々な場面で「良いお年を」と云える瞬間を探して、なるべく云うようにしています。

 皆さま、本年は大変お世話になりました。そして御愛読ありがとうございました。来年も是非よろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎え下さい!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-29 21:00:00

値段

テーマ:ブログ
 値段とは面白いものです。値段とは、或るものを売買する時の金額のことを云います。したがって、そのものの価値とは必ずしも同値ではありません。需給関係や様々な環境によって、価値とは離れた値段になることもあります。また、売買する金額ですから、常にその金額で買う人と売る人がいる訳で、或る人は買ってもいいと思い、或る人は売ってもいいと思う訳ですから、思惑は完全に交錯しています。マーケットの中の値段を、安すぎるとか高すぎると云う人もいますが、本質的価値から見て安い高いを論じることは出来ても、値段としてはそれは常に思惑の交差する場所で均衡しており、適正な価値であると考えるべきです。

 株価の予想などもそうで、今の株価が、今ある全ての材料-これは未来にわたっての材料も含めて-を消化して値段が形成されていると考えるのが恐らく理論的に正しいので、株価の予想は、今の市場での株価が即ち、株価の予想のコンセンサスであると云うべきでしょう。さはさりながら、それでは身も蓋もないので、これからの株価をみんなあーでもないこーでもないと考えるのです。私も考えます。来年の株価を考えます。年末年始の投資ポジション総点検・再評価・再計画をするにも、どのような市場環境が未来に向けて展開していくかは、云い当てることは不可能ですが、やはり或る程度のイメージを持てなければ、再計画も出来ないものです。

 来年の日本の株価はどうなるだろうか?来年のドル円はどうなるだろうか?この二つが肝要です。円高で株高とも考えにくいので、円安株高か、円高株安のどちらかが、メインシナリオでしょうか?そこで本年最後のそばうどんアンケートです。一年後、ドル円は125円以上でかつ日経平均は2万円以上だと思う方はsoba@monex.co.jpに、ドル円は125円未満でかつ日経平均は2万円未満だと思う方はudon@monex.co.jpにメールを下さい。明日のつぶやきではその結果をお知らせしたいと思います。それではあと一日、GO!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-28 21:00:00

テーマ:ブログ
 週末に乗っていた飛行機に雷が落ちました。着陸前に高度を落として行ったところ、雲の中でかなりガタガタと揺れていたのですが、いきなりバン!と大きい音がして、私の足下の床に衝撃が走り、その足下がピカッと光ったように見えました。私は前席の下に置いてあった私のカバンの中のPCが爆発したのではないかと思いましたが、カバンをたぐり寄せても異常はありません。乗客も静かで、前方で座っているキャビンアテンダントも普通にしているので、何か事故が起きたことに気が付いてないのではないかと不安になりました。

 何か機体に異常が起きたのではないか?キャビンアテンダントに異常を告げようかとさえ思ったのですが、何やら二人で膝元を見てマニュアルかなんかを読んでいるようであり、じきに受話器を取って話し始めたので、もう少々様子を見ることにしました。機体は安定していたのですが、不安な気持ちは消えませんでした。するとキャビンアテンダントからアナウンスが入り、雷が機体に落ちたとのこと、しかし運航に影響はないとのことでした。その後に機長からも説明が入り、雷が落ちたが、計器類に一切異常はなく、運航に支障はなく、御安心下さい、とのことでした。ほぉ。ようやくこれで不安な気持ちはなくなりました。

 私は数千回飛行機に乗っていると思うのですが、雷が落ちたのは初めて、少なくとも雷が落ちたのを認識したのは初めてです。あぁー、ビックリした。でも案外日常茶飯事にあるようです。しかしなんでみんなあんなに平静だったのかなぁ。不思議です。何かしらの理由で、私の席付近のみ、衝撃や、音、光が強かったのでしょうか?後で聞くと、着陸した空港のある県は、落雷率の最も高い県らしいので、乗客の人は皆慣れていたのかも知れません。でも不思議だなぁ。どこか腑に落ちないのですが、なんか縁起は良さそうだし、航空会社の対応もしっかりしていて安心できたので、新年に向けてのよい兆しと云うことにしておきます。

 さていよいよ本年も残すところ2営業日となりました。いい形で終わって欲しいですね!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-25 21:00:00

何になりたいか

テーマ:ブログ
 優秀な若者には、多くの、そして様々なオポチュニティ(機会)が舞い込みます。実際に舞い込むほかにも、自分としても様々なオポチュニティに興味が、目が行きます。しかしオポチュニティが、自分の未来を造っていく訳ではありません。

 何がやりたいか、何になりたいかが先にあり、その実現のために努力し、辛いことがあっても乗り越え、その道のりの中で、なりたいものに近付くためのオポチュニティがある(場合がある)のだと思います。

 優秀な若者は、オポチュニティだけに身を委ねて進んでいくと、一見輝かしい人生のようで、実は自分のなりたいものに近付いているのではないと、ハタと気が付くことになるのではないでしょうか。

 或ることから、今日はそんなことをふと思いました。メリークリスマス!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-24 21:00:00

ギャップ

テーマ:ブログ
 いよいよ年末です。無茶苦茶忙しいとはこんな状況でしょうか。今日は15個ぐらいミーティングなどのアポがあり、どうなることかと思いましたが、予め今日はそんなもんだと思って臨んだら、案外普通な日でありました。クリスマスイブですが、少なくとも私が見る限り、或いは感じる限りでは、街にはクリスマスらしさがあまり感じられず、今年は早い時期から随分クリスマスを演出していた感もあるので、ここにきて飽きたか疲れてきたのかも知れません。

 忙しいと心して臨むとあまり忙しく感じなかったり、クリスマスに向けて盛り上げ過ぎると本番には落ち着いてしまう。期待の形成と実際に見るもの・感じるものとのギャップは、金融マーケットを動かす最大の要因でもあり、人の気持ちや行動を考えていく上でとても大きなテーマだと思います。一昨日お尋ねした「そば・うどん」アンケートも、期待を裏切られました。

 年末年始に御自身の投資ポジションの再評価・再計画をしますか?との問いに、しないと答える方の方が多いだろうと思っていたのですが、回答下さった方々の6割程度の方が「そば」を、即ち年末年始に再評価・再計画をするとのことでした。これはかなり高い。そもそも”する”という方が回答してきていて、”しない”方は回答をされてないのかも知れません。或いは私の質問の前後の話の書き方が、”再評価・再計画する”という気持ちを強くしたのかも知れません。

 恐らくそういう面が少しはあるでしょう。であれば、そういった気付きをもっともっとお伝え出来るように、工夫していきたいと思います。つぶやきのイノベーションに少しずつ取り組んでいきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-22 21:00:00

年末年始

テーマ:ブログ
 師走に入ったと思っていたのはついこの前だった気がしますが、もう一気に年末モードになって来ました。個人的にはとにかく忙しさの上に忙しさが上乗せされ、忙しさに忙しさの磨きをかけている感じがして、師走とはよく云ったものだと思いますが、アップアップしております。しかしあと少し頑張れば、短いけれども年末年始の非営業日が来て、色々と溜まったことも(これも大概仕事ではありますが)処理できることを楽しみにしています。

 年末年始にすべきことの中のひとつに、投資ポジションの再評価・再計画があります。先ずは自分がどういう投資ポジションを持っているかを集計して、リスクを俯瞰する必要があります。次に自分なりに考える世界や日本の経済や資本市場の状況と見通しと、その投資ポジション、リスクとを比較して、再計画をし、アクションプランを考えることになります。そこまで出来る時間あるかなぁ。でも頑張ってやろうっと。皆さんは、年末年始に、投資ポジションの再評価・再計画をしますか?される方はsoba@monex.co.jpに、されない方はudon@monex.co.jpにメールを下さい。

 因みに投資ポジションを考える時、例えば或る株式の所有ポジションについて考える時、その株だけを見つめてはいけません。その株だけを強く見つめて、上がることを祈ってはいけません。その株の周りにある環境を見なければいけません。ウキを見つめるのではなく、ウキの周りにある水を見るような感覚です。これは、分かっていても中々出来ないことです。特にマーケットが開いている時には中々出来ません。年末年始の、日本のマーケットなどが閉まっている時がチャンスですよ!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-21 21:00:00

仮装

テーマ:ブログ
 先週金曜日は、当社のBo-Nen-Kaiでした。マネックスグループの世界中のオフィスで、今頃Bo-Nen-Kaiが開かれています。忘年会じゃ英語人には読めないし、クリスマスパーティーでは信じることに違う人たちもいるし、そこでグループ共通でBo-Nen-Kaiとしました。今年の当社グループBo-Nen-Kaiでは、仮装が流行っています。そう決めて始めた訳ではないのですが、カツラを付ける程度の簡単な仮装から、全身コスチュームのものまで、決して強制ではなく、一部の人だけがするのではあるのですが、或るオフィスで仮装ありでBo-Nen-Kaiをしたらノリが良かったので、他のオフィスにも伝染しました。

 私ももちろん、ちょっとですが仮装をします。しかしこれが案外言動の制御を緩めます。タガが外れるまでは行きませんが(と本人は思っていますが)、羞恥心が減り、ノリが良くなります。今更ながらこれは小さな発見で、自分自身随分楽しみました。週末を経て省みて、仮装したから出る言動とはどうゆう性質のものなのかを考えてみました。これは酔った時の言動に似ている気もしますが、他人から見た自分性が希薄化するという点で、酔った時の言動以上に自制が外れ、無思慮になっている可能性があるとも感じます。盛り上げるための仮装はいいけれど、自制を外すための仮装はよろしくないですね。どんな時でもすべきことはしなければならない。そう思うのでした。

 一方で、例えばタモリさんがあれだけ長い年数生番組を続けられたのは、サングラスによって自分性を希薄化して、ストレスを下げられていたのではないかとも私は思ってしまい、そこには大きな効能もあると思うのです。ま、テキトーに息抜きしながら行くのがよろしいですね。他愛もない話で失礼しました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-18 21:00:00

中央銀行

テーマ:ブログ
 今日の日銀による追加緩和の発表。あまりにも小さく、そしてあまりにも細部にまで投資対象を絞ったことで、市場には動揺というか、「意図が分からない」という感覚が拡がったのでしょう、いわゆる失望売りが出ました。大変優秀な中央銀行であるという評判もある現日銀として、策を弄しすぎた嫌いもあります。更に今後の日銀のアクションにまで思いを馳せると、もしかしたらこれで追加緩和策はネタ切れではないか、との疑心暗鬼まで出てきたのかも知れません。

 かのグリーンスパン元FRB議長は、中央銀行の仕事はバックミラーのみを見ながら車を運転するようなものだ、との名言を残しました。確かに後講釈をすることは簡単で、当の日銀にしてみれば考えに考え抜いたことでしょう。しかし今回ばかりは理解が難しいです。中央銀行に対して期待することは、一にも二にも、今後、しっかりと説明してくれることですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-17 21:00:00

スリラー

テーマ:ブログ
 マイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」が、全米での売上が3000万枚超え、新記録を達成したとのこと。未だに売れ続けているというのが凄いです。アメリカ外での売上を含めると、1億枚を既に超えているとのことで、本当に恐るべしといった感じです。スリラーは最近では、そのプロモーションビデオがスーダラ節と重ねて見るとピッタリ来るということで一部で話題を撒きましたが、幅広い範囲のファンがいることが分かります。

 私はマイケル・ジャクソンのファンではありませんが、やはり彼の作品はとても印象的でいいものが多いと思います。もうあのようなメガヒットになるようなメロディ、リズム、歌詞は生まれないものでしょうか?夏目漱石の小説で、現代に運慶が現れて仏像を凄い速さで彫り、その運慶にもうあなたのような人は現れないのか?と聞くと、自分のような者は常にいるが、仏は元々木の中にいて、自分達はそれを彫りだしているだけであり、運慶がいなくなったのではなく、日本にある仏の入っている木を既に掘ってしまったのだ、という話がありますが、いい音楽のアイデア、ネタも、出し尽くしてしまったような状況なのでしょうか。

 「スリラー」の発売は1982年。いわゆるバブル期ですね。昭和元禄という人もいます。世界的に余剰文化が生まれやすい時期だったのかも知れません。そんな時代がまた来るといいですね!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-12-16 21:00:00

利上げ

テーマ:ブログ
 日本時間の今晩から明日未明に掛けて、アメリカの中央銀行(FRB)は利上げを敢行するか否か、全世界が正に注目しています。正確に云うと、FRBが利上げすることはほぼ確定と皆思っており、注目しているのは利上げするか否かではなく、実際に利上げした後にマーケットはどう反応するか、でしょう。もちろん万が一利上げをしないと云う可能性もゼロではなく、文字通り万に一ぐらいはそう云うこともあるかも知れませんから、いずれにしろ目が離せません。

 今回の利上げで重要な点は、今後どのようなペースでどのような幅で来年以降追加利上げをするかについての感触を、FRBの説明から読み取ることだと思います。その雰囲気が、マーケットのリアクションに影響を与えるでしょう。アメリカの利上げは、リーマンショック以来続いた、世界的なウルトラ金融緩和政策の転換点です。実に7年ぶり。多くのトレーダーが知らない環境、いわゆる新領域に入るので、その意味からもマーケットのボラティリティ(振れ幅)は大きくなりがちになるでしょう。

 リーマンショック後の緩和金融政策は、恐らくアメリカの東海岸・西海岸の大都市と、中西部・南部などの地域の間の、持てる額の差を増大したものと思われます。そんなことも今の大統領選に影響を与えているかも知れません。そしてアメリカの大統領選の行方は、世界の秩序の在り方にも影響を与えます。ですからアメリカの金融政策の変更は、経済に限らず政治的にも、世界に大きな影響を与え得るものです。

 今晩は歴史に残る日になるかも知れません。ボジョレーヌーボーのお祭り騒ぎは今年は様々な事情であまり盛んではありませんでしたが、今晩こそがお祭りかも知れません。そして来年のキーワードはずばり、「利上げ」になることでしょう。注目しましょう!
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース