1 | 2 次ページ >> ▼ /
2014-11-28 21:00:00

北へ

テーマ:ブログ
 この原稿を書いているのはまだ日中ですが、今、再び八戸へ向かっています。前回は空路で三沢に行こうとして、上空まで行って引き返すという顛末になってしまいました。なので今後は淡々と往復東北新幹線で行くこととしました。西へ行く新幹線と、北へ行く新幹線とでは風景が違います。いや正しくは雰囲気が違うと云うべきでしょうか。風景はそんなには違わないかも知れません。しかし空気感が違う。これは車内の雰囲気、音が違うせいかもしれません。それは即ち、乗っている人の雰囲気が一般に違うのでしょう。

 日本国内で移動する時、私はいつも戦国武将・大名がいた時代に、ここはどういう場所であり、武将・大名はどのような思いを持ってこの地に居たのか、ということに思いを馳せます。学が足りないので、思い浮かべるだけで答えを見つけることは不可能であり、インターネットで歴史や地理を調べることになりますが、江戸時代からその土地々々の雰囲気はあまり変わらないのではないか、というのが私の見解です。但し、「県」によって性質があるのではなく、「藩」によって性質が定義されます。その意味では八戸は南部藩。明日はここ八戸で全国投資セミナーも開きます。雰囲気は、土地の人の話(考え方)と食べ物に一番強く出るでしょうか。昼に夜に、南部の雰囲気を堪能したいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-27 21:00:00

株主との対話

テーマ:ブログ
 私は上場企業の株主総会の議長を15回したことがあります。これはかなり珍しい経験だと思います。加えて、他の上場企業の株主総会に、社外取締役として壇上に出席したことが10回ほどあり、非上場企業となると議長でも取締役でもほぼ数えるのが不可能なほど株主総会には法的・主体的に参加してきています。私は常に株主との対話というものを強く意識して、大切にしてきました。結果として株主の方々に満足のいくリターンを提供して来られたかとなると、大きな心理的負債があり、もっともっと頑張って結果を出さねばならないと強く思っていますが、株主との対話というプロセスについては、誰よりも考えて大切にし実践してきた自負があります。初めて上場企業株主総会の議長をした時、当時は珍しかった土曜日開催を断行し、ホームページ上に株主提案権の説明まで書きました。

 しかし企業と株主の対話の機会は、株主総会だけではありません。平時から、継続的に、様々な形で対話を取っていくことが大切だと思います。この企業と株主の間の対話のことを、エンゲージメントとかスチュワードシップと呼び、現在我が国は、行政、取引所、その他の関係者が力を合わせて、この対話を促進させようとしています。これはとてもいいことです。このエンゲージメントやスチュワードシップの主役は、行政でも取引所でもなく、上場企業と株主です。そして株主は、何も機関投資家だけではなく、個人少数株主・個人投資家も含まれます。いやむしろ、機関投資家の存在はその裏にある個人投資家によって成り立っているので、あらゆる企業の最終実質株主は個人であると考えられ、エンゲージメント、スチュワードシップの主役は企業と個人投資家であるとも云えると思うのです。

 個人投資家が企業と対話する方法は、株主総会に出席したり議決権を行使する以外にも、平時から上場企業のIRセクションに問い合わせたり、或いはスチュワードシップを強く実践しようとするファンドに投資するという方法もあります。是非色々な形で、個人の声を企業に投げ掛けていって下さい。それが日本の株式市場・資本市場を良くしていくと信じています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-26 21:00:00

年末年始

テーマ:ブログ
 そろそろ年末年始の話をするような時期になりました。元来私はホリデーシーズンに東京から出るのが嫌いで、それは簡単に云うと人混みが嫌いだからなのですが、例年も今年も変わりません。しかしこの急激な円安の中では、恐らく普段は海外に行くけれども今年は国内に留まるという云う人も多いのではないでしょうか。そうすると例えば東京周辺のリゾート地、例えば熱海や伊豆などは混みそうです。円安による海外からの旅行者の流入もあるでしょうから、この傾向は更に強くなるでしょう。

 円安になるとミクロネシアやハワイではなくて熱海に行く。フランスでのパリとニースの土地の値段差と、日本での東京と熱海の土地の値段差を比べると、後者の方が圧倒的に大きく、しかしこれは上記のような人の流れが顕著になると、その差が縮まるプレッシャーが掛かる筈です。円安になると国内の地価の差が縮まるのではないか。とまぁそう思うのですが、実際は丁寧に観察しないと分かりません。

 年末年始はまだひと月も先のことなので、その前にこれからひと月の間に観察したいことがたくさんあります。選挙の行方もそうですが、クリスマス商戦や師走の街の雰囲気はいつもとどう違うのか?これからのひと月は街角ウォッチングをするには格好の季節です。仕事も納会に向けてのこれからのひと月で色々まとめていかなくてはなりません。日本は感謝祭がないので、年末が始まるのがちょっとだけアメリカより早い気がするので、もう年末ウォッチングを始めたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-25 21:00:00

熊手

テーマ:ブログ
 週末に、何年か振りに酉の市に行きました。小さい時に連れて行ってもらった鷲(おおとり)神社は、とにかく圧倒的な人のうねりとまばゆい明かり、そして当時はまだ街灯も少なくてひとたび外に出ると暗い闇が拡がっていて、幻想的な大人の世界と感じた感覚を今でも克明に覚えています。あれはもう40年以上も前のことでしょうか。以来、鷲神社の酉の市は一、二回行った記憶がありますが、阿波踊りの演舞場に侵入した時のような雰囲気と風景は格別です。

 今年は二の酉までで、かつ三連休の初日だったので、とても混んでいた気がしますが、横から入って横から出る(違反行為はしていません)ことで効率良く雰囲気を味わい、熊手を購入することもできました。この熊手、いざ部屋に飾ろうとすると、中々困ります。柱がないのです。かつて柱のあった日本家屋に合わせて作られたものは、熊手以外にも多くあります。国技館の土俵の屋根が今は吊られているように、ピクチャーレールなどから吊るべきか、支柱を作って立ててそこに取り付けるか。日本の住居にむき出しの柱が復活することはまず考えられないので、熊手の類いもいずれ変態を起こしていくかも知れません。まぁしかし今の形を守りながら、無理をして取り付けていくのがいいのでしょう。

 熊手は一度飾ると来年も飾ろうという気になるので、一回買うと必ずハガキの送り先住所を聞かれます。当たり前ですが、上手い商売です。その術中にまんまと飛び込んで、毎年飾っていきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-21 21:00:00

たね

テーマ:ブログ
 今朝大急ぎで時間がなかったので梅干し茶漬けをかき込んでいました。たかがお茶漬けですが、本物の梅干しが二個入っているこだわりの高級梅干し茶漬けです。梅干しは小さめで酸っぱく美味しく、しかし一個食べた後にご飯粒をかき込んでいると、何度もそのたねが一緒に口に入ってきて煩わしいので、ティッシュを取り、二個目の梅干しを食べた時にそのたねをティッシュの上に出しました。その後またかき込み続けていると、さっきまで何度も口に入ってきたたねが入ってきません。おや?果たして、全て食べ終えると、たねはもうどこにもないのでした。そうです、飲み込んでしまったのです。ほら吹き男爵ならば、お尻の穴から梅の木が生えてくるでしょうか?

 さて、そんな馬鹿な話をしてる間に、衆議院は解散となりました。今ひとつ焦点のはっきりしない選挙です。政策なんてほとんど誰も気にしていない・聞いていないでしょうし、何となくイメージから来る各党支持率のみで行方が決まるように思われます。更には各党支持率よりも、投票率で行方が決まるかも知れません。ということは更には単に当日の天気で、結果に大きな差が出るかも知れません。これだけ大きな国のこれだけ大切な国政選挙が、論点ではなく天気で決まるか。馬鹿な話も真面目な話もないですね。久し振りにほら吹き男爵の冒険でも読んでみようかな。明日から三連休。酉の市もあるし、当社では一旦雨で延期したBBQ大会も開かれます。皆さまも良い週末をお過ごし下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-20 21:00:00

高校生

テーマ:ブログ
 今日、高校一年生女子三名と話す機会がありました。20を超える国の大使館が共催の「TAKE A GIRL TO WORK DAY」という企画に当社も参加し、仕事に興味を持つ彼女たちに、当社の女性役員や私から色々なお話をしたり、仕事やサービスを知る機会を提供させてもらったのです。澄んで聡明な目を見ながら話す機会は、或る意味とても刺激的でした。私の話に対して、きちんとした理解力と価値判断力を持っていました。

 私が話したあとに、当社社員から当社サービスの説明もしたようなのですが、こちらは良く分かってもらえなかった部分も多かったようです。それは何故か?私が話した感じでは、彼女たちの理解・吸収・想像力に、大人と比べてなんら決定的な遜色があるようには思えず、当社のサービスが分かってもらえなかったのは、きっと彼女たちの問題ではなく、当社のサービスが、投資というものを初めて知る人には分かりにくいという、単にそれだけの問題なのだと思います。

 そんなことで、全ての人にとっての新しい時代のお金との付き合い方をデザインして提供していこうというマネックスと云えるのか!反省しきり。創業時の気持ちに戻って、大きく改善に取り組まねばならないと思ったのでした。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-19 21:00:00

再会の秋

テーマ:ブログ
 もう既に、年末年始までの宴会シーズンが始まっています。気が付いたらどっぷり真ん中にいました。健康管理をしながら楽しく過ごしたいと思います。しかし何故宴会シーズンはこの時期なのでしょうか?気温の低下と共に食欲が増す、即ち食欲の秋だからという説明もありますが、この時期の宴会は、同窓会を筆頭として、”懐かしい面々と会う”という特徴があります。何故我々は秋から冬に掛けて懐かしい知人と会いたがるのか?

 秋という季節の特性は、diminish(ディミニッシュ)するところにあると思います。気温が下がり、街の木々も葉を黄色くし、やがて落とし、虫は鳴いたり飛ばなくなる。そして何よりも我々を照らす光のビートが下がり、黄昏感が強くなる。これから始まるのではなく、そろそろ終わる感覚がある。それが懐かしい人と会おうとする動機を生成するのでしょうか?人の寂しがる気持ちから来ることでしょうか?そういえば若い頃は宴会シーズンにこんな偏りを感じなかったなぁ。そんなことを想いながら、今日もダブルヘッダーに臨みたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-18 21:00:00

消費

テーマ:ブログ
 昨日のつぶやきで、「自らが行動をしていくこと」をこっそり書きました。我が国の経済の行方を握っているのは、最終的には政府の対策ではなく、個人の消費マインド、消費する自信だと思うからです。こっそり書いたのは、そういう考え方をする人は少ないのではないかと思ったからです。しかしインターネット上で他にも同じように考える人が案外いることを知って勇気づけられました。

 お金を払う時にその金額が2%増えるだけで、本当にその経済的理由だけで消費は減るのでしょうか?それよりも”気持ち”の部分が大きいでしょう。ですから景気は気からと云うのです。政府の借金が800兆円増えた期間に、双子のように個人金融資産の額は800兆円増えました。政府部の借金が、家計部の資産にシフトしただけです。だからいずれ家計部は政府部にお金を返さないといけない。誰のものでもない、我々がオーナーである国の問題ですから、自分達の問題は自分達で解決しなければいけないと思います。

 そして国の財政が安定すれば、年金など将来に対する不安が減り、人は安心して消費を始める。それが理想的な展開です。取り敢えず現時点では、予想を大きく下回るGDPと政局から、この理想的な展開は時間調整を余儀なくされるでしょう。ただその時間調整中に、この問題を真正面に捉えて平明に議論していくことが、今後の日本を再デザインしていく上でとても重要なのではないでしょうか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-17 21:00:00

正念場

テーマ:ブログ
 景気は気から、と云いますが、今日発表の7-9月期GDPは予想外の悪さで、その内訳を見ると、人々の気持ちの部分がちょっと萎えてしまったような結果に見えます。個人消費や設備投資が伸びないのは、文字通り個人や、企業の投資判断をする最終主体である経営者などの個人の気持ちが、アベノミクスの中で今ひとつ吹っ切れていないのでしょう。私は二日酔いのことを気にしながら酒を飲んだりはしませんが、国全体の気持ちとしては、一気に酔っ払い気分で進んでいくことに不安を感じたのでしょうか。

 思うに日本社会の構造は大きなピラミッド型をしており、即ち大企業の下に一次下請け、二次下請け・・・、のような構造となっており、経済対策をしても上から順番に燃料がまわっていき、大構造の隅々にまで燃料が行きわたるには時間が掛かります。今の日本は、このシャンパンタワーのような構造の中で、上半分、或いは上三分の一くらいまでシャンパンがまわった状態であり、全体の気持ちが吹っ切れるまでにはもう少し時間が掛かる状態でしょうか。

 アベノミクス、今が正念場かも知れません。私たちとしては、急に全てについての評価を変えるのではなく、時間が掛かることもあるので、この正念場を乗り切るように願い、そして自らが行動をしていくことでしょうか。しかしその為には明るい未来をもっと提示してくれた方がいいですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-11-14 21:00:00

冬の始め

テーマ:ブログ
 昨日、一連のミーティングが終わった後に、私はひとり同僚達と離れグランドセントラルに足早に向かい、久し振りにメトロカードを買って地下鉄に乗り、ユニオンスクエアで降りて友人のアパートを訪ねました。ソファに座り、リラックスして、色々なことを軽い感じで2時間ほど話しました。ただそれだけのこと。しかしとっても上質な時間でした。考えてみるともう24年の付き合いになるのか。軽い感じでお互いに話すのですが、実はかなり深い内容の話をします。不思議な距離感を持ち続けてきたこの関係を、私はとても大切にしています。

 昨日のニューヨークはやたら暖かい天気で、アパートから出てユニオンスクエアの前でまた違う友人を待ったのですが、爽やかな空気が流れていました。しかし一夜明けると、ニューヨークに冬が来ていました。今までも既に今日より寒い日もあったことでしょう。しかし誰もが自然と、冬が来たことを確信していました。季節とは不思議なものです。

 ニューヨークには様々な思い出がありますが、やはり冬のニューヨークが一番厳しいけれども、一番素敵な気がします。秋の最後、もしくは冬の始めの友人との会話の雰囲気を、きっといつまでも憶えていることでしょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース