1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-10-31 21:00:00

追加緩和とハロウィーン

テーマ:ブログ
 今日はハロウィーンとのつぶやきを書き終えた瞬間に、日銀が追加緩和を決定し発表しました。ハロウィーンはケルト人の大晦日ですが、日銀はかつて大納会の日に公定歩合を引き下げたこともあるし、そんな日の巡り合わせなのかも知れません。

 GPIFも日本株の運用比率を大幅に増やして25%とするようですし、日銀の追加緩和は、政策委員の間では、社外取締役的な外部からの委員には反対も多かったようですが、執行部が強い意志を持って通したようで、デフレマインドからの脱却を担保するために敢えて追加緩和を断行し、かつ2%の物価安定の目標の実現のためにはこれからも必要な調整をしていくとのメッセージ入りで、政府執行部全体の強いコミットメントを感じます。JPX日経400に連動するETFも買いますとのオマケ付きで、とにかく徹底しています。

 片や太平洋対岸の国では、中央銀行による債券買い入れプログラムは終了し、あとはいつ金利を上げるかというフェーズに入ったことを昨日確認発表したばかりですから、当然ドルは円に対して暫くずっと強くなるでしょう。日米のあうんの呼吸の連携までも想像させるような状況で、当然日銀と政府もしっかりと様々なアジェンダを調整しているでしょうから、これは当然市場に安心感をもたらします。ようやくキターーーッ!って感じですね。いいロング・ウィークエンドになりそうです。あ、月曜日は祝日ですがFXマーケットは開いてますし、当社でもFXのお取引は出来ます。面白いマーケットになるかも知れませんね!

 さて、ハロウィーンについても折角書いたので付け足しておきます。ハロウィーンは上にも書いたようにケルト人の大晦日です。元日が聖人たちの日でハロウズ(ホーリーに近い言葉でしょう)、そしてそのイヴ。ハロウズイヴが訛ってハロウィーンとなったようです。元来の宗教的な意味はさておき、日本では1997年にディズニーランドが、夏の花火とクリスマスの間を埋めるイベントとしてプロモーションしたのがきっかけで、一気に市民権を得ていったようです。東京以外の様子は知りませんが、東京は昔は外資系企業で働く人たちだけの一部コミュニティーに於けるホームパーティだったのが、今では子供から大人まで、更には各街でパレードまで企画されて、日本人はこんなに仮装好きだったのかと驚かされます。国会議員もハロウィーン・パーティ行くのかなぁ。私は行っても全く問題ないと思いますが。

 日本の最大の行事は、ハロウィーンでもクリスマスでもバレンタインデーでもなく、ザ・正月の筈ですが、他国の最大行事日に較べて、例えば中国の旧正月と較べても、消費に繋がるお祭り騒ぎがとっても少ないと思います。大晦日は家でテレビを見て、正月は寝坊して近くの神社に初詣する。或る意味とても質素な風景です。何故だろう?思うに、他国に於いてもかつては宗教的・文化的意味合いが強く、もっと慎ましやかに過ごしていたのではないでしょうか?ところがどの国でも様々な人が移民などで混ざってきて、同時に経済的欲求からも消費を促すお祭りに発展していった。一方日本は移民も少なく伝統をとても長く維持するのに長けているので、昔の過ごし方がそのまま今でも続いている。が、しかし、騒ぎたい欲求もあるので、外来のお祭り日に羽目を外す。そんなとこでしょうか?日本の大晦日と正月も、いずれもっと変わってくるでしょうか?
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-30 21:00:00

風邪の季節

テーマ:ブログ
 クールビズももう終わるし、急にめっきり寒くなってきて、回りでも風邪を引いている人が増えてきました。仕事はとにかく忙しく、風邪を引いている暇はないし、同時にエボラ熱などがあるので、風邪を引くと精神的なストレスも今年は高そうなので、今期はとにかく風邪は絶対引かないとの目標を立てました、今日。

 デスクの回りに二酸化塩素のバリアを作り、アルコール消毒も含めて手をこまめに洗い、人に会ったらうがいをし鼻も洗い、そしてカラダを冷やさないように気を付ける。栄養や睡眠をとるとか、色々な施策を総合的に実施しないといけないと思いますが、風邪は自分のカラダの中からむにゅっと生まれてくるものではなく、やはりウィルス起源であって外部から侵入してくるものなので、外部からの防衛に力点を置くのが本筋でしょう。手洗いうがいがもっとも重要ですかね。忙しいからとかカッコウ悪いとか、或いは今やると失礼かもとか考えて省略しないようにしなければ。

 もうひとつはとにかく風邪の人の近くにいない、風邪の人を近くに寄せないことです。これが一番難しい。これは意志の問題です。手ピカジェルと携帯コップとマスクと、そして強い意志を常に持たねば。皆さんもお気を付け下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-29 21:00:00

クールビズ

テーマ:ブログ
 今週いっぱい、政府指定のクールビズ期間です。私は政府に敬意を表して未だにクールビズをしているのですが、ハッキリ云って寒いです。今週は色々な会合でも、ほとんどの人がネクタイを締めていて、私は浮いてきました。でも今日も中央官庁に行く用事もあるので、クールビズで出社しましたが、ノーネクタイの服の上にコートを羽織りたくなるような天気でした。

 もちろん私は、実は幼稚園生の頃からの完全なるアンチ体制派で、自由に自らの判断で行動することを旨としていますが、クールビズに関しては、御丁寧に「今はクールビズ期間中なのでノーネクタイで来て下さい」みたいなお達しが当社の所属する団体から会合時に来たりするので、真夏は敢えてネクタイをしてそういう会合に行ったり、一方今頃は意地を張ってネクタイを締めなかったりで、暑かったり寒かったり、アンチ体制をやるのも厄介なものです。

 あと3日。風邪を引かないように気を付けて、涼しい顔をしていたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-28 21:00:00

メールその他

テーマ:ブログ
 Eメール、SNS、LINE等など、デジタルに活字でやり取りする手段が多様に多数存在しています。そしてそれぞれに仕事用、プライベート用など様々なアドレス/IDが存在して、もうキリがありません。一番大量に情報やリクエストが雪崩れ込んでくるのは仕事用のメールアドレス宛てですが、どれもこれも絶え間なく大量に飛んできて、かつ返せば返すほどまた戻ってくる特性があるので、放っておいてもせっせと処理しても、結局は大量のメールなどに埋もれてしまいがちです。

 今から15年以上前、まだ前職にいる頃、そしてまだEメールなるものが日本では一般にはそれほど普及していなかった頃、それでも外資系の会社で、東京の社内や取引先に限らず、ニューヨーク、ロンドンなどの世界中の同僚などとやりとりしていて既に大量のメールと格闘していた頃、私は数回意図的に保有メール全てを削除したことがあります。メールの返事が来なければ電話が掛かってくるだろうとの期待が普通にあり得たのでしょう。ブート!と叫びながらボタンを押す時のあの快感。その快感の大きさを忘れられず、何回かやってしまいました。

 しかし今は出来ないですよね。責任の違いもありますが、メールは届いているだろう、読んでいるだろう、返事は来るだろう、返事が来なくても読んだ上で理由があって来ないのだろう、との期待が強いだろうという認識から、その期待を裏切りにくいのでしょう。むぅ、困った。解法はひとつ。メールは必ずしも読んでないとの認識を普及させるか、そもそも流入を制限するか。前者でしょうね。やってんだけどなぁ。誰かいいアイデアがあったら教えて下さい。ま、弱音は吐かずに、週に一回は徹底的に整理します。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-27 21:00:00

季節は巡る

テーマ:ブログ
 ついこの間まで夏だと思っていたら、もう目の前まで冬が来ていました。“暑い”という雰囲気と記憶が減衰すると、“過ごしやすい”ではなくて、いきなり“寒い”という感覚が優勢になるのは何故でしょうか。季節はいつも完了形で来ます。Spring has come. 秋来ぬと・・・。季節の推移を表した名文句は、全て完了形です。確かに暦上は既に霜降(そうこう)に入っており、次の二十四節気は立冬ですから、名実ともに、もう冬の前なのです。

 季節は巡る、マーケットも巡る、何もかもが巡る。人々は何故酒を飲むのだろう、と考える時、酒は巡らない、酒はぶれない、ことを思い出します。酒を飲むと人はぐらぐら頭の中が巡ったりカラダがぶれたりしますけどね。

 景気やマーケットが、ちょっとぐらっとしたら、酒のようにぶれないもの、即ち流動性を投下する必要があるでしょうか。それとも飲めば足が一時的にぐらつくし二日酔いにもなるから、酒は投下しないべきでしょうか。飲めば酔うが楽しくなる、飲まねば辛くて楽しくもないが二日酔いにもならない。難しいところです。但し明らかなのは、パーティにしらふで遅れて参加するのも、パーティの途中で一人だけ飲むのをやめるのも、あまり得策ではないと云うことです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-24 21:00:00

KENランチ

テーマ:ブログ
 KENランチとはなんでしょう?これは当社H君の命名なのですが、"K"atakana "EN"glish ランチのことです。カタカナ英語については、3ヶ月ほど前にこのつぶやきで書きましたが、ブロークン・イングリッシュ、グローッビシュを超えて、「英語なんてカタカナでも大きな声で話し切ってしまえば85%ぐらい通じるさ」と云う私の発想です。カタカナ英語ナイト、カタカナ英語ランチなどをH君に複数回仕切らせて来たのですが、その中で、このKENランチと云う名前が生まれたとのこと。なーるほど。これは中々いい。

 KENナイトとKENランチには、既に50人近くが参加したみたいなので、KEN総会でも開いて、陽気でちょっと変わったイベントでもしてみようかなと思います。当社グループの、或いは私の、グローバル・ヴィジョンはまだまだ道半ば。いや、まだ良くて三合目程度でしょう。覚えやすい名前のKENランチやKENナイトを増やしながら、更に前進していきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-23 21:00:00

エボラ 再び

テーマ:ブログ
 エボラ熱感染者が、色々なところで確認されています。ブリュッセルからニューアーク(ニューヨークの横にある空港)に向かう飛行機の中で発熱し、エボラ熱感染だろうと云うことで病院に搬送されたとか、中国の広東省でも数十人のエボラ熱感染者が確認されたとか、WHOがエボラ熱による死者が約5000人に上ると発表したが実数は恐らくその3倍になるだろうとか、とにかく嫌な感じです。

 社会は恐らく過剰反応していると思われるので、このネタでマーケットが売られたら買い場がある気がしますが、即ちリスクを取りたくなりますが、一方で自分と云う生命個体に関しては、敢えてリスクを取る気はしません。同じ題材でも、主体によって、行動原理が変わることは当然あり得るのです。しかし個人の集合がマーケットになるので、やはりこう云うところにトレーディングの機会も生まれるのでしょう。どうしてもマーケットに話を結びつけてしまうのですが、逆に云うとマーケットから見えることもいっぱいありそうですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-22 21:00:00

15周年

テーマ:ブログ
 今年はマネックスにとって創立15周年になります。それは即ち、我が国に於ける株式委託売買手数料の完全自由化から15周年であり、当社の良きライバルであるオンライン証券数社にとっても15周年となります。先月4日のつぶやきに書いたとおり、「未来をつむぐ」という記念誌を作り、社員や関係者に配りました。そして今回、広く当社のお客様や、マネックスグループの株主の皆さまにも見て頂こうと思い、マネックスグループのホームページ上で、PDFファイルで閲覧したりダウンロード出来るようにしました。「2014年、マネックス創業15年目の年に、1999年から2014年までの15年間の軌跡を振返り、MONEXという企業の人格をご理解いただけるように記念誌を作成しました。」と紹介させて頂いております。未来は過去より常に長い。過去を懐かしむのではなく、未来に向かって走るために、私たちの性格を多くの方々に分かってもらおうと考えて作りました。もしよろしかったらご覧下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-21 21:00:00

大先輩

テーマ:ブログ
 昨晩、大先輩と久し振りに食事をしました。ありがたいことに、奢って頂きました。しかしもちろん何が一番ありがたいかと云えば、それは奢って頂いたことではなくて、時間を割いて食事をし話をする時間を持ってくれたことです。

 鳥のインプリンティング(刷り込み)のように、社会人になってから数年のうちに出会った大先輩方の中に片手ほどの数名だけ、私にとって未だに影響力が甚大で、会うと緊張し、集中してその全発言に耳を傾ける方々がいます。永遠の大ボスとでもいいましょうか。昨日の大先輩はそのうちのひとりです。

 再確認したことは、働くことの尊さと継続することの大切さであり、そして継続するための仕組みについての私なりの仮説です。暫く丁寧に噛み砕いて消化したいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014-10-20 21:00:00

政治資金アプリ

テーマ:ブログ
 今の時代、色々なことが、スマホのアプリで対応できます。家計簿なども、スマホアプリでどんどん自動化・便利化が進んでいます。スマホアプリまで行かなくとも、○○奉行とか○○大臣などのPCソフトウェアで、それなりの規模の企業の経理処理でも網羅的に管理できるようになっています。しかも昔と違って、大きな需要がないニッチな需要にも、多くのタダのアプリやフリーソフトがあるものです。どなたかがFacebookかNewsPicksでつぶやかれていましたが、政治資金アプリか政治資金ソフトでも出来ればいいのにと、私も本当に思います。間違いを減らし、なくし、かつ本人たちも政敵たちも本来の職務に集中できる。早くそんなのできないですかね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース