1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013-02-28 21:00:00

今日は昨日と違う

テーマ:ブログ
 今日のつぶやきの基本的なテーマは、松井孝典さんの本からの受け売りではありますが、今日が昨日と同じだったら人は自分や社会のことを考察しません。何も変わらなかったら、何も悩まない訳です。昨日と今日が違うから、ではもっと昔はどうだったのだろう、起源は、本質は何なのだろう、と考える訳です。今日は昨日と違うから、例えば季節が変わるから、種を蒔く時期を考えるし、例えば天気が変わるから、灌漑とかそういうことも考えた訳でしょう。

 今日は昨日と違うこと、それは人が考える、即ち人が人であるキッカケであり、原因ではないでしょうか。今日は昨日と違うことは斯くも重大なことだと思います。デフレ期は今日は昨日と変わりません。変わることは自らが老いることだけであり、興味は健康などに向かいます。インフレ期は今日は昨日と違うから、興味は社会に向き、マーケットに向きます。デフレ脱却は我々に前頭葉を使わせます。アベノミクスの最大の効果はここにあると、私は思い、少なくとも私はそう取り組んでいこうと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-27 21:00:00

偏食

テーマ:ブログ
 私は嫌いな食べ物はありませんが、好きな食べ物が大好きで、その結果若干の偏食になります。朝ご飯もほとんど定番だし、昼はほとんどお蕎麦、夜食べるものもお店からしてかなり固定しているのでそうなります。いわゆる食べ物の好き嫌いはないのに、あるものが好きすぎて偏ってしまうという、そんなパターンです。従来、食べるものと人付き合いは似ていると考えていて、このような偏り傾向は一般によろしくありません。偏りはリスクを減らす効用もありますが(特に人付き合い)、ポジティブな効用も減らす恐れがあります。投資とは別の類か。偏食よりは雑食の方が丈夫になりそうだし、ちょっと見直しを入れようかな。今年は何事も前向きをテーマにしたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-26 21:00:00

あるてん

テーマ:ブログ
 報道によると大阪の老舗酒造会社が醸造アルコールを混ぜながら「純米大吟醸」などと偽って出荷していた疑いがあるとのこと。これはなんたることか!創業凡そ300年の老舗とのことですが、言語道断とはこのことです。

 私は純米酒が好きです。純米酒は水と米と米麹だけで作られ、醸造アルコールを混ぜることは許されていません。純米だろうが純米吟醸だろうが純米大吟醸だろうが、純米と書く以上は醸造アルコールは入れられないのがルールです。逆に純米と付いていなければ必ず醸造アルコールが入っています。醸造アルコール入りはあるてん(=アル添=アルコール添加)と呼ばれ、純米飲みの間では嫌われます。私は基本純米しか飲みません。美味しいし、スッキリしているし、翌日に残らないし。

 以前ある有名そば屋で、メニューに純米と書いてあるのを頼んで飲んでみると一口で怪しい、即ち純米ではないのではないかと感じ、店の人に瓶を持ってきてもらったら果たして純米ではなく、指摘をしたらそうなんですかと云われて閉口したことがあります。これは開き直られたのかも知れませんが、そもそも純米ルールを知らなかった感じもあり、かなり呆れました。今回の大阪の酒造会社の社長も、「味がほとんど変わらないので、その場しのぎでやってしまった。反省している」と云ってるそうで、味が変わらない訳ないじゃないか!流石にお酒を造る人は(杜氏など)ちゃんと味の違いは分かるでしょう。となると味の分からない社長の横暴か。イカンです。これはアカンです。杜氏は声を上げたが潰されたか。内部統制、ガバナンスの問題でしょうか。

 「人は自分のモノサシでしか測れない」と云いますが、味覚をナメてはいけませんね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-25 21:00:00

空の色

テーマ:ブログ
 今朝の東京の空は普段より濃い青色でした。雲も全くなく、正月の空のようでした。理屈で考えると、空が青いのは空気中の小さな塵に波長の短い青色の光がぶつかって空の中に散らかり青く見えるので、全く塵がなければ昼でも宇宙空間のように暗くなる筈です。実際本の中で見るセイシェルなどの空は、海の色よりもずっと濃い色をしています。今朝はとても寒かったので、寒気が流れ込んで雲や塵を吹き飛ばし、濃い色になったのでしょうか。世間的には日銀の総裁・副総裁人事案が発表され、実務と理論、国際社会での立ち回りなど、良く練られた組み合わせで、こちらも頭をさえぎるものが少ない感じを持ちました。日本経済も株式市場も、天を抜くように元気になっていって欲しいですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-22 21:00:00

春遠からじ

テーマ:ブログ
 二十四節気では今は雨水(うすい)。立春と啓蟄の間です。「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」、今年は東京でも雪が何度か降りましたが、三日前に降ったのが一応最後になるでしょうか。

 今週末は未だ二月ですが、来週末はもう三月、桃の節供です。来週末になれば名実共に春なので、春じゃないけど春が近付いてきていることを街中に探すには、もうこの週末しかないでしょうか。梅とか沈丁花とか。或いは張っているけど未だ飛び出していない蕾未満とか。或いは鮨ネタや貝も、この季節はめまぐるしく変わります。

 冬はゆっくり来ますが春は突然来る気がするので、この週末から来週末までは、とにかく小さい春を積極的に探そうと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-21 21:00:00

今が買い時

テーマ:ブログ
 アベノミクスによる緩やかなインフレ・ターゲット。果たしていつそれは起きてくるのか考えてみました。円安効果とインフレ期待で御存知のように株価はかなりあがりました。不動産も、売り手が手を引っ込めているのでしょう、気配値は上昇しているように見えます。このように資産インフレは既に起きているように見えますが、円安によるガソリンの値上げなどを除くと、まだ物価は上がってきてないように見えます。恐らく4月からあがってくるのではないでしょうか?

 例えばクルマ。各ディーラーは年度内目標があるので、3月一杯までは値段は上げない、むしろ値引くケースもあるようです。どの企業にも予算という仕組みがあり、予算年度はたいてい4月から3月までですから、今現在値段を変えるところは少ないでしょう。今の円安効果で元気の出てきている会社も、例えば広告予算を増やすのは4月の新年度からでしょう。ですから4月から色々な風景が変わってくるのではないでしょうか。そうするとまた資産価格にも影響が出るでしょう。もちろん見込み違いかも知れません。しかし色々なモノの買い時がこの3月末までである可能性は高いのではないでしょうか。

 若干希望的観測も含まれていますが、そんなことを思う今日この頃です。やっぱりデフレ脱却ってダイナミズムがあって楽しいですね!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-20 21:00:00

そば屋

テーマ:ブログ
 神田のやぶそばで火事が起きました。そしてそれがNHKでも大々的にニュースとして流れたようです。私はそばが大好きだし、やぶ系よりは砂場系の方が好きではあるのですが、神田のやぶは愛着もあり、あの味と雰囲気と再現できるのか心配です。

 しかしそば屋の火事が国営(的)放送でトップニュースとして扱われるのはオドロキではあります。ロンドンのフィッシュアンドチップス屋で火が出ても、BBCで大きく報道されるでしょうか?スパゲティ屋さんが火事になり、イタリア国営放送(ってあるか知りませんが)でトップニュースになるでしょうか。日本人はやはりそばが大好きなのでしょう。或いは古い建物だったからでしょうか?しかし関東大震災後に建て直されているとのことなので100年は経っていません。

 まぐろなどの食材、フェラーリなどの工芸品、経営者なる人材、世界の各国はどの材にキロあたり単価を多く払うかを計算したことがあります。そのことにどれだけ科学的な意味があるかどうかは別として、食材は断トツに日本が高く、工芸品はヨーロッパ、経営者はアメリカが高い、という結論に至ったことを思い出しました(2004年1月7日つぶやき<目方>参照)。みんな美味しいおそばが食べたいのです。早い再建を期待したいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-19 21:00:00

face to face

テーマ:ブログ
 マネックスグループは世界12拠点にオフィスがあり、社員も約7割が日本でないところにいますので、顔を合わせないコミュニケーションが多く、またそれでも問題ないコミュニケーションにならないと仕事になりません。一々出張したりさせていたら効率も悪いしコストも掛かるからです。しかしやはり人間のことなので、メールよりも電話、電話よりもビデオ、そしてビデオよりも顔を合わせるコミュニケーションの方が良いコミュニケーションになります。

 良いコミュニケーションとは何か?コミュニケーションはこちらの主張を伝えることではなくて、相手にこちらの望む行動を起こしてもらうことだと私は定義しているので、行動を起こしてもらうためには相手がどのように理解しているか、感じているかを捉えることが肝要で、これは顔色を読むなどとも云いますが、相手の様子を知ることが大きな手掛かりとなります。メールでは感情を隠し得る、或いは誇張しすぎたりしてしまう場合がある。電話もメールほどではないが同様。ビデオにも限界がある。そしてやはり時に応じて face to face で、顔を合わせて話さねばならないことが起きるのです。顔見なくても分かり合える仲になっていたつもりでも、やはり顔色を見た方がいいこともあります。電話じゃ一緒にお酒も飲めませんしね。

 今年もそれなりの出張をしていくことになりそうです。マーケットも仕事も忙しいのはいいことです!頑張ろうっと。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-18 21:00:00

ベルトがない

テーマ:ブログ
 私はたまにベルトをし忘れます。今日も忘れました。これはなんとも気持ちが悪い。「ゆるふん」なる言葉がありますが、ベルトがないのは何と云うのでしょう。ノーベル?これでは山中教授に怒られそうです。混同を避けるためにノンベルとでも呼びましょうか。ノンベルでも出掛けられると云うのは、そもそも体型が一定の形を留めているからで、誰でもノンベルが可能な訳ではないのです。えっへん。

 しかし考えてみるとこのベルトなる代物は意味不明のものです。極めて原始的な構造。なんで未だに存在するのか良く分からない。しかしこれがないと落ち着かない。これは刷り込みによるものでしょうか?それとも男は知らず知らずのうちにマゾ的感覚に慣れてしまい、締め付けられる、どこか違和感がないと逆に違和感を覚えるようになってしまったのでしょうか?

 昔はベルトは様々なものを固定するために使われてきたように思われますが、現代の製品製造技術の中では不要の長物になり、飾りとして残ってきているように思われます。しかし男のズボンのベルトだけは、未だにこれがないと機能しない場合もあります。必要は発明の母であると云いますが、男は怠慢なのでしょう。或いはあの革製の無骨な構造の中に、男は未だに何かしらのノスタルジアを感じるのか。

 あー、今日はノンベルのせいか考えがだらしなく彷徨っています。ベルト偉大なり。明日は忘れないようにしよう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-02-15 21:00:00

キリがない

テーマ:ブログ
 私の仕事にはキリがありません。これは能力の問題なのか性格の問題なのか。自分の問題なのか環境の問題なのか。いいことなのか悪いことなのか。現象として、私の仕事にはキリがないのです。いつからこうなったのだろう?みんなそうなのかな?私の仕事にキリがないのは、かなり早期からです。もしかしたら就職直後からかも知れません。私の人生が常にキリがなかった訳ではなく、例えば昔も今も勉強にはキリがありまくりです。遊びにはキリがあったかなぁ?お酒にはキリがない。要は好きなことにはキリがない性格なのですね。ということは仕事が好きということか。不正解ではない。素直に云えば正解。キリをなくしてしまった方が好きになれると云うのもあるかも知れません。このつぶやきもキリがないなぁ。そこまで好きなのかなぁ。案外苦しみながら書いてるけどなぁ。そんなことをぶつぶつと思いつつも、仕事の一部だからやっぱりキリがないんでしょうね。どうしようもないつぶやきで失礼しました。良い週末をお過ごし下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース