1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-01-31 21:00:59

個人投資家の声

テーマ:ブログ
 御存知の方も多いと思いますが、大手ネット証券3社で年末・年始に「個人投資家 株式市場活性化アンケート」なるものをさせて頂き、その結果を本日発表させて頂きました。詳細はホームページで御確認頂きたいのですが、公募増資における不正取引の監視・罰則の強化を始め、受渡ルールの改善、証券税制上の諸問題の改善など、多くの声が寄せられました。私たちはこれらを責任を持って金融庁や証券業協会、取引所などに説明していきます。

 主役はお客様であるのに、金融の世界ではお客様、即ち個人投資家の方々の声がしっかりとルール・メーカーによって理解・消化されていないケースが散見されてきました。ネット証券が起こした変化は、取引の便利性を上げた、或いはこれからも上げていくだけではなく、このように主役の声をまとめて、そして伝えられるようになったことだとも考えています。まだまだ努力は足りていません。しっかりと結果に繋げていけるように、これからも頑張って参ります。(尚、本日マネックスグループ(株)は第3四半期の業績発表を行いました。こちらも上記ホームページで御確認頂けます)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-30 21:00:01

ダボス感想

テーマ:ブログ
 帰国いたしました。明日はマネックスグループの取締役会、第3四半期業績発表、夜は海外機関投資家向けに23時からコンフェランス・コールなど大忙しです。結局世界中どこにいても忙しいのは変わらないですね。

 さて、ダボス会議の感想を簡潔に。11年前から8年前まで参加していて、今回は8年ぶりの参加だった訳ですが、以前と比べるとつまらないと云っては云い過ぎですが、受ける刺激が減少しました。これには3つの原因が考えられます。1)私の経験・知識が以前より増えた。2)私の感受性が落ちた。3)会議が実際つまらなくなった。~どれかひとつではなく、これらが混ざっているのでしょうね。

 2)の問題は気を付けなければいけません。感受性だけでなく、「どうせ分かってるよ」と云う不遜な気持ちがあるのかも知れません。でも1)か3)の理由かも知れない。決めつけずに、柔軟に、前向きに、何事にも取り組んでいきます。今日は前向きに早寝しようっと!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-27 21:00:18

規模による変化

テーマ:ブログ
 ダボス会議は、やはり大きくなったという印象があります。会場が増築されている。人数が多い。それに応じて様々なシステムも変更されています。セキュリティーとか、セッションの数とか。しかし人数が増えたことによる決定的な違いは、各セッションの在り方が変わったことでしょう。

 ひとつひとつのセッションは、部屋に100から150人程度が入り、前方で3~5人ぐらいが3~4割の時間パネルディスカッションをして、残りの6~7割はフロア(聴いている人)との質疑応答・ディスカッション、と云うフォーマットは変わらないのですが、恐らく全体の人数が大きく増えたために、それは来る人の幅が広がったと同時に、各テーマを理解する或いは問題意識を持つ深さにも幅が出て、パネルとフロアの構成員の議論に取り組める資質に、以前より差が開いた様に思われます。”フロアとのディスカッション”と云うよりも、”フロアがパネルに質問して答えを聞く”と云うような感じが強くなっていました。

 これを直すのは中々難しい問題で、一方規模を維持するためには致し方ないことなのかも知れません。或いは敢えてこのような変化を受け入れ、クラブ的な会議からの脱却をしている(或いは果たした)のかも知れません。もう少し観察したいと思います。

Blogの読者様向けに、Davosの写真を幾つか公開してみました。
松本大のつぶやき/マネックス証券
松本大のつぶやき/マネックス証券
松本大のつぶやき/マネックス証券
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-26 21:00:01

少数派

テーマ:ブログ
 ダボスにいます。相変わらず時間がメチャクチャですが、所々細切れで睡眠を取ってなんとか凌いでいます。今日は日中いくつものセッションや、ランチョン/ディナー・セッションなどにも出ましたが、これらのセッションに共通することは、客観的に分析すると、変な話ですが、参加している日本人が私一人だったと云うことです。

 今回のダボス会議にはかなりの人が日本から来ているので、絶対的な密度の低さと云うよりも、私が他の方々と全く違う趣味でセッションを選んでいると云うことなのでしょう。それがいいことか悪いことかは知りません。私は昔から少数派なのです。

 金融・経済のセッションから、ネットワーク系、脳科学のような科学系まで、テーマの範囲はかなり広いのですが、私には科学系が一番刺激になります。金融は良く知っているので新しい刺激が少ないのと、そもそもイノベーションが滞っている感じがします。しかし会議はまだ始まったばかりです。先入観を持たないで臨んでいきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-25 21:00:32

睡眠

テーマ:ブログ
 さて、ダボスに着いたのですが、早くも深夜に東京との電話会議があり、時間がメチャクチャになっています。時間がメチャクチャになることよりも、絶対睡眠時間が短くなっていくことがポイントです。理屈で考えてこれで持つ筈がない。昼間か夜かは知らずも、細切れでも、睡眠を取らないとイカンですね。

 思うに、寝る能力は、知的労働者にとっても、アスリートにとっても、重要な能力のように思えます。特に色々な意味で”パフォーム”することが要求されている人にとっては、極めて重要です。私は食べないと全く機能できないが寝不足でも機能できるタイプ、と自負してきましたが、理論的にパフォーマンスは落ちる筈で、もっと真剣に寝たいと思います。というか寝る時間を確保できるように仕事を組み立て直すことが重要なんでしょうねぇ。ここで「分かっちゃぁいるがやめられない」と開き直ると進化がないので、前進します。寝ようっと♪
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-24 21:00:22

国際会議

テーマ:ブログ
 久し振りに、中国以外で開かれる国際会議に出席します。2001年から2004年まではダボス会議、2005年と2006年はクリントン会議(@NY)に出て以来ですから、実に5年半ぶりでしょうか。随分と離れてしまったものです。一方その間、中国での会議には多く出席してきたので、それだけフォーカスがシフトしていたのでしょう。

 今回は8年ぶりのダボス会議ですが、当社グループはこの1年間で強烈にグローバル化したので(グループ収益の約4割が海外、グループ人員の約7割が海外勤務)、そしてまたグループが目指すビジネス展開の領域も一気にグローバル化したので、世界で何が本当は問題となっているのか、世界の企業の最前線(これはビジネスだけでなく、労働環境や文化的な面も含めて)、そういったものを実感として学ぼうと考え、また様々なネットワークを久し振りにメンテナンスしようと考え、久し振りに出席することにしました。

 会議中は朝から深夜まで予定がびっしりなのですが、とはいえ東京にいるよりは時間に余裕を作ることも出来ると考えており、色々と思考も巡らしたいと思っています。東京は昨晩の大雪で、出発前からダボスのようですが、有意義に時間を使ってきます。明日から現地で気付いたことなども織り交ぜてつぶやきを書きたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-23 21:00:35

小説

テーマ:ブログ
 週末に本屋で、新しい友人を探し求めるように、平積みにされている本を見ていました。今私が一番好きな小説家は、こうやって全く事前の情報なしに本屋さんで出会ったのがきっかけなものですから、柳の下にどじょうが二匹ではありませんが、よくこのように、まるで通りで人の物色をするように、本屋さんでぷらぷらします。

 今回手に取ったのは爆笑問題・太田光さんの「文明の子」。出たばかりの小説で、まだ読み始めたばかりですが、中々面白い。昔懐かしい星新一さんのボッコちゃんを彷彿とさせるような小説です。但しボッコちゃんは1958年発表、なんと54年前の作品ですから、星新一さんの想像力には脱帽するしかありません。しかし私が気になるのはその点ではなく、小説を書く人は一体どのような精神構造をしているのかということです。

 太田光さんはコメディアンですが、あのような仕事をしながら並行して頭の中では小説のねたを考えているのでしょうか。小説はねただけが重要なのではなく、もちろん表現方法や細かい言葉の選び方、筆致がとても重要です。そしてそのような中で表現される、話しぶりと書きぶりが大きく違う小説家の方は多くいます。何故でしょう?頭の中に、全く別のひとりがいるのでしょうか?

 私は同じ人が書いたものでも、エッセイよりも小説が好きです。それはエッセイは本人と同じ人格が滲み出ているのですが、それだけに逆に隠している部分があるようでもあり、一方小説は別人格であるが故に、逆にそのひとのたちや考え方が、自由に垣間見られる気がして、そこが楽しいのだと思います。「文明の子」も、そんな考えを持ちながら、楽しんで読みたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-20 21:00:04

コダック

テーマ:ブログ
 アメリカのコダックが破綻したとのこと。時の流れを感じます。そして「変化」することの大切さをまざまざと見せつけられた気がします。コダックは云わずと知れた写真フィルムの名門・世界最大メーカーでした。

 私は幼稚園生の頃からダークバッグに手を突っ込んで黒白フィルムの現像をしていたカメラ小僧(もしくは写真小僧)ですから、コダックには大きな馴染みがありますし、そこはかとない感慨があります。どれだけの長さのトライXを自分で現像したでしょうか。フィルムは物理的な立体構造物で、現像の終わった黒白フィルムの裏面を見ると、グレースケールの大小によって高さが微妙に違い、例えば建物を撮ると、フィルムの上にとても薄く、しかし確かに立体的に、建物が建っているように見えたりします。形あるものは壊れる。この立体構造物が微妙に崩れると、それから映し出されるものやプリントしたものにも、或る程度の風化感が出て、それが味になります(と、私は理解しています)。

 私の友人のTM氏は、日本を代表する写真芸術家の一人ですが、彼にフィルムの現像を教えたのは何を隠そう私です。高校の時、写真部部長で彼は会計でしたが、何故か私は金融の道に進み、彼は写真の道を貫きました。彼は恐ろしく解像度の高い、8x10(エイト・バイ・テン)などの黒白フィルム写真を芸風としていましたが、科学にも明るい彼は、環境問題などの観点から銀塩フィルムの廃れ行く未来を推測し、自らその写真芸術を表現するための手段を、銀塩モノクロから違うメディアに移していきました。慧眼であり、科学的であり、優れた決断力と勇気と云えるでしょう。コダックにはそれがなかった。

 しかし何事にも遅すぎると云うことはない筈です。今日はこれからの全ての未来の初日です。コダックの復活を期待したいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-19 21:00:58

46vs48

テーマ:ブログ
 乃木坂46。「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」で、AKB48のライバルとして、AKB48のプロデューサーである秋元康さん自身によってプロデュースされたチームとのこと。歌う曲は「会いたかったかもしれない」。う~ん、凄い。自ら対立軸を作ってプロデュースする。秋元さんの商才には感嘆します。

 48はいくつもありますが、メンバーが多いので個人に依存するリスクも低いし、色々な地域に横展開できるし(海外にもあります)、加えて対立軸を自作自演するなど、政治的な才能もあられるのではないでしょうか。そういえば総選挙も演出するし。我が国の本当の総選挙も、人気投票やジャンケンよりも意味のあるものにしないとイカンですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-01-18 21:00:13

物理学

テーマ:ブログ
 今日は、元々物理学を専攻した経済学者に会う機会がありました。まだ完全に理解していないのですが、とても面白い理論を説明してくれました。因みにチリ人。私の前職に於ける師匠も元々物理学専攻です。因みにアメリカ人。

 私は物理大好き少年でしたが、高校の時に諦めてしまいました。以来自堕落な文系人になってしまいました。最近では不確定性原理の欠陥が見つかったとする研究の発表を新聞で読み、量子論が根底から覆る可能性があるとのことで興味津々なのですが、いかんせん理解がついていきません。人生の大きな後悔のひとつは、物理をもっと勉強しなかったことです。ま、今更そんなことを云ってもしょうがない。

 今日会った彼は、かなり厚い(英語の)本を置いていきました。頑張って読んでみようっと。枕になりそうな大きさなのですが。。。小説よりも寝際の読書にいいかも知れません。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース