1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-07-31 21:00:37

電波時計

テーマ:ブログ
 私の周りには電波時計が随分あります。

 今から15年ほど前に個人が買える電波時計が売られ始めた時は、興奮して(確か)ドイツ製の腕時計を買い、喜んで実際に付けて使い、会う人に自慢して見せていた記憶があります。あの頃は電波時計は特別な存在でした。売られている種類が限定的でしたし、完全に正確な時を刻む時計もあまりありませんでした。

 今は随分事情が変わったものです。多くの種類の電波時計が売られ、一方携帯電話でも正確な時刻に同期して表示する時代になりました。そうして電波時計は一般化しました。私の枕元の目覚まし時計は電波時計です。そして電波時計のアラームと、携帯電話のアラームが、毎日全く同時に鳴り出します。技術の進歩は素晴らしい!また、会社の会議室には、時間通りに会議が終えられるように、大きめの時計がホワイトボードにでん!と貼ってあります。これがどの部屋も同じもので、かつ電波時計です。

 或る日、二つの会議室をくっつけて利用した際に、時計も二つ偶々同じホワイトボードに貼られてビックリ。電波時計なのに、違う時間を指しているのです。良く見たらどの時計もバラバラでした。故障でしょうか?

 今日或る会社にお邪魔したら、通された会議室に同じ電波時計が掛けてありました。時刻は正しい時刻より5分進んでおり、会議が終わる時にその旨を会社の人に伝えると、今まで気が付かなかったとのことで「電波時計なのに。(外国製なので)やはり日本製でないとダメか」などと仰いました。

 その後訪れた違う会社にも、同じ電波時計が3つ掛かっていました。これは東京・ロンドン・ニューヨークの時刻を示すためです。「この時計合ってないでしょ?」と聞くと、「東京は合ってます。電波時計ですから。ロンドン・ニューヨークは手動で調整しないといけないのでずれてきますが」とのこと。

 え?!ちゃんとセッティングすれば正しく機能するとのこと。要は技術の問題ではなく、使い方の問題だったのです。やはり人は先ず自分が間違っていると考えないといけないようですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-30 21:00:52

注意の裂け目

テーマ:ブログ
 うっかりすることがあります。

 確か中学一年生の国語の時間に読まされた文章の中に、”注意の裂け目”と云うフレーズがあったと思います。30年以上前に読んだものなので記憶が定かではありませんが、三河島事故を例にとって、人が誤認や錯覚・思い込みをすることについて書かれた文章だったと思います。但し、論旨が何であったかは覚えていません。

 「注意」と「裂け目」と云う二つの言葉のコンビネーションが新鮮で、妙に強い印象が焼き付きました。
 
 最近私や私の周りでも、珍しく注意の裂け目が連続して起こりました。他愛のない日常生活の中のことなので全然問題はないのですが、万が一クセになるといけません。注意の裂け目は注意すれば回避できるものではないのだと思うのですが、さはさりながら気を付けたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-29 21:00:19

対立軸

テーマ:ブログ
 世間では衆議院議員総選挙に向けて、色々と政策が発表されているようですが、私にはその差があまり見えてきません。消費税に関するスタンスは違うのかも知れませんが、今に至っては消費税のアップなしで財政再建が出来ると本気で思っている人など、政治家にも有権者にもいない(少ない)でしょうから、結局は見え方・聞こえ方の違いのようにも思えます。

 視聴率を気にしてテレビのコンテンツがバラエティだらけになっていったように、とにかく得票することを優先に考えているようで、あらゆる層に(正確には有効投票数が多い層に加重した形で)アピールする政策を作ろうとしており、それは全部やりますと書いてあるビジネスプランのようで、悪い点もないけどいい点もない気がします。要はメリハリがないのです。

 それよりもきちんとした対立軸を作って、選択肢を国民に提供して欲しいと思います。以前にも書いた若者・次世代の利益を代弁する若者党アイデアに限らず、資本主義党とか、いっそのこと市場原理主義党とか、そんなものでも出来た方がスッキリします。政権交代がスローガンの党vs.政権維持が至上課題の党。なんかどこかがおかしいと思うのは私だけでしょうか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-28 21:00:06

土用と水

テーマ:ブログ
 どうも夏バテに近い感覚があるので考えてみると、やはり土用の時期でした。

 土用と云えば丑の日の鰻。平賀源内が考え出した、鰻屋さんの夏枯れ対策用のキャッチコピーであり、かつ、みんなの夏バテ対策です。私の過去のつぶやきを繙(ひもと)いてみても、必ずこの時期に若干の弱音を上げています。季節の巡りと体内時計は、とても正確です。

 今年の土用はまだ鰻を食べていないのですが、代わりに穴子でも食べてみようかなと。蒲焼きの如く煮て焼いて供ダレするもヨシ、鱧のような湯引きで梅肉付けるもヨシ、そして日干しを焼くもヨシ。今頃の穴子は、幾通りにも楽しめる美味しいお魚です。

 お酒を控えて穴子でも食べていれば、夏バテなど関係ないのでしょうが、お魚も美味しいし喉が渇くのでお酒が進みがちになります。先ずは水を先制攻撃で多く飲んで、夏バテを乗り切りたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-27 21:00:42

花火好き

テーマ:ブログ
 私は花火が好きです。とは云っても、花火が嫌いな人も、そうはいないでしょう。庭でする小さな花火、二軍に分かれてロケットなどを投げ合うやんちゃな花火(注:もう何十年も昔の話です)、花火大会で見る迫力のある花火、どれも好きです。

 花火には情緒があります。パッと輝いて、うたかたのように散るからでしょうか?或いは暗闇に横顔など一部だけを浮かび上がらせるからでしょうか?海外にも花火はありますが、日本はひとつひとつの製品も大会も、やはり日本らしい情緒に包まれていて、Fireworksと花火は別物だと思います。

 週末は隅田川の花火大会がありました。偶々ひょんなきっかけでおじさん4名が集まり、夏の魚を食すことになっていたので、開始を早めて、食べ終わった後に隅田川に繰り出すことにしました。折角だからと、私は浴衣と雪駄で出掛けました。自作自演ですが、夏らしい気持ちを満喫できました。季節はちゃんと味わいたいものですネ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-24 21:00:05

高速ロボット

テーマ:ブログ
 ロボットが球を投げ、ロボットが打ち返す。そんな野球ロボットの開発に成功したそうです。

 投手ロボットは3本の指を持ち、1秒間に10回も閉じたり開いたりすることが出来、約9割の確率でストライクボールを投げる。一方、打者ロボットは1000分の1秒単位で投手やボールの動きを計測する三次元カメラを持ち、ストライクボールはほぼ10割の確率でバットに当てるそうです。なんとも凄い。今はまだ時速40キロ程度の球なのですが、将来は150キロの球を投げ、変化球も投げ、それを全て同じ場所に打ち返すような投打ロボットを完成させたいとのこと。これは驚愕です。

 しかしスペースシャトルのように、宇宙に反復して往き帰りできる乗り物を作れるぐらいですから、このくらいのことは注力すれば出来て当たり前なのかも知れません。しかし同時に一方で、人間が「見て判断して動く」と云うのは、強烈な量の計算をあたかも量子コンピュータのように並列的に脳が計算し、かつ脳まで行かなくても体の各部位の髄でも同時に作業をしている結果だと(私には)思われるので、そう考えるとやはりこの投打ロボットはかなりのオドロキです。

 STYXのMR.ROBOTOの時代から、ロボット技術は日本のお家芸なのでしょう。カブロボも頑張れ!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-23 21:00:56

また八戸

テーマ:ブログ
 八戸へは相変わらずちょくちょく行ってますが、今日は八戸に行かずして、八戸の方々、八戸と縁のある方々に大勢会うことが出来ました。

 八戸に企業誘致をすることなどを目的としたセミナーが東京で開かれ、私も八戸に進出した企業の一例として、少々講演などをして、微力ながらお手伝いをさせて頂いたのです。市長も市議もいらっしゃいました。300人を超す参加で、活気に溢れていました。

 しかし思うに、縁とは本当に不思議なものです。こんなに八戸と関わることになろうとは。縁が深くなると感受性も変わるもので、先々週八戸に行った時は、オフィスから眺める外の景色がボストン辺りの郊外のように見えました。緯度の高さからか、太陽の光がボストンのようで、それに合わせて自然が造られているからでしょう。

 しかしこれも「あばたもえくぼ」のようなもので、縁と感受性の関係は、人も土地も同じなのかも知れません。「住めば都」と云いますものネ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-22 21:00:46

純正新月

テーマ:ブログ
 今日の皆既日食、残念ながら天気が悪くて、しっかりと観測できなかった地域が多かったようです。

 ところで皆既日食が起きると云うことは、純正なる新月だったと云うことです。太陽と月が綺麗に一直線に並んでいますから、その2つの星(恒星と衛星)の引力が一緒に海水を引っ張るので、皆既日食が見えた(筈の)日本では、大潮になります。

 ウミガメが産卵するのは新月の晩だと、テレビで見たことがあります。引力が卵を引っ張るのか、闇夜が天敵から卵を守るのか。新月や満月は、身近にある不思議な天体現象です。

 安倍総理が辞任したのも、福田総理が辞任したのも、麻生総理が国会を解散したのも、全部ほぼ新月の日です(新月+-1.5日の範囲内)。因みにキャンディーズの解散宣言も大潮の晩でした。

 人も動物も、新月の晩には思い切ったことをするものなのでしょうか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-21 21:00:24

国会解散

テーマ:ブログ
 先週の金曜日のつぶやきは、キャンディーズの解散宣言の話ですが、今日は国会が解散されました。マーケットも反応薄。なんか感動も思想も感じられない解散です。

 与党も与党、野党も野党。政治と云うのは選挙をすることなのかと、思わず国語辞典を引いてしまいました。

 さてこれから40日間、どのような「選挙活動」が行われるのでしょうか。与党も野党もガムシャラに、政権を維持・獲得するための「聞こえのいい」政策を喧伝するのでしょうか。恐らくそれらの多くはカラ手形で、「聞く」ことの出来ない、未だ理解出来ない、或いは未だ生まれていない子供達からの搾取、問題を先送りして彼らに重荷を背負わすだけの施策ばかりである可能性が高いように思えて、私は今から重い気分です。

 しかしそう云う無責任な行動を容認するのも諌めるのも、全て私たち有権者です。目先の甘い汁に騙されていては、カラダを壊すのは私たち自身ですヨネ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-17 21:00:25

解散宣言

テーマ:ブログ
 今日は7月17日。1977年の今日、キャンディーズは日比谷野音(野外音楽堂)で突如「解散宣言」をしました。

 「普通の女の子に戻りたい!」とのセリフは、とても有名になりましたが、その意味は広く誤解されていたと記憶しています。宣言したのも解散であって引退ではないのですが、これも広く誤解されていました。普通の女の子に戻るとは、3人組と云う、小さいけれども一種の「全体」の為に「個」を犠牲にする行為が異常であり、それを人本来の「個」を尊重する正常な状態に戻したい、と云うのが真意だったと思います。

 当時中学2年生だった私は、その考え方にとても共鳴しました。小さい頃から、「全体的」なことが大嫌いだったのです。芸能プロダクションに対する強い自己主張をしたキャンディーズの3人の年令は20そこそこでした。

 それに比べて、最近の状況はどうでしょう?芸能プロダクションに守られ、依存し、グループで行動する。芸能人に限らず、立法府の人まで、いつでもかたまって一緒に動こうとする。なんか子供っぽいですね。困ったもんです。今日はそんなことをふと思ったのでした。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース