1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009-05-29 21:00:20

傍観

テーマ:ブログ
 傍観とは何だろうかと、ふと考えました。色々なものを傍観するケースがありますが、自分自身を傍観する場合もあります。これは客観的に自分を俯瞰していると云う意味ではありません。俯瞰と云うとコントロールするために見ている感じがしますが、傍観の場合はただ単にぼうっと見ているだけです。コントロールしようとか、変えようとか、そう云うエネルギーのない状態です。

 「時」はどうでしょうか。時を傍観すると云う概念があるでしょうか。白秋の「思ひ出」は好きな詩集ですが、一番好きな詩は「時は逝く」です。

 時は逝く。赤き蒸汽の船腹の過ぎゆくごとく、
 穀倉の夕日のほめき、
 黒猫の美くしき耳鳴のごと、
 時は逝く。何時しらず、柔かに陰影してぞゆく。
 時は逝く。赤き蒸汽の船腹の過ぎゆくごとく。

 白秋らしい言葉の美しさと、白秋らしい、ちょっと傍観した哀しさがあります。何を傍観し、何を傍観しないのか。これは本人の意思の問題ですが、本人は意識的に区別してないケースが多いのではないでしょうか。傍観しているものがないか、探してみようと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-28 21:00:54

あじさいとつつじ

テーマ:ブログ
 今朝道端で、あじさいが咲いているのを見ました。毎年今頃、何故か雨の降る朝に、あじさいの花を発見します。晴れた日には空の青と同じなので目立たず、雨空のグレーを背景にし時だけ、ほうっと浮かび上がってくるのでしょう。

 あじさいのすぐ近くに、つつじも咲いていました。あじさいとつつじが、ブルーとピンクが、並んで咲いている。なんか変な感じがします。桃が咲いてから春が来る。春が完全に来てからつつじが咲く。つつじが咲き終わってからあじさいが咲き、あじさいが咲くと梅雨が来る。私の感覚の中では、そう云う順番なのですが、どうも微妙に乱れている気がします。

 そう云えば春の花の咲く順番も、乱れていました。3月16日ののつぶやきにも書いたように、ソメイヨシノ風のサクラとコブシが同時に咲いたり。お鮨屋さんのネタの順番も、明らかに乱れています。どうもこちらの調子が狂うのです。花や鮨ネタで手本引(てほんびき)をされたら、今年は簡単に負けそうです。

 来年は元に戻って欲しいなと。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-27 21:00:44

友人の言葉

テーマ:ブログ
 昨日友人に或る事を云われました。友人とは30年以上の付き合いがあり、まさに知己です。云われた内容は、或る意味で私に関することであり、また性質としては耳に障る内容で、いいことではありません。

 そう云えば30年ほど前にも、やはり彼から或る意味で傷つくことを云われたことがあります。興味深いのは、30年前に云われたことは、もうひとりの知己にも云われたことがあるのです(それは30数年前)。その知己は、私が世の中で2番目に長く知っている人です。

 二人の知己に云われたことは、深く私の心に沈んでいきましたが、その言葉が私にとって座右の銘のようになり、私にいい影響を及ぼしたと、今でも感謝しています。要は云われたようになるまいと努力することが、私にいい結果をもたらしたと思うのです。

 30年を隔てて発せられた昨日の言葉も、同じように大切に抱えていきたいと思います。知己の友人とは、本当に有り難いものです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-26 21:00:10

なれ

テーマ:ブログ
 冷静な分析なのか、もっと情報を持っているのか、或いは単なる慣れなのか。北朝鮮が昨日から核実験をしたり、計5発のミサイルを発射したりしてますが、昨日も今日も、マーケットはいたって平然としています。日本の株式市場も小動き。円・ドルなどの為替もほとんど動きません。驚きなのは、KOSPI(韓国総合株価指数)も昨日-0.2%、本日-2.1%と、大して売られていないことです。

 発射されているミサイルは短距離ミサイルで、射程130キロと云われていますが、ソウルの緯度は北緯37.34度。小学生の計算でも、38度線から50キロ足らずしか離れていないことが分かります。一説では50万発を超えるミサイルが、南向きに配置されているとも云います。これらをどう解釈するか。

 結局は気を惹きたいだけで大したことは出来ない?いざとなれば簡単に制圧出来る?有事は必ずしも株式市場にネガティブでない(ダメージを受ける部分は限定的で、一方経済活動は活発化する)?有事は昔と違って必ずしもドル買いには繋がらない(米政府の財政負担を増やす)?

 マーケットが動かないには、色々な理由が考えられるでしょう。しかしいずれの場合でも、「恐怖に対する慣れ」が、ちょっと強過ぎになっていないでしょうか?或いは、先方は最終的には合理的な行動を取るであろうと、思いこみ過ぎではないでしょうか?

 元が債券トレーダーなので、どうしても偶に心配性が出てしまいます。良くない癖ですね。マーケットは全ての情報を咀嚼(そしゃく)していると仮定すると、私が知らないだけで、実は大したことではないのかも知れません。しかし最低限必要なリスク管理は考えておきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-25 21:00:36

テーマ:ブログ
 昨晩は、随分とうるさく雷が鳴っていました。最近の気象条件の変化、即ち東京では海風が入りにくくなっている為に夕方の空気の冷却が少なく、その結果雷の発生が夕方ではなく夜になったのか、或いはそもそも昨晩の雷は気圧配置の問題であり、いずれにしろ夜に鳴った雷だったのか。中々烈しい色と音と振動を伴って、空気を切り裂いていました。あの様子だと、周辺にもいくつか落ちた感じです。

 古今集には、読み人知らずの有名な歌があります。

 「天の原 ふみとどろかし なる神も 思ふなかをば さくるものかは」

 古今集の歌としては、比較的シンプルな歌です。雷と云うと、やはり神様が怒っている、天の上にあるものが何かしらのメッセージを送っていると、そう感じ勝ちです。天を恐れる者、天を恐れない者。この歌には不敵な強さがありますが、若い弱さも感じます。

 昨日の雷を、みなさんはどう聞かれたことでしょうか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-22 21:00:33

多忙

テーマ:ブログ
 またしても、何故かやたら忙しくなっています。私の場合、忙しくするのは趣味のようなところがあって、暇だと心配でしょうがないので、せっせと自ら忙しくしてしまいます。そしてアップアップになってしまうこともあります。

 「忙」とはりっしんべんに亡ですから、心を亡くすと云う意味のようであり、実際忙しいと、事務処理をこなすことは可能ですが、「心」を伴う営みは中々出来にくくなります。このつぶやきを書く作業も、それなりに心の作用を伴うので、忙しいととっても書き辛くなります。ネタが思い浮かばない、或いは文章がうまく書けなくなるのです。実は今日もその状態です。

 う~ん、あからさまな云い訳ですね。すいません。週末は少しはゆっくりして、余裕を取り戻したいと思います(とは云ってもまた忙しく仕事をしてしまいそうですが・・)。良い週末をお過ごし下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-21 21:00:17

マトリョーシカ人形

テーマ:ブログ
 私のデスクに、海外に住む或る友人からマトリョーシカ人形が届けられました。ロシアの民芸品で、太ったこけしのような形、上下に分かれる木製のもので、開ければ小さいものが中に、更に開けると更に小さいものが中に、と幾重にも小さい人形が入っているものです。1900年のパリ万国博覧会で銅メダルを取ったのをきっかけに、広くロシアで民芸品と作られるようになったそうです。

 なぜこのマトリョーシカが届けられたか?今から30年以上前に、広告の父と呼ばれたデイヴィッド・オグルヴィがテレビ・インタビューの中で、おもむろにマトリョーシカ人形を取り出し、一つ一つ開けていきながら、「この間、取締役会でこのマトリョーシカをみんなの席に置いておいたんだ。そしてこうやって開けていくだろう。こうやってひとつ、またひとつ。そして最後の小さな人形を開けると僕が書いた小さなメモ書きが入っている。そこにはこう書いてあるんだ。『もし自分より小さな人間ばかりを雇ったら、会社は小人の会社になる。もし自分より大きな人間ばかりを雇えば、会社は巨人の会社になる。』ってね。」と云うビデオがあるのをその友人に教えてもらったのです。

 「これはまさに自分がいつも考えていたことだ!」と云うことで、教えてくれてありがとうと共に、ついでにマトリョーシカ一体のゲットを頼んでおいたのです。着いた人形は絵の描かれていないもので、自分で自由に書き込むタイプでした。無垢の妙な物体が、デスクの端に立っています。サンキュー!

 オグルヴィのコンセプトは、私が最初に就職した会社のニューヨーク本店の副会長も良く云っていました。決して忘れないためにも、あまり絵は上手ではないのですが、折角ですから白のまま放っておかないでチョコチョコと何かしら書くか、或いは新デザインでも考えてみようと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-20 21:00:26

鮎解禁、その2

テーマ:ブログ
 例年、鮎解禁と云うと6月1日ですが、高津川では今日、鮎が解禁されました(昨年は6月1日)。鮎が解禁されると「夏が来た!」と感じます。あの味、香り、一緒に付いてくる笹の葉の緑、鮎を食べ始める頃の街の空気感、全てが初夏を彷彿とさせるものです。

 5月中の鮎解禁とはちょっと意外な感じですが、鮎の解禁日は各地の漁協が、それぞれの年の鮎の生育状況などを勘案して決めるようです。暖冬だったので鮎の生育が早かったのでしょうか。鮎の解禁が早まることについて、うまい表現を見つけました。これは或る鮎屋さんのお客様が書かれた文章の一部です。

 「今年は、花が早かったから、鮎解禁も早まるであろう。」

 -うまい!水温の温かさ自体が発育を促進する。温かめの水の中では苔や草が育ちやすく、それを食べて育つ鮎に香りがつくのが早まり、結果解禁も早められる。メカニズムはそう云うことでしょうが、それを見事なヴィジュアルと共に、かつ叙情的に表現されています。さぞかし鮎好きの方なのでしょう。美しい言葉は、味をも豊かにするに違いありません。

 美味しいものを食す時は、添える言葉も大切にしたいですネ!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-19 21:00:00

DLからの電話

テーマ:ブログ
 DLは私の最初のボスです。正確には大学を卒業して入社した際、東京のTKさんが私にとって最初のオフィス・マネージャーであり、7月にニューヨークに行き研修を受け、12月に現地で配属されたデスクの担当役員がDLであり、最初のボスというとTKさんかDLなのですが、実際の金融・投資銀行の仕事ボスと云うと、やはりこのDLだと認識しています。社会人としての最初の上司がTKさん、プロフェッショナルな仕事の上での最初のボスがDL、と云う整理でしょうか。

 このDLから、今日突然電話が掛かってきました。用件は、或る意味でちょっと迷惑を掛けたので、その説明をわざわざ直接私にするために掛けてきたのです。律儀な人です。DLはアイリッシュです。以前に何度か書いたことがありますが、私はアイリッシュの人とは相性がいいのです。私の知っているアイリッシュは、みな信義を大切にする人ばかりです。

 DLはかつて私が会社を辞める時も、或る意味で反対側の人であるにも拘わらず、そして当時はあまりにも偉い人とペーペーの新人であったにも拘わらず、本当に親身に話してくれました。次の会社を辞めて、このマネックスを立ち上げる時も、彼はオフィスでは話し足らずに、駐車場の彼の車に乗り込んで、ずっと相談に乗ってくれました。いつだったか「何でそこまでしてくれるのですか?」と聞いたら、「僕たちはもう友達だから。そして友達には”とても友達”とか”少し友達”とかない。友達は”友達”と云う一種類しかないんだ。」と説明してくれました。泣けるアイリッシュです。仕事で出会った人ですが、人と付き合う基本的な、大切な哲学を教えてくれた人です。

 DLの仕事は今、必ずしも順調ではないのですが、そんなことはおくびにも出さずに、きちんと仕事人として、人として、すべきことをするために電話を掛けてきました。そしてネアカのDLのこと、懲りずにこれからも同じ仕事で再出発するとのことです。そう云えばライアーズ・ポーカーとかクラップスとか、そう云った賭け事を教えてくれたのもDLです。古き佳き時代。夕方になると会社(NY)のトレーディング・フロアのデスクの上で、何の気兼ねもなしにサイコロを転がして音を響かせていたDLの大きな笑顔を鮮明に思い出します。

 突然のDLからの電話は、私の心をほわーっと明るくしました。桃の花のような人ですね。DLとの付き合いは、これからも大切にしていきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-18 21:00:02

雑誌

テーマ:ブログ
 最近休刊になる雑誌が随分とあるようです。週刊誌から月刊誌、季刊誌まで、そして最近創刊されたものから長い歴史を持つものまで。雑誌好きの私としては、寂しい限りです。

 しかし私を含めた「雑誌好き」が、簡単に云うと雑誌を見捨ててインターネット(携帯を含む)を見る時間を増やしたことがこのような結果に繋がったのでしょうから、或る意味では事業自得かも知れません。雑誌を作る出版社も、インターネットを中心とした時代の流れを十二分に感じて対応することが出来ていなかった嫌いがあります。要はある意味で双方合意の上での流れかも知れません。

 私が雑誌を好きな理由は何でしょう?見てて楽しい。お風呂に持ち込める。何度でも読むことが出来る。紙面の作り方によって発信者の心意気や、何を重要視しているかと云う、パースペクティブ、追加情報を得ることが出来る。インターネットの書き込みにはない、適度に自制の効いた、しかしやはりかなり自由で反体制的な記事を読むことが出来る(ことがある)。

 しかしこうして見ると、どれもいずれはネット上のメディアに取って替わっていかれる気がします。「これ面白いよ、読んどきなよ」と云うのは、ネット上でもメールでリンクを送ってあげることで出来ますが、やはり手渡しの雑誌の方が、あらゆる道具を必要としませんから、若干の優位性があるでしょうか。もちろん多くの人に紹介することは実物の雑誌では不可能ですし、遠距離にいる人に渡すのも億劫です。

 こうして見ると、当然のことですが、ネット上の送金やクレジットカード払いと、現金によってお金を渡すことの違いと同じ違いがあるようです。因みに私は現金が中々好きです。それは何故か?質感や気持ちでしょうか。雑誌も生き残るためには、その情報だけでなく、質感や気持ちが益々重要になってくるのでしょう。

 雑誌頑張れ!せめて今まで以上に雑誌を買いこんで、微力ながらも応援をしていきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース