1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-06-30 21:29:46

日本の競争力

テーマ:ブログ
 日本の競争力も、国際会議では一応ネタとなります。競争力がある、ない、色々な意見がありますが、私はそもそも混在していると考えています。

 日本はホモジニアスな国であり、国際社会の中では、或る意味で閉鎖的です。そして閉鎖的であることと関係があり得ると思うのですが、技術やノウハウを蓄積しなければいけない垂直産業、典型的には車などの製造業に於いては、世界的な競争力を有しています。技術者や技術自体は、長年キープして全体として育てた方がいいので、半鎖国的な日本は、これらのビジネスに向いているのかも知れません。

 一方、技術転換が容易で流動性の高い水平産業、典型的にはITや金融産業に於いては、日本の競争力は一般に云うととても弱いと云えます。これは、世界にあるいい技術をなるべく早く、完全に、お互いに真似しながらより良いものを創った方がいい訳であり、その点に於いて、閉鎖的な日本は競争力で劣っているのだと思います。ですから日本は産業の区別に於いて、競争力が違うのだと思います。

 しかも、日本は世界の経済の10%以上を有する巨大な国なので、敢えて世界のいいものを導入しなくても、尚大きなビジネスをエンジョイ出来る可能性が高いので、水平産業に於いては、努力が取られないのだと思います。逆さにこの現象を見ると、世界のいいものを、日本国内に対して積極的に摂取して提供出来る金融機関は、競争力を有し得ると思われます。

 当社としては、是非そのようなポジションを確保したいと、考えを新たに強くしました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-29 21:03:38

宗教問題

テーマ:ブログ
 国際会議に於いて、宗教問題は常にビッグ・イシューです。

 今回の会議でも、イスラエルのペレス外相が出席して討論する予定だったのですが、ガザの状況が悪い方向に急変したため当然来られなくなり、彼抜きで討論が為されました。中東アラブ諸国からの要人も多く参加し、かなりのブレイン・パワーを巻き込んでの議論でしたが、興味深い事実があります。

 これは一般論ですが、今日の世界第二位の経済大国である日本は、宗教的でありません。近未来の世界第二位経済大国である中国も、宗教的ではありません。二つの国には儒教のような哲学はありますが、宗教色は薄いものです。

 いずれ米国、中国、日本の次に大きい経済国になると云われているインド、因みにインドと中国を足すと世界の人口の4割になりますが、このインドにはイスラムを含み様々な宗教がありますが、国内でも、国外に対してでも、大きな宗教問題は起きていません。

 宗教問題の重大さとその影響の大きさと、或る意味で宗教自体には関心が低いが影響を受ける範囲の大きさを較べると、不思議なアンバランスがあります。

 あらゆる政治家、一国のリーダーは、自分の良心と合理的な判断、或いは政治的判断で行動をすべきであって、神に行動の理由を求めたり転嫁するのは間違っていると思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-28 20:35:58

星空

テーマ:ブログ
 国際会議に参加するためにアスペンに来ました。

 しかし・・・、東京のオフィスを出てからなんと24時間も掛かりました。成田→サンフランシスコ→デンバーと乗り継いで、いざ最後のアスペン行きのフライトに乗ろうとしたら、突然欠航となってしまったのです。

 それからが大変です。なんとか目的地に行ける手段の確保、交渉、ウンヌンカンヌン。運命共同体がたまたま私を入れて7人居たのですが、経験のない珍道中となりました。

 這々の体で辛うじて目的地に着けば、既にほぼ深夜。寂しくバーでスープなぞを飲んで、久し振りの食としました。いつも通り、私は荷物をチェックイン(機内持ち込みにしないで預けること)しなかったのですが、7人中5人はチェックインしており、それがまた事態を重くしました。

 私は15年ほど前に、当時働いていた外資系証券会社で全米数都市を回る出張に行った時に、上司のアメリカ人(BY)にこっぴどく叱られるというかからかわれて以来、どんなに長い旅でも荷物をチェックインしたことがありません。云い換えると、キャリーオン(機内持ち込み)出来る大きさまでしか、荷物を持っていきません。

 自分のコントロールから自分のものが離れることが、嫌と云うよりも、リスク管理の観点からどうしても受け容れられなくなってしまったのです。まぁ貧乏性と云えばそれまでですが。トレーダーと云う仕事を長くしていたことも、もしかしたら関係があるかも知れません。

 兎に角、なんとか目的地に着き、人気のない目的地の飛行場で仲間の荷物をピックアップしました。妙なことに、天候の所為で欠航したと云われたにも拘わらず、現地は快晴で、ふと真っ暗な飛行場の駐車場から空を見上げると、満天に大粒の星が散らばっていました。

 ま、いいか!

 明日はしっかり討論したいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-27 20:57:59

国際会議

テーマ:ブログ
 約1年ぶりの国際会議に出席するため、これからアメリカに行きます。

 日本の新聞だけでなくて英字新聞も目を通すように心掛けるのと同様、こう云うとちょっと生意気に聞こえるかも知れませんが、より広い最新のパースペクティブを得たいと思い、だいたい毎年1~2回、国際会議には顔を出すようにしています。

 極端に社交的な訳でもないのですが、それでも数人とは友人となり、そのうち更に一部の人とは、長い付き合いになることがあるのも、嬉しいと云うか大切にしています。

 今回はコロラド州アスペンでの会議です。初めて行くのですが、中々質が高いと評判で、以前から参加したかったものなので期待しています。ビジネスや経営に直接役立つことも学べる機会が多いので、しっかりと活用したいと思います。

 以前に比べるとネットワークが発達し、電話もメールも、世界中どこでも特別なものを持っていかなくても、日本で使うものだけでストレスなく利用できます。飛行機の上でも利用できるケースが増えてきました。これは便利ですが、結果として24時間営業になってしまうことが間々あります。それが痛し痒しですね。

 では!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-26 21:56:05

株主総会2006

テーマ:ブログ
 週末に株主総会を開きました。

 マネックス証券、もしくはマネックス・ビーンズ・ホールディングスでは、上場以来ずっと土曜日に総会を開いています。なるべく多くの株主の方の御意見を拝聴できるようにとの考えからそうしています。今年で都合6回目。初回だけ日比谷公会堂で、以来ずっと日本青年館で行ってきました。これは主に費用的な理由からです。

 社員総出の手作り総会で、或る意味で慣れてきている面もありますが、やはり総会はとても緊張します。一年の中でもっとも緊張する日であり、総会が終わって、

 「あぁ、やっと(会社の)一年が終わった」 と云う実感が湧きます。

 総会の場で、株主の皆様の御意見を直接伺う。議決権行使を通じて、株主の皆様の御意見を確認する。上場会社にとっての最大イベントであり、この緊張感は、いつまでも変わることはないと思います。会社にとっての大晦日は総会の日ではないかと感じます。

 そして総会のあとの打ち上げは、同時に一年の中で最もリラックスする瞬間です。新しい一年に向けての、リプロダクションと云うか、リインカーネーションと云うか、そんなエネルギーを一気に蓄え直して、そして発散し始める、そんな日です。

 私の感覚では、総会の日は大晦日と元日が同じ日の間に一気に来るようなものです。

 総会で頂いた御意見を大切に受け止めて、これから一年、脇目も振らずに邁進していきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-23 23:12:58

毎度・人間ドック

テーマ:ブログ
 また人間ドックを受けました。定期的にも受けるようにしていますが、何か心配事があってもすぐ受けるようにしています。中学からの友人が総合病院の院長をしていて、突然のお願いを聞き入れて貰えるので、感謝しつつも気軽に受けています。

 前に何度かつぶやきでも書いたことがありますが、私は異常に健康です。

 毎晩ディナーが入っていて、イッパイ飲み、あまり寝ず、休みもほとんど取りません。問診をすると、毎回お医者さんは「これは酷い結果が出そうですね~」という顔をするのですが、結果が出ると毎回ホントに驚かれます。

 エコー、CT、心電図、血圧、眼底写真、何でもやります。血液検査もあらゆるオプションを実行します。しかし何も悪いところが見つかりません。胆嚢に2ミリぐらいのポリープ様のものがありますが、これは5年以上前から同じ場所に同じ大きさであるので、そういう形をしているだけでしょう。血液検査は全ての項目が正常値であり、お医者さんは一様に呆れかえります。但し今回は例外が2つだけありました。

 一つは血液検査で、正常値を微妙な誤差の範囲で超えたものが一つだけありました。尿酸値です。しかしこれは直近の食事の影響も受けるものなので、或る程度食事に注意した上で、近いうちに再度チェックしようと思っています。

 もう一つは胃カメラを飲まなかったことです。消化器の先生が私の友人の妹で、お互いに小さい時から知っています。流石に恥ずかしいものがあり、今回は逃げました。ただ看護婦さんたちも今では顔馴染みになってしまい、妹先生も含めて今更恥ずかしいもないかも知れません。こちらも近いうちに観念してちゃんとチェックしてもらおうと思います。

 ところで私の健康は、多くの友人から「嘘ではないか?」とイチャモンを付けられます。生活パターンを知っていて、しかもお互いに知っている古い友人に診て貰ってることから、そういうことを云ってくるのです。

 違います。これは正真正銘の結果です!

 海外でメディカル・チェックアップを受けたこともありますが、同様に完璧な健康体でした。好きな仕事をし、水をよく飲んでいるのが健康の理由だと思っています。しかし慢心せず、これからも健康管理に注意していきたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-22 23:07:40

夏の夜

テーマ:ブログ
 昨日は夏至だったのですが、東京は雨でした。今日も曇りで、どうもピンと来ません。

 「夏至」と云うと夏ド真ん中の意味ですが、確かに物理的にはそうなのですが、盛夏にはほど遠く、そもそもあまりピンと来ないものである気もします。夏至は英語では "First Day of Summer" と云って、より肌感覚に合っていると思います。日本の春分、秋分は物理的に正に昼夜の長さが同じ日を祝日にしていて、それは毎年ぶれる訳ですが、夏至の呼び方も含めて、日本はそう云った点が妙に科学的に律儀で、ちょっと面白い気がします。

 夏至は、赤道上では昼の長さが一番短くなる日で、太陽も北の空に昇っていきます。また夏至の頃の満月は、一年の中で最も低い満月です。そう云った色々なことが、どれもなんとなく直感に合わなくて、不思議な感じがします。

 夏の夜、と云うと「熱い」イメージがありますが、果たして今晩の(明朝未明の)ワールドカップで、日本の夏の夜は熱くなるでしょうか?


 「夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月やどるらん」(清原深養父、古今集夏歌)

 明日の朝に見える低く薄い月が、歓喜に酔いしれた月だといいですね。

 
 追伸:本日、マネックス・ビーンズ・ホールディングスは、5月分経常利益の月次開示を行いました。内容については、マネックス・ビーンズ・ホールディングスのホームページで御確認下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-21 21:08:08

英字新聞、再び

テーマ:ブログ
 英字新聞のことは何度もつぶやきで書いていますが、日本のメディアとは違うパースペクティブを与えてくれるだけでなく、時に日本に関するオドロキ情報をもたらしてくれることもあります。

 つい昨日のFT(ファイナンシャル・タイムズ)にも、ビックリする記事がありました。曰く、「GPIF(旧・年金福祉事業団、現・年金積立金管理運用独立行政法人)は今まで株式については東証一部上場株だけに投資してきたが、マザーズ上場株など(含む、東証二部、ヘラクレス上場株)が割安になってきたこともあり、投資対象の分散を図る中で、今後これら株式も投資対象に組み込んでいく方向で検討を進めている」というようなものです。

 これが事実なら大ニュースです。しかしGPIFは、記事が出たあとにその内容を否定しました。それはよくあることです。

 しかし更に興味深いのは、日本のメディアにおいては、そういう記事についても、そのことが否定されたことについても、本件に関する記事が(私が探す限りでは)どこにも見当たらないことです。

 不思議ですね。

 目新しい情報が常に真実だとは限りません。しかし幅広く情報を摂取することは、とても大切だと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-20 22:36:28

相続税

テーマ:ブログ
 前にもつぶやいたことがありますが、株式の相続に伴う株式資産の評価額を若干割り引くべきだと考えています。

 「貯蓄から投資へ」という国策の中、いくつかの証券優遇税制が行われてきました。典型的なのが、株式の譲渡益課税を20%から10%に一時的に下げたことです。しかしこれは売買に伴う税金の低減であって、必ずしもそれが株式保有を促進するものとは限りません。

 現にマーケットの中での個人の株式売買金額シェアでは、日本の方が欧米よりも高くなっていますが、一方我が国の個人金融資産に占める株式型資産の比率は、アメリカのそれの3分の1にも満ちません。

 我が国の個人金融資産の80%は50歳以上の方が保有しています。そしてその大部分が預貯金です。いずれこの資産が相続される時、株式の部分については、その評価額を2割引とか3割引にしたらどうでしょう?

 預金などに比べ、或いは不動産と比べてでさえ、株式の価格変動性は遙かに高いものです。相続イベント発生時点の株式時価をもって相続資産が評価され、場合によっては色々揉めた末に(時間が経って)相続が実行され、元の評価額に応じて税金を払うのでは、理論的に云ってもリスクが高くて妥当ではないと思います。

 価格変動性が高い分、評価額は割り引かれるべきです。

 そして相続資産に於ける株式資産の評価額が時価から割り引かれると云うことになれば、厖大な金融資産を持つ高齢者が富のトランスファーを考える際に、必然的に株式資産の割合を増やすでしょう。これこそまさに「貯蓄から投資へ」を推し進めるものではないでしょうか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-06-19 21:24:01

睡眠

テーマ:ブログ
 週末にやたら寝ました。

 最近疲れが溜まってきていて、肉体的にも精神的にも蘇生力が落ち込んでいる気がしていました。食欲は一切問題なく、夏バテではなさそうです。マッサージなどに行くと、一時的に復活するのですが、また次の日に疲れやすくなります。どうも普段と違う気がしていて嫌な気分だったのですが、一ついつもと違うことがあって、それは睡眠不足が頭抜けて累積していることでした。

 そこでこの週末は、徹底的に寝ることにしました。土曜日、寝る。日曜日、寝る。昨日はサッカーのクロアチア戦も捨て、9時からぐーぐー寝ました。

 すると今日は絶好調です。頭スッキリ、体は軽く、視力も極端に上がり、オフィスの反対側にいる社員の眉毛まで見えそうです。やはり人間、睡眠が一番大切ですね。体が軽くなり、頭の回転が速くなるだけでなく、考え方も明るくなります。

 かつて外資系証券会社で働いている頃、忙しくて睡眠時間が短くなってくると、よくNYの上司に叱られました。
 「もっと寝ろ。」
 「やることが沢山ある。寝る時間が短くなるのはしょうがない。」
 「それは下らない言い訳だ。アメリカの大統領を見ろ。お前よりも何倍もやることがある筈だが、睡眠時間はお前よりずっと長い。」
 そういうやりとりをよくしたものです。

 やはり睡眠時間は大切ですね。これからは睡眠不足を溜め過ぎないように、注意したいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース