1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-03-31 23:23:09

年度末

テーマ:ブログ
 今日は年度末です。当社にとって、今年度は色々な意味でいい年になりました。お客様のお陰です。心より感謝しております。

 一般に年度末は年末に比べると感慨は少なく、世間にもあまり変化を感じないものです。しかし人の営みには、興味深い動きもあります。

 例えば先日つぶやいた皇居外苑のホームレスさん達は、一旦姿を消していましたが昨日あたりからまた増えてきました。年度末に向けた突貫工事が終わり、山谷辺りから定位置に帰り始めたのでしょうか。

 当社内にいる新卒の顔つきが、ここに来て急に変わってきた気がします。来週からは後輩達が入社してくるので、やはり意識に変化が起きているのでしょうか。

 株式マーケットは実質新年度入りした火曜日から、アクティビティが上がってきました。株価も順調です。毎年のように起こる現象ですが、「来年度はこうしよう。今年度はこれが足りなかった。」という類の行動が、一足先に現れるものです。まだまだ日本株をしっかり買えていない投資家が多くいるということでしょうか。

 年度末には、これらのような「兆し」が見え隠れするものです。

 当社も年度末最後の日に、ぎりぎりセーフで投資信託6種類をラインナップに加えました。HSBCブラジルオープン、ダイワ・グローバルREITオープン〈愛称:世界の街並み〉、アクティブ・ニッポン〈愛称:武蔵〉、ダイワ・バリュー株・オープン〈愛称:底力〉、欧州新成長国株式ファンド、世界三資産バランスファンド〈愛称:セッション〉の6本で、南米、日本、東欧、そしてグローバルと、文字通り世界一周をする品揃えです。これも今後の商品性の「兆し」を表しているといえるでしょう。

 来週からの新年度に備えて、今週末は更なる「兆し」に思いを巡らせたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-30 23:52:44

風邪ひきました

テーマ:ブログ
 遂に風邪をひきました。

 先週から毎晩午前サマが続き、週末もあの伝説のトレーダー・藤巻さん家でのパーティ、大盛況であった大阪でのお客様感謝Day(大阪の皆様、お休みの日に大勢お集まり頂き誠にありがとうございました <(_ _)> きっとまた参ります!)と続いて休みなしで今週に繋がり、花見、二次会カラオケと続いて喉を痛め、そこから菌が攻めてきました。早寝すればいいものを、またまた毎晩午前サマ(飲んでばかりいる訳でもなく、議論が延々と続くとか、色々なシチュエーションがあるのです)で、遂に風邪と相成りました。

 たまにひく風邪ですが、今回は新たな試みに挑戦しています。風邪薬を飲むと代謝が落ちて、風邪が治ったあとに却って体調が悪くなる、というケースが多いものですから、敢えて風邪薬を飲んでいません。喉が痛すぎる時は頭痛薬だけを飲み、お風呂に入って汗を掻き、うがいをする。熱がもし上がっても(幸いあまり上がらないのですが)、放っておいて熱に風邪菌を退治させよう。そういう手段に出てみました。

 喉はやたらに痛いのですが、確かに体はあまりだるくならなく、頭もスッキリしており、トイレに行っても「これが自分の小○か?!」とビックリするようなこともなく、概ね作戦は順調に推移しています。もう少し様子を見たいと思います。

 季節の変わり目です。皆様も健康にお気を付け下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-29 23:30:50

保護政策

テーマ:ブログ
 本田宗一郎さんによると「国の保護を受けたものでいいものは一つもない」そうです。

 全くその通りだと思います。金融や通信など、保護を受けた産業は、一般に日本でしか通用しない会社になってしまいました。農業なども同じ範疇にはいるでしょう。伝統あるコメの先物の復活が見送られるそうですが、それも同根の一現象だと思います。

 一方で国の保護を全く受けなかったオートバイやカメラ、エレキなどは世界制覇を果たしました。保護されると、工夫すること、知恵を絞ることをやめてしまうのでしょう。

 国のお金の使い方という視点から見ると、競争力を付けるための予算と、補助輪を付けて競争力を付けさせない予算とがあることが分かります。税金を自らの国民の力を下げるために使うというのは、大変よろしくないことだと思います。

 もちろんこの論法はかなり乱暴で論点を単純化しすぎており、実際には色々と考慮しなければいけないことが多くあり、簡単には言えないことも分かっていますが、ザックリ言うと、一般に保護政策のメリットはあまりないと思っています。

 右肩上がり成長が続いていた我が国では、個人の老後の経済面についても、保護政策が取られてきたと言えるでしょう。公的年金、確定給付年金、退職金優遇税制、などです。しかしここ数年、国はこれらの(個人の老後の経済面に関する)保護政策の終了を目論んできました。公的年金の縮小、確定拠出年金への移行、退職金優遇税制の見直し等です。

 今までの我が国の産業に於ける歴史を見ると、保護を外された個人は、恐らく急速に自らの老後経済面対策を身に付けていくことでしょう。それは即ち、金融・投資教育に対するニーズが大きく上昇することを意味しています。

 今日は実質新年度二日目ですが、この新しい年度で私たちがマネックス・ユニバーシティを通して実現しようとしていることは、そんな環境認識に根ざしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-28 23:20:35

金利暴騰か?

テーマ:ブログ
 今日から実質新年度。最近動きのある金利について、ちょっと予想してみました。

 今朝の報道によると、日銀は金融機関向けの貸出金利を0.001%から0.01%に引き上げる方針を固めたとのことです。なんと金利が10倍に!金利急上昇か!・・・まぁ冗談はさておき、0.001%から0.01%への変更はミクロの世界であり、世の中の実勢には何ら関係ないでしょう。

 しかし量的緩和が解除され、超々低金利政策が超低金利政策に変更され、景気回復、引き続き高い国債発行残高等々から、いずれ我が国の金利は上がっていくのでしょうか?私は上がるには上がるが、大して上がらないのではないかと思っています。

 これだけ流動性が余っている国ですから、いくら国債が発行されても、機関投資家を中心にそれらを買わざるを得ない主体が大勢います。借金漬けの財政に対する不安から金利は上がる、という根強い論がありますが、不景気で今よりも税収が少ない時期にもウルトラ低金利まで国債は買われた訳ですから、

 財政赤字=国債に対する信認低下=国債暴落=金利上昇

、という図式は机上の空論だと思います。しかも少子高齢化によって潜在成長率はそれほど大きく伸びるとも思えないので、その観点からも金利は上がりにくいでしょう。

 結局のところ、今の異常なまでの超低金利が、普通の低金利になる、或いは若干オーバーシュートして低金利と普通金利の間くらいまで一瞬行く。そんな展開ではないでしょうか。やはり株の方がダイナミズムがあって面白そうですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-27 23:35:07

花見、再び

テーマ:ブログ
 今日は会社のお花見です。ちょっと早い気もしますが、木によってはちゃんと咲いているので、そういう木の下に陣取りしました。

 桜には色々な種類があるのか、或いは陽の当たり方や地下の暖かさに違いがあるのか、開花の個体差が大きいものです。東京では外務省の角(桜田通り)にある桜が毎年一番に咲くようですが、これは謎です。ボイラーでも埋められているのでしょうか?東北の桜の名所では、ゴールデンウィークまで持たせるために根元に雪を積んで調整したりするそうですから、その逆もある気がします。

 今晩のように咲いてる桜の下に車座になると、人の体温で桜も暖まり、開花は更に進んでしまうでしょうか?ちょっと気になります。

 暖かいといえばもう一つ気になるのが最近のホームレスさん動向です。皇居外苑にいつも寝ていた彼ら。最近の暖かさの中で、更に数が増えるかと思いきや、何故かめっきり減ってしまったのです。景気回復や年度末の予算消化で忙しくなっているのでしょうか?

 まぁそんなことも考えながら、今宵は楽しく過ごしたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-24 23:12:01

ファンド・マネージャー

テーマ:ブログ
 ファンド・マネージャーの活躍できる領域が拡がっているように思います。違う言い方をすると、投資信託に投資する妙味が上がっているように思います。

 かつて日経平均が1万円以下だった頃は、いい会社の株が即ち投資対象としてもいい株だったでしょう。しかし今は株価が上昇すると共に、PER(株価収益率-時価総額が年度純利益の何倍か)などのヴァリュエーションが株によって大きくずれたりして、会社の善し悪しとは別に、投資対象たる株の善し悪しを丁寧に見極めなければいけない状況が発生しています。

 逆に見ると、ヴァリュエーションなどを分析することによって余剰リターンを上げ得る幅が、以前よりも大きくなっていると思います。そしてそれは、ファンド・マネージャーなどの専門家が得意とする分野です。一般論として、私は専門家と個人投資家の間に、投資に於いて決定的な差があるとは考えていませんが、やはり比較的な得手不得手はあるものです。

 今日は宣伝のようになってしまって恐縮ですが、そういう視点から、投資信託にフォーカスを絞った資産運用フェアを開くことにしました。内藤による投資信託を利用した資産設計の話や、私や渋澤健さんによるオルタナティブ投資の話、伊藤元重先生によるマクロ経済の話もあります。それらと並行して、多くの資産運用会社によるブースやセミナーも用意しました。御興味ある方は、是非御参加下さい。-重ね重ね宣伝のようで申し訳ありません。<(_ _)>
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-23 23:20:20

中国室

テーマ:ブログ
 昨日、中国資本市場室(通称:中国室)の設立を発表しました。英文では "China Capital Markets Desk" と云います。何故マーケットが複数形かというと、資本市場は一つのものではなく、株があり、債券があり、債券にも短期債・長期債があるなど、マーケットは複数あるという認識から、通例複数形で呼ぶことになっています。中国には基本的に未だ債券市場はありませんが、いずれ発展していくことでしょう。

 その中国室ですが、実は1年ほど前から粛々と準備を進めてきました。中国室が何をするかというと、中国本土の民間企業で日本と何かしらの意味で関係があり-例えば日本の技術を買って中国で展開している会社とか、日本の消費者を市場としている会社とか-、日本の市場への上場を希望している会社の上場支援をしていきます。ささやかですが、近くて巨大な国である中国と我が国の間の、経済的な橋渡しにも一役買えれば幸いであると考えています。

 以前に私が第三外国語を学び始めたとつぶやいたことがありますが、これは何を隠そう中国語です。いつの日か当社が主幹事として中国企業の新規公開株式を当社のお客様にご案内する時に、私自身でも通訳を介さずに当該企業の経営者とそれなりの会話が持て、その考え方や姿勢について直接のデュー・ディリジェンスが出来なければいけないと考え、四十の手習いで悪戦苦闘しています。しかし新しい分野に挑戦する時は、いつも気持ちがワクワクします。

 いつまでもフロンティア・スピリットを忘れないようにしたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-22 23:49:11

一夜明けて

テーマ:ブログ
 日本チームのWBC優勝、おめでとうございます。

 今更私が言うまでもないことですが、有力選手の不参加やペナントレース開始直前という厳しい状況の中でチームをまとめた王監督や、一貫した態度でチームを引っ張ったイチローなど、それぞれのメンバーが思う存分力を出した、素晴らしいチームだったと思います。無冠のアジアNo.1投手だった松坂がMVPに選ばれたのも、他人事ですがとても嬉しく感じます。

 渡辺投手の投球フォームを真横から撮った大きな写真を掲載して、「真のワールド・シリーズはここから」という見出しを付けたニューヨーク・タイムズの紙面を今朝のテレビで見ましたが、流石にあのアンダースローはアメリカ人には衝撃で、井の中の蛙ではいけないと反省したのか、或いは純粋に未知なるものに対して興味が湧いたのでしょうか。そんな一石を投じられたのは、溜飲が下がる思いがします。

 ところでプロスポーツで優勝すると、どんな競技であっても大概ビールなどのお酒を掛け合い、かなりの量の祝杯を上げるように見えるのですが、一夜明けたテレビ局のスタジオでのインタビューというのは恒例のようで、不思議なことに二日酔いになっている人を私は見たことがありません。何故でしょう?我慢してあまり飲まないのでしょうか?あまりにもお酒に強いのでしょうか?メイクでカバーしているのでしょうか?気になります。

 それから代表チームに監督の名前を冠に付ける慣例、あれはどうしてなのでしょう?オリンピックでの野球がそうであったように、そうすると万が一監督に事故が起きた場合に、正式な指揮官の交代を任命しにくい不都合があるように思われるのですが、考えすぎでしょうか。

 まぁ、これらのことはどうでもいいことですね。

 チーム・ジャパン、本当におめでとうございました!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-20 23:40:40

春の夜

テーマ:ブログ
 昨日の東京は夕方から夜に掛けて大嵐(暴風)となりましたが、一夜明けた今日はとても穏やかです。昨日の風が塵を吹き飛ばしたのか、稜線の上に澄んだ夕焼け空が拡がり、雲も少なく、とても綺麗な夕暮れ時でした。

 オフィスから見る夕焼け空は自然の美しさが迫ってきますが、反対の東を見ると、銀座から下町までずぅっとビルが続き、薄暗い中に人の多くの営みを感じさせる風景が拡がっています。

 その風景にアクセントを与えているのは観覧車で、ネオンを輝かせた大輪が3つ見えます。古に於いては、人の営みが静まったあとの春の夜にはブランコが似合いましたが、現代の東京に於いては観覧車が替わったのでしょう。

 春宵一刻値千金 花有清香月有陰 歌管楼台声寂寂 鞦韆院落夜沈沈 (蘇軾)

 春の夜にはダイナミズムがあって素敵ですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-17 23:59:13

多忙

テーマ:ブログ
 やたら忙しくなっています。まるで堰を切ったように、色々なことがやって来て、対応しなければいけません。

 例えば今日はそもそも11個のアポがあり、それに新たに緊急ミーティングが加わったり、色々な電話が掛かってきたり、次から次に判断しなければならなかったりと、級数的に忙しくなっていきます。年度末の所為か?と思うと、忙しさの内容は年度とはそれほど関係があるようには思えません。要はたまたま波が来ているのだと思います。

 たまたま地震が起こるように、たまたま忙しくなる。-複雑系的に考えると、そういうことでしょうか。

 流石に体力的にも疲れますが、忙しさの中での清涼剤は、やはりオモシロい人やいい人に会えたりとか、キラリと光る発言(アイデア)を聞いた時です。たかが人、されど人。忙しさの種類が、人との知的摩擦を伴うものである以上、中々やめられません。さてと、これから初対面の人と会います。忙しいけど楽しいなぁっと♪
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース