1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-10-31 23:54:11

BBQ

テーマ:ブログ
 昨日、社員とその家族でBBQ(バーベキュー)大会をしました。場所は葛西臨海公園。100人ぐらい集まって、大盛況でした。

 社員がいるから会社が動く。家族がいるから社員が働ける。社員と家族は、突き詰めていくと、お客様がいるから食べていける。で、お客様が何故当社に手数料等を払って頂けるかというと、それは当社が商品やサービスを提供しているから。こうして考えていくとグルグル回って、みんな「お互い様」になっているのが、どことなく面白いのですが、社会とはそういうものであるとも言えるでしょう。

 昨日はうまいもんドットコムの(株)食文化の方が来て下さり、べらぼうに美味しい食材や調味料、飲み物を提供して下さいました。特に豚の頬肉とタンは秀逸でした。うまいもんさん、ありがとうございました!こんな関係も、社会の縮図かも知れません。

 柴犬アインも来ました。来春から当社で働く内定者も全員来ました。BBQ会場の風景は、醍醐の花見ではありませんが、楽しく華やかで大きさを感じるものでした。小さなベンチャー企業として始まった私たちが、色々な意味で社会の一部となってきている。手前味噌で恐縮ですが、そんな感慨を持ちました。

 しかしBBQ会場には、お客様と株主の皆様という、当社の重大なステークホルダーの方々はいらっしゃいませんでした。その方々に対して何をすべきか、何が出来るのか。そういうことをしっかりと真面目に考えていく会社になるべきだと思っています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-29 00:49:38

スタイル 2

テーマ:ブログ
 昨日、トム・スコットの演奏を聴きました。

 私はフュージョンがクロスオーバーと呼ばれて生まれ始めた瞬間からフュージョンやジャズを聴いて来ましたが、当時トム・スコットは私にとってはメジャーな存在ではありませんでした。スタッフ、リー・リトナー、ボブ・ジェームス、クルセイダーズといる中で、トム・スコットは商業的なイメージがあって、ちょっと軽く見ていました。レコードも買わずに図書館でトム・キャットというアルバムを借りてきてテープにダビングした程度でしたが、トム・スコットとロベン・フォードのやり取りは、中々オシャレではありました。昨日は朝起きて、予習(復習でしょうか?)のつもりで久し振りにトム・キャットを流して出勤の準備をしました。

 さて、いざ演奏を聴いてみると・・・、これがトンデモナク素晴らしいものでした。

 音・サイコー、メロディ・サイコー、乗り・サイコー、グループのバランス・サイコー、選曲・サイコー、ここ1年ぐらいに聴いた生演奏の中では、明らかに最高のセッションでした。音楽に酔いながら、「何故いいのか」を考えていました。

 理由は2つです。

 ひとつは、彼がずっと現役であり、今回もバリバリの現役としてステージに立ったということです。日本に来るジャズ・ミュージシャンの中には、既にバリバリの現役でないのに、楽して小遣い稼ぎに来る人もいます。昨日の演奏スタイルを見る限りでは、彼は昨日だけでなく、ずっと第一線でパフォームし、聴衆の落胆や興奮を見ながら鍛練を重ねてきたのでしょう。

 もうひとつは、彼がプレイヤーであると同時に、とても優秀なプロデューサーであるということです。セッションは一人では出来ません。若くて新しい感覚を持ったベースやドラムを入れつつ、懐かしいギター、マイク・ミラーを入れ、かつ優秀なコンダクターたるピアノを入れる。この人選とバランスが最高でした。彼もそろそろ還暦ですから、地力は落ちている筈です。それをバイ・プレイヤーの力によって一切見せないのでしょう。

 -自らが現役であり続けることと、新しくいい人を選択し入れ替えること。

 これはビジネスや投資にも通じるものがあると思います。特に後段は、オルタナティブ投資/ファンド・オブ・ファンズの考え方と全く同様です。久し振りに右脳を掻き回される快感と共に、一人納得した夜でした。

 
 (参考) 2000年6月24日 スタイル
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-28 08:12:33

大食い

テーマ:ブログ
 食欲の秋だからではないですが、最近食べ過ぎです。

 仕事がやたら忙しくなってきており、一晩に2回会食をするダブル・ヘッダーなどが連発しているのが主な理由です。これは同じ人と二次会に行くという意味ではなく、違う人と会うので、それなりに食べ直す必要があり、お腹が膨れてしまう訳です。酷い場合はトリプル・ヘッダーもあります。

 食べ物は健康の基本ですから、これはよくよく注意しなければいけません。しかし仕事だから仕方ありません。会社に収益と費用があってその差額が利益となるように、人も食べ過ぎたら出すしかありません。即ちこういう場合は代謝を上げる以外に事態を切り抜ける方策はないのですが、困ったことに代謝が若干低迷しています。これは先週風邪を引いて薬を飲んでしまったためで、クスリは痛みを感じないように体を緩慢にさせる化学物質ですから、必然的に代謝が落ちます。未だその状態から完全復帰出来てないことが、お腹の膨張感を助長していると思います。

 こうなれば運動しかない!と思うと、1年間望んできた会食が急に実現する、なんていうことが起きたりして、運動する時間などなくなってしまいます。決定打は、鮨屋と蕎麦屋に行き色々つまんだあとに蕎麦を二種類食べ更にそのあと気になる鮨屋に一緒に探検に行ったことです。

 -自業自得ですね。

 皆さんも暴飲暴食にはお気を付け下さい。私は朝の基礎トレ量を少し増やして対応しようと思います。(誤解を避けるために申し上げておきますが、膨張といっても1キロ程度重くなっただけです。アシカラズ。)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-26 23:33:12

夕暮れ時

テーマ:ブログ
 「秋は夕暮れ」と言いますが、秋に限らず、暮れていく空を眺めているのが好きでした。小学生の頃は、殆ど毎日のように夕空を眺めていたような-もちろんそんなことはあり得ないのですが-、そんな気がします。しかし毎日のように日が暮れるまで外で遊んでいたのは事実でしょう。

 先週末、久し振りに夕暮れ時の小一時間、空を眺めていました。空の色が刻一刻と変化し、幾層にも微妙なグラデーションを作っていきます。カラスが飛び、夕方独特の生活音がどこからともなく聞こえてきます。やがて西の空に一番星が突然現れます。あれは徐々に出現するのではなく、気がつくと既にピッカピカに光っているのですが、やはり先日も同様でした。それから二番星を探すと、これは中々現れず、且つ徐々に見えてくるものですが、これも昔同様一番星から20分ほど経った頃に、真上の空に木星が瞬きを始めました。

 昔と何も変わっていないのですが、とても新鮮でリフレッシングな一時でした。

 夕暮れ時は、黙って耳を澄ましているものです。或る意味で不変の自然現象が新鮮であり得るのは、静かに耳を傾ければ、常に新たな発見があるからでしょう。マーケットやお客様の声も同様です。常に耳を傾ける努力を忘れないようにしたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-25 23:09:18

リュック

テーマ:ブログ
 私は両肩に掛けて背負うリュックが好きです。

 第一に、体の左右に歪んだ力が働かないので腰に良いです。第二に、両手が自由になるので安全です。第三に、落とすリスクがない(正確に言うと極めて低い)ので常にPCを入れている私にとっては安心です。第四に、レストランなどでも座る椅子に掛けられるので、他人に渡さずに済み、情報管理等の観点から安心です。この点については私は徹底しており、レセプション、立食パーティなどでも、場違いかなぁと思うことは屡々あるのですが、背に腹は替えられず、ずっとリュックを背負っています。

 こんなリュック好きの私ですが、それなりに試行錯誤を重ねてきました。デザインも出来るならばスッキリとして洒落ている方がいいですし、かと言って目立つのは嫌ですし、中々難しいものです。

 しかし一番困るのは機能面です。丈夫なこと。PCをショックから守れること。これは大切なことなのですが、雨が入り込まないこと。リュックを背負っていて雨に遭って、水が染み込んで大変な思いをしたことがあるからです。PCの他に必要最低限の書類、名刺、筆記道具、スケジュール帳、耳栓、MP3プレイヤー、云々が使い易く収納出来ること。或いは細かい話ですが、左肩を抜いて右肩だけに掛けながら、中のものを取ることがある私にとっては、チャックの向きも重要な要素です。

 簡単なようで、これら全ての要求を満たすものはあり得ません。そこでこれでもないあれでもないと変遷を繰り返し、或いは妥協をする訳です。

 そんな悩みを持っていたら、「空想生活」という、”想い”や”ニーズ”をデザイン・機能面双方で実現してくれる夢のような人達が、私の「欲しい!」に応えてくれました。押し売りではありませんし、仮に売れても私には一切収益は発生しませんが(笑)、松本ヴァージョンのリュックを御興味のある方は御覧下さい。私は大満足で既に使っており、ゴキゲンです♪
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-24 23:55:30

金融再編

テーマ:ブログ

未来の話をしよう

 マネックス・ビーンズ・ホールディングス(MBH)は本日、中間業績を発表しました。詳しくはホームページを御覧頂きたいのですが、営業収益、営業利益、営業利益率など、あらゆる主要経営指標で過去最高を記録し、いい中間決算となりました。これもひとえに当社を御利用頂いているお客様、並びに株主を始めとする当社を支持頂いている方々のおかげです。ここに御礼申し上げます。

 MBHは同時に、新規事業の発見と育成を目的とする会社、マネックス・ビジネス・インキュベーション(MBI)と、個人の投資教育を推進する会社、マネックス・ユニバーシティ(MU)の設立決定も発表しました。MBIは、日増しに急速に展開する経営環境に、より迅速に対応していくための仕組みであり、またMUは、創業時から厖大なエネルギーを投入し、常に強い信念を持ってきた「個人投資家に正しい投資教育を案内することは我々の使命であり生命線である」という考えをよりヴィヴィッドに具現化するものです。

 またマーケティングのアクセルを一気に踏み込み、効果的に当社の認知度向上を実現するために、より分かり易くて短い名前を目指して、当社の社名を12月3日(予定)にマネックス証券に変更することを決定・発表致しました。

 私たちは東証一部上場を果たし、低コスト・高利益体質も確立しましたが、これは私たちの道のりのまだまだ4分の1程度でしかないと思っています。本番はこれからです。我が国の金融再編の中核となりたい。なってみせます。新たなステージへ、自ら第2弾ロケットに点火して突き進む私たちを是非応援して下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-22 00:26:55

テーマ:ブログ
 人はどういう時に夢を見るのでしょうか?

 私は無知なので、フロイトの論理も、一般的な知識も持ち合わせていません。しかし気になります。

 楽しい夢を見る人と苦しい夢を見る人とに、一般に分類されるものでしょうか?それとも誰でも両方見るものでしょうか?

 覚めたい夢と覚めたくない夢、私はどちらかというと覚めたい夢を見る傾向があります。私はネクラなのでしょうか?それとも逆に、日常を苦しんでいる人ほど、覚めたくない夢を見るものでしょうか?

 古今集に出てくる夢の歌は、基本的に全てが覚めたくない夢です。

「命にも まさりて惜しく あるものは 見はてぬ夢の 覚むるなりけり」(壬生忠岑・古今集恋歌二)

 平安の貴族の生活には様々な制約があり、夢は唯一自由な世界だったのでしょう。そう考えると、私は幸せ者なのかも知れません。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-20 23:12:55

マスク

テーマ:ブログ
 風邪を引きました。

 昨日の朝起きる時、喉が痛くて「やってしまった」と思いました。不覚です。滅多に風邪は引きませんし、引いてもすぐに治る方で、実際もうほとんど良くなっています。しかし今日は敢えてマスクをしてました。

 マスクをすると普段と違う風景が見えます。喋れば普通に聞こえるのですが、自然と喋らなくなります。周りの人も、声を掛けなくなります。これは楽です。たまにマスクをしたまま誰かに話し掛けると、口が見えないために異様に見えるのか、相手の表情が微妙に戸惑っているのがちょっと愉快です。

 健康を気遣ってくれる優しい言葉も多く聞けて悪い居心地ではないのですが、難点がひとつあります。話さず、話し掛けられず、更に優しくされると、眠くなってきてしまうのです。普段がお祭りのような人間なので、この環境はまるでヴァケーションのようなのでしょう。そういえばたまに息で眼鏡が曇って、まるで温泉に入っているようでもあります。

 ・・・そんなバカな話をしている暇はありません。明日からはまたフル・モードに戻るので、あと数時間だけこの状態を楽しもうと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-19 22:35:05

金融列伝 JM

テーマ:ブログ
私のかつての上司、伝説のトレーダー、ジョン・メリウェザー氏(仲間うちではJMと呼ばれています)については何度も何度も、くどいほど、つぶやきで書いてきましたが、また書きます。

 今朝、久し振りにブレックファスト・ミーティングをしたのですが、相変わらずJMはJMでした。JMはキング・オブ・ウォール・ストリートと呼ばれた時代のソロモン・ブラザーズを築き、或る事件に関して引責辞任したのち、ドリーム・チームと呼ばれたヘッジ・ファンド、LTCMを立ち上げ、そこからノーベル経済学賞を輩出し、いずれロシア危機を端緒とするマーケットの混乱の中で破綻し、4000億円程の緊急協調融資を受け、一年でその借金を返済し、更には再度ヘッジ・ファンドを立ち上げてマーケットに復帰した、鉄の意志を持つ英雄です。

 好奇心の鬼であり、経済とマーケットに想像を絶する知識と情報ネットワーク、加えて底知れない洞察力を持つ人であり、私はいつもJMと会うと質問攻めに会い、口頭試問を受ける学生のような気持ちになります。しかしながら、いつもミーティングの最後は私の健康の確認(休みは取っているかなど)に4分の1ぐらいの時間を費やす、優しい紳士です。

 さて、そのJM、今日も全くスタイルを変えませんでした。フレキシブルでないのでは決してありません。スタイルを堅持しつつ、極めて柔軟なのです。麻雀でも上級者になるとスタイルとスタイルの戦いだといいます。しかしそれは、スタイルを確立した者が硬直的に打つという意味ではなく、機を見て敏、状況に応じてしなやかに形を変えるのですが、どこかにぶれないスタイルがあることを指します。なべて勝負師はそのような意味でのスタイルが確立されている気がします。

 JMのスタイルは堅く、そして格好良く、決して人には真似出来ないものです。私のヒーローは、ずっとヒーローであり続けるのでしょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-19 06:12:19

棋聖

テーマ:ブログ
 永世棋聖の米長邦雄さんと対談をしました。誰と会っても殆ど緊張することを知らない私ですが、何故か今日は流石に緊張しました。

 対談が始まろうとする時、先ずは簡単な露払い的な会話が始まったかと思うや、それは既に対談の始まりでした。その間合いの詰め方は、やはり勝負師を感じさせるものでした。

 優しいようで目つき鋭く、将棋のことが頭から離れないようで、例えば株式市場にも詳しく、捉え所がない幅広さと奥行きを感じました。極めて論理的な考え方をされるようで、私が論理的に話を出来ないと微かに眉をひそめられるように見え、論理的に組み直してもう一度話すと、すぐさま質問を問いかけられます。緊張感の中に清々しさのある、素敵な対談でした。

 対談の中盤、米長さんが「この会社の今までとこれからが読めた!私は将棋指しだから先が読めるのです。」と仰いました。「これからどうなるか教えて下さい。」と聞くと、「これから更に伸びていくでしょう。しかしこれからは世の中の流れに合わせて行かなければいけない面も出てくるでしょう。」と答えられました。鋭いようで汎用的であるようで、流石名人です。

 私は元がトレーダーであった為か、阿佐田哲也さんのような勝負師の小説も好きですし、米長さんのような正に勝負師そのものの方とお話しするのも好きです。勝負の勘、間合いは、常に鉄火場というか試される場所にいないと鈍るものなので、気をつけたいものです。

 対談の終わりに、将棋盤と駒が出て来ました。一手だけでも指させて頂こうかと思ったのですが、流石に恐縮して、駒を並べるだけで終わりにしました。帰り際に握手すると、柔らかくもなく、特別な力もなく、あくまでも普通の掌だったのが印象的でした。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース