消費税が増税まで10日を切りました。

景気対策の一つである「プレミアム付き商品券」の利用案内も対象世帯に配布されています。

改めて詳細を見ていきましょう。

(この記事は8月に公開したものの再編集版です)

 

 

§プレミアム付き商品券の基本

消費税率引上げに伴う住民税非課税者や子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに、

地域における消費を喚起・下支えすることを目的に発行します(横浜市のHPより)。

内容は内閣府所管なので全国一律ですが、発行は各自治体(市町村)になります。

1冊5000円の商品券を4000円で買えるというもので、

割引率20%とかなりお得感があるのですが、残念ながら、誰でも買えるわけではありません。

購入対象者は、2019年の住民税が非課税の人か、

2016年4月2日から2019年9月30日までに生まれた子供がいる世帯の世帯主に限られます

 

購入対象者には自治体から通知が既に届いています。

もし、対象であるにも関わらず、通知が来ていない場合はお住いの自治体に問い合わせましょう

(引越しなどで住民票登録等が完了していないなどがあり得ます。)

§いくらまで、どこで買えるのか

5000円分(購入価格4000円)で一冊となっており、対象者一人当たり最大5冊までです。

なお、対象の子供が複数いると、購入冊数がその分増えます。

例えば、0歳と2歳の子供がいる課税世帯は10冊まで購入できます。

もし、その世帯が非課税であれば、非課税分も含めて15冊になります。

 

購入場所の案内は購入対象者に通知されています。

(横浜市の場合はドン・キホーテが多い印象です)

§商品券はいつどこで使えるのか

商品券が使える使用可能店舗は限定されています。

自治体のホームページなどで公表されているところもあります。

※マネササイズ!の個人コンサルティングの料金の支払いには使用することができます!

市区町村をまたいで使用することはできません。

また、金券など、換金性の高いものにも使えないこととされています。

 

商品券の使用は500円単位です。足りない分は現金等で補充します。

有効期限は自治体ごとに定められており、最大で2020年3月までです。

§対象でない場合はポイント還元に期待

全ての人が対象ではないプレミアム付き商品券ですが、

対象外の人でも、増税と同時に始まる電子マネー決済のキャンペーンを利用しましょう。

 

主なところでは、次のようなものがあります。

  • Suicaの乗車ポイント(2%)の実施
  • キャッシュレス決済の最大5%還元の実施(総務省)
  • PayPayのプラス5%還元の実施

色々な還元キャンペーンの情報も入手して、最も有効な形で商品券を使いたいものですね。

 

(文:マネササイズ!チーフトレーナー ナカミチ)

 

[マネササイズ!PR]

大好評。よろずご相談をチャットや電話で承っています(初回15分無料

お金の話に限定しません。キャリア設計や、どんなご相談でも大丈夫。

 https://centrelabo.com/personal/で詳細をご覧ください。

お問い合わせフォーム

 

[マネササイズ!PR]みんなのFP教養講座@横浜(来年1月のFP試験の対策にもなります。)