10月からの消費増税と同時に、

キャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元がスタートします。

簡単にいうと、電子マネーで支払った場合、利用者にポイントが付与されるというものです。

その内容についてみていきましょう。

 

 

§事業の概要

経済産業省による説明は次の通りです。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、

需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や

消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、

中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

消費者側の視点に立った時に必ず留意すべきことは、次の各点になります。

 

2020年6月30日までの限定であること

永久に続くわけではありません。

 

電子マネーで決済した時にポイント対象となること

現金で支払うのはダメです。

 

対象店舗で適用となること

中小企業に限られます。大手量販店は対象外です。

 

様々な条件があることは覚えておきましょう。

 

§還元率は最大5%

最大5%となっていますが、次のように分かれています。

  • 小売・飲食・サービスなどの一般の中小店舗:5%
  • フランチャイズチェーンやガソリンスタンド:2%

個別の還元率については、店頭ポスターやホームページで確認することができます。

§とりあえず交通系カードで対応

現金払い以外は抵抗がある、という方は沢山いらっしゃると思います。

ただ、この制度は使わないと「勿体無い」です。

近いうちの将来訪れるであろうキャッシュレスの世界への一歩として、練習のつもりで利用しましょう

その時に、何を準備すれば一番心配が少ないのか。

それはスイカ、パスモ、ピタパなどの交通系カードです

プリペイドでチャージしておけば、万が一の紛失があっても、チャージ分だけで済みます。

(もし、記名式カードであれば、紛失直後に届けれれば、チャージが保全されます)

10月からの家庭の消費を少しでも抑えるために、チャレンジしてみましょう。

 

(文:マネササイズ!チーフトレーナー ナカミチ)

 

[マネササイズ!PR](マネササイズはセントルラボの登録商標です)

大好評。よろずご相談をチャットや電話で承っています(初回15分無料

お金の話に限定しません。キャリア設計や、どんなご相談でも大丈夫。

 https://centrelabo.com/personal/で詳細をご覧ください。

お問い合わせフォーム

 

ツイッターはこちら

みんなのFP教養講座@横浜(来年1月のFP試験の対策にもなります。)