10月から消費税が10%に上がります。

同時に、色々な景気対策が打たれるようですが、その一つが「プレミアム付き商品券です

かつて「地域振興券」なるものが売り出されたこともありますが、

今回の商品券は誰でもではなく、購入できる人が限られます

詳細を見ていきましょう。

 

 

§プレミアム付き商品券とは

消費税率引上げに伴う住民税非課税者や子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに、

地域における消費を喚起・下支えすることを目的に発行します(横浜市のHPより)。

発行は各自治体(市町村)になりますが、内容は全国一律です。

1冊5000円の商品券を4000円で買えるというもので、

割引率20%とかなりお得感があるのですが、残念ながら、誰でも買えるわけではありません。

購入対象者は、2019年の住民税が非課税の人か、およそ3歳6ヶ月までの子供を持つ世帯主に限られます

(一部自治体では、購入対象者には自治体から通知が届くようです)

§商品券はいつどこで使えるのか

多くの自治体で、10月に向けて、商品券が使える会社や商店を募集しているところです。

今後、対象となる会社や商店が順次自治体のホームページなどで明らかになっていくと思われます

つまり、商品券発行地域の全ての商店が対象ではない、ということに注意が必要です

また、金券など、換金性の高いものにも使えないこととされています。

なお、商品券の有効期限は2020年3月までです。

§プレミアム付き商品券はお得だが

購入対象となる人にとっては、この商品券はそれなりにお得だと思います。

一方で、まだ10月のことなので先読みが難しいですが、

バーコード決済のキャンペーンが同時期に張られる可能性もあります

この記事を書いている8月上旬時点で、メルペイ(メルカリペイ)が後払いキャンペーンをやっており、

翌日に70%のポイント還元を行なっています。これは割引率41%に相当します

つまり、商品券を使うか、民間のバーコード決済を使うか、どちらが得かは、

その時々で判断する必要があります

いろんな情報に目を向けて、最も有効な形で商品券を使いたいものですね。

 

(文:マネササイズ!チーフトレーナー ナカミチ)

 

[マネササイズ!PR]

大好評。よろずご相談をチャットや電話で承っています(初回15分無料

お金の話に限定しません。キャリア設計や、どんなご相談でも大丈夫。

 https://centrelabo.com/personal/で詳細をご覧ください。

お問い合わせフォーム

 

[マネササイズ!PR]みんなのFP教養講座@横浜(来年1月のFP試験の対策にもなります。)