こんにちは!!

マネササイズ! チーフトレーナーのナカミチです。

 

生存する個人から財産を移行する場合、一般的に贈与税がかかります。

贈与税も個人所得税の範疇ですので、計算期間は1月〜12月です。

つまりその枠を有効に使っておくとお得です。

今回は贈与税に関する一般的な事項を見ていきます。

 

§財産を移すと税金がかかる

例えば、Aさんが1,100万円のお金を持っていて、生きている間にZさんに何らかの理由で一括で渡したとします。

この場合、税金が約271万円発生するので、申告しなければなりません。

申告するのは「贈与を受けた側(Zさん)」です。(※贈与した側ではありません)

ちなみに、同じ年に別の人Bさんからもお金をもらっていた場合は、Aさんの分と合算して計算します。

§年間110万円までは非課税

贈与税には基礎控除額があり、年間110万円です。

したがって受け取った財産が110万円以下であれば税金はかかりません。

先のZさんの場合も、一括でなく110万円ずつ10年かけて受け取れば、非課税です。

ただし、Aさんから110万円、Bさんから110万円もらった場合は、

合計で220万円もらったことになりますので、基礎控除額を差し引いて110万円が課税対象額となります。

贈与した側の額ではなく、贈与を受けた側の額で計算するのがポイントです。

§贈与するものがあれば、今年の非課税枠も検討

繰り返しになりますが、贈与税は暦年課税ですので、あらかじめ贈与する財産が決まっているならば、

今年中に110万円分の贈与をしてしまった方が、税金はかかりませんし、申告も不要です。

なお、親族間の財産移動のうち、住宅・教育・生活資金に関する一定のものは、別枠で非課税措置が取られているものがありますので、この限りではありません。

財産を受け取るにも税金がかかる、このことを知っておきましょう。

以上、今回のマネササイズ! でした。

 

[マネササイズ!PR]

大好評。生活のお金に関する、ご相談をチャットや電話で承っています(会員登録で初回15分無料

こんなこと聞いても良いのかな、でも大丈夫。

https://centrelabo.com/contact/からご連絡ください。

原則24時間以内に折り返しご案内いたします。

 

[マネササイズ!PR]みんなのFP教養講座@横浜(身近なお金の知識が自然に身につきます)

年内はあと1回。