こんにちは!!

マネササイズ! チーフトレーナーのナカミチです。

 

前回予告で株の売却益に税金がかからない二つの方法についてお伝えすると申し上げましたが、

ここ1ヶ月、日本株が乱高下しているので、緊急コラムとして、

こういう時によく言われる「今は始める時期じゃないですよね?」への私の考えについて

お話ししたいと思います。

(次回に売却益の話はさせていただきます)

 

 

 

§「始める時期ではないのでは」の深層

株が大幅下落したり、乱高下したりすると、「始める時期ではないのではえー」というご質問をよく受けます。

この裏返しで、大幅上昇しているときはどうでしょう。

「今こそ始める時期ですね!」と言われるかと思えば、そうではありません。

もうそろそろ上がらなくなるからやめたほうが良いですよね。」と言われます。

 

人間の基本的心理として、仮に利益が出なくても損だけはしたくない、というところがあります。

ですので、下がっているときや乱高下の時はリスクを大きく感じて動きたくないと思い、

上がっている時は上がっている時で、買った後に下がるのを怖れるのです。

 

§直近1年間の日本株を振り返ってみる

個別株を取り上げると話が複雑になりますので、ここでは日本株の代表として、

日経平均株価を取り上げます。

日経平均株価は、上場する会社の中でも、超優良企業で構成される225社の株価を加重平均として計算したものです。

約30年前のバブルの時に3万円超えた〜と騒ぎになっていたのは、この株価のことです。

下のグラフは、日経平均株価の毎日の終値(おわりね)をラインチャートで結んだものです。

 

 

10月2日に24448円まで上昇し、27年ぶりの高値をつけたのですが、

わずか24日後の10月27日には一時20971円まで下がりました。

この期間は日本だけでなく、アジア、ヨーロッパ、アメリカも軒並み下げました。

ただ、ご覧の様に、この規模の急落は今年の2月から3月にかけても起きています。

その前になるとトランプ大統領の当選が伝わった11月で、1日で1000円近く下げました。

つまり、目立ったところだけでも、ここ1年の間に3回も乱高下をしているのです。

そう考えると、上がり続ける相場や下がり続ける相場というのは、

なかなか無いと言うことが示唆できますね。

つまり、上がるタイミングを見極めることは難しいのです

 

§いつやるか?今でしょ!

数年前に流行したフレーズで恐縮ですが、

株デビューのタイミングに悩んでいる方には、この言葉をそのまま送ります。

もちろん、デビュー直後に持ち株が下がったら嫌な気持ちになりますが、

年に3回も乱高下するんですから、最初からあり得ることとして捉えましょう。

貯金で持っておけば絶対減らないのでは、という考えもありますが、

基本的に物価は緩やかに上昇するのですから、手元のお金の価値は実は毎日少しずつ減少しているんですよね。

投資信託100円でも良いので、まずは初めてみませんか?

 

以上、今回のマネササイズ! でした。

 

[マネササイズ!PR]

生活のお金に関する、個別のご相談をチャットや電話で承っています(会員登録で初回15分無料

お気軽に

https://centrelabo.com/contact/からご連絡ください。

原則24時間以内に折り返しご案内いたします。

 

[マネササイズ!PR]みんなのFP教養講座@横浜(身近なお金の知識が自然に身につきます)

2018年11月・12月に2日間開講。11月は残席わずかです。