こんにちは!!

マネササイズ! チーフトレーナーのナカミチです。

 

しばらく話題を脱線させておりましたが、家計収支の話に戻ります

これまで3回にわたって家計収入の把握を行ったことで、実質所得と支出を明らかにしました。

今回はいよいよその数字を見ながら、最終作業に入ります。

 

一つ思い出していただきたいのは、何のために家計収支の見直しを行っているのか

それは、貯金ゼロの人が貯金を作るためです。

言い換えれば、貯金体質にない人が、貯金体質になるためです。

その前提でお話を進めると、貯金ゼロの人には二つのタイプがあります。

ご自身はどちらのタイプに当てはまるでしょうか。

  1. 支出額>実質所得
  2. 実質所得>支出額

1番のように、支出が上回っている場合は、当然に貯金は出来ません。

この場合は、まず固定費の見直しをします。スマホの課金オプションで使ってないものはないか、

保険を月に数万もかけていないか、お付き合いで入っている団体に月会費を納めていないか・・・

必要か必要でないかと迷ったら、先に解約し、数ヶ月間支障がないか実験してみるのも手です。

 

問題は2番。実質所得が多いのに貯金が出来ないのはなぜ?です。

これは、まだ出現していない隠れた支出があるということです。

飲み代、レジャー費、外食、後輩への奢り・・・まず「使途不明金」を突き止めましょう

使途不明金が明らかになったら立派な成果です。支出項目に組み入れれば、おそらく支出が実質所得を上回るはずです。

やはり支出の見直しですが、この場合は、固定費の見直しより先に、使途不明金を削減することを考えましょう。

 

ここで一つ注意点は、支出の見直しは漫然とするものではなく、先に毎月の貯金額を決めてやることです。

貯金額の目安は、まずは1万円から始めましょう。

すると (目標支出額)=(実質所得)ー(貯金額)となります。

 

目標支出額を決めたら、それを満たすようにあとは生活するだけです。

ただし、毎月月末は当月の家計収支のチェックを行い、軌道修正を図りましょう。

 

貯金体質でない人は、お金に対する目標管理が出来ていない場合が多いです。これまでの記事に沿って、家計収支の把握→貯金額の設定→目標支出額の設定とステップを踏めば、そのあとはルーチンで意外と楽に管理できるようになります。

 

以上、今回のマネササイズ! でした。

 

[PR]ご自分だけで作業が難しい方は、チーフトレーナーであるナカミチが自らお手伝いします。お気軽に

https://centrelabo.com/contact/からご連絡ください。折り返しご案内いたします。

 

[PR]超速修FP3級合格講座@横浜(勉強すると身近なお金の知識が自然に身につきます)  

 

読者登録してねアメンバー募集中