オイラの辛気臭いネタをご覧いただき、ありがとうございます。

 

さて、「 前川 」っていう「 買春疑惑 」のヒトが先日テレビに出てました。

まぁ、別にきちんと仕事してれば、愛人がいようと買春しようと無問題なのですが、

 

 

前川氏を国会招致 議論は低調 政府「必要ない」一転、なぜ前川氏が国会へ


 国会では10日、加計学園問題をめぐる閉会中審査が行われ、参考人として前川・前文部科学事務次官が出席した。前川氏が国会で証言したポイントと、当初、政府が「必要ない」としてきた閉会中の審査に一転して応じた背景などについて考える。(日本テレビ系(NNN))

 

以下略

 

 

>議論は低調

>議論は低調

>議論は低調

>議論は低調

>議論は低調

 

 

 

 

そうか?w

それって、「 議論は( ウリたちにとって )低調 」だったんじゃないの?w

もっと言うと、「 ウリ好みの流れにならなかった 」ってことではないのかねw

 

青山さんが質問に立っていた。

 

 

 

 

 

先日のNHK 19時のニュースでも取り上げていた。

これを見ると、すさまじい情報の切り貼り、「 THE 偏向報道 」だったなとw

 

 

 

 

ホント、これ。

 

上の動画で、元愛媛県知事の加戸さんが言った言葉( 40:15ぐらいから )

 

 

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

>たくさん今まで取材がありましたけれども、都合のいい事はカットされて私の申し上げたいことを取り上げていただいたメディアは極めて少なかった

 


青山さんの質問と構成は上手だったと思う。
ただ、それはお茶の間には絶対に流れず「 なかったこと 」にされてしまったようですw

なので、


 

 

 

 

 

 

 

 

こういう問題に興味のない方々と、ネットを見ないお年寄りは、簡単に騙されてしまうのです。

 

ただ、今からの若い子達は違うぞ。

 

まずは毎日新聞、早く倒産するといいなw

もうちょっとだと思うんだけどねw

 

こういうのを見ると、人間は情報の動物であり、受けた情報により、その後の行動が違うのがわかります。

 

「 youtubeのコメント 」で、

 

 

 

> この質問のあと、NHKで政治部の人間が解説していたが「何も解明されずより混迷した」と平然と嘘を言っていた たった今言われた正しい事すら報道しないのを目の当たりにし、もうこのNHKを始めメディアはフェイクであり完全に日本の敵だと誰にでも分かる そして加戸氏はyoutubeこそ正しく報道してくれたと仰られたが、そう言われてしまう事はメディアの完全なる敗北を意味する

 

 

 

 

 

 

オイラも思いましたが、客観的に見て「 ウソ 」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

> 元愛媛県知事は、各メディアの取材で何度も話してきましたが、ほぼカットされて来ましたと話された 今日の元愛媛県知事参考人の答弁も、アホメディアは放送しないだろうな 報道の自由だが、報道の自由度ランキングを落してるのはメディアではないの?

 

 

 

 

 

 

 

ここで考えて頂きたいのは、「 なぜこういう報道をするのか 」ということです。

 

細かい事はいいのです。

 

 

 

 

このような偏向報道を行い、安倍政権を叩く「 その目的は何なのか 」です。

アホな既存メディアに聞くと、ほぼ間違いなく「 権力の監視 」とか「 ウリの正義 」とか答えます。

でも、それは「 バカが踊らされている 」だけで、本質を見失っております。

 

「 まずまずまともな国家運営を行っている政権を引き摺り下ろして一番利益の得る人間、または組織はどこなのか 」

 

 

これを考えなければなりません。

民進党のREN4の事は、何故かNKやアサヒ、TBSなどは話題にしません。

明らかに二重国籍、しかも中国本土の国籍を持っている疑いが濃厚なのですが、わざと「 知らせない権利 」を使い、「 違うニュース 」を流します。

逆に、「 ナントカ学園 」問題は、いくら時間が延びようと、次の番組に影響が出ても「 絶対に報道 」するのです。

 

他の重要な報道があっても、絶対に「 ナントカ学園 」の情報を切り貼りし、テレビしか見ない方々を洗脳するのです。

人間、映像を見せられると「 思考をジャック 」されます。

あたかも、それが事実のように思ってしまうのです。

 

 

ところで、海外の工作勢力が、敵性勢力の内部に入り、「 協力者 」を獲得しようとするときに行うポイントがあって、それは「 MICE 」と呼ばれます。

 

☆ M = Money( カネ )

 

☆ I  = Ideology( イデオロギー:思想 )

 

☆   C = Compromise( 妥協:脅迫による屈従 )

 

☆ E = Ego( エゴ:自尊心 )

 

この4項目を混ぜ合わせ、工作員を獲得し、日本の内側から世論工作を行います。

たとえば、バカの鳩山はお金持ちです。

カネでは転びません。しかし、あの男は「 歴史に名前を残したい 」と切実に思っています。

結果として、悪い意味で歴史に残りましたが、鳩山としては「 世界史に名前が載るような功績 」が欲しいのです。

これは、「 EGO : 自尊心 」です。

そこをくすぐり、工作員を周辺に配置し、「 鳩山のブレーン 」として鳩山を動かしております。

 

クローズアップされるのは「 鳩山の奇行 」だけですが、その「 奇行 」の後ろには、「 中国の工作員 」が「 東アジア共同体云々団体 」として暗躍しているのです。

その「 東アジア云々 」の連中も、様々な手口で中国の情報機関に篭絡されております。

 

メディア、特にテレビ局や新聞社の幹部では、「 高級外車を買ってくれた人間 」や、「 マンションを買ってくれた人間 」が結構いるそうです。

その「 人間 」には、基本的に逆らえません。

「 愛人を費用持ち 」であてがわれたヒトもいるかもしれません。

 

そういう人間を数多く飼っておき、いざという時に「 Sleeper 」としてスイッチを押すわけです。

「 我のために情報操作するアル!! 」とw

その「 工作費用 」は、海外特に「 中国 」から機密費として支出されております。

それは巧妙に、日本国籍を持つ人間を経由し、一見わからないように資金が流れます。

 

今回の「 ナントカ学園 」も、明らかに「 マッチポンプ 」したのは間違いありません。

NHKをはじめとした既存メディアは、なぜか「 ナントカ学園 」にしがみついて、もう半年以上やっております。

 

これを

 

「 The Agent of Influence 」、「 影響力がある工作員 」と呼びます。

それは、大手の通信社の幹部であったり、「 東アジアナントカ 」の理事であったり、どこぞの大学教授であったり、よくテレビで顔が出るコメンテーターだったりします。

 

なぜ、その「 コメンテーター 」がよくテレビで出るのかと言うと、そこの番組のプロデューサーが「 Sleeper 」だったりするのです。

そのプロデューサーは、「 中国から様々なルートを迂回して資金提供 」されている日本人かもしれません。

 

中国に不都合なニュースがあれば、その人間が「 知らせない権利 」を行使するし、中国にとって「 強敵 」である安倍政権の力を削ぐべく、日本へ埋め込んでいる「 工作員 」を使い、日本国内で妨害工作を行います。

 

一見、「 日本国籍を持つ日本人 」で、日本語で「 もっともらしい理由をつけて足を引っ張っている 」のでわかりにくいのです。

 

 

今回の青山さんの動画を見ると、NHKをはじめとした既存メディアの報道と、明らかに事実が違うことがわかります。

 

ただ、個人的には、あまり心配しておりません。

現在の既存メディアの影響力は落ちてきております。

 

次の波は、必ずやって来ます。

そこで、あなたの出番なのですなw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(2)