May 26, 2006 20:40:03

階段通りの人々

テーマ:La Vie de Voyage

                   日本に帰ってきて既にニヶ月経過。


 最近やっとのことで、ポルトガルで購入したLa Chasse ( 邦題 階段通りの人々 )と言うDVDを鑑賞。


                     勿論、全編ポルトガル語のみ。


          だが、僕は何処の国でも映画館で映画を観て楽しむ方法を学んだ。


               台詞も大事だが全て理解するのは困難なものだ。


 言葉だけに頼らず映像、構図、演技、音楽、その国での観客の反応などを自分なりに解釈しながら観ると


              不思議なもので少しではあるが物語が読めてくるもの。


           あくまでも、この鑑賞法は思い込みの才能と錯覚を必要とするのだ。


          僕は、そんな我流の映画鑑賞法でフランス滞在期間は映画を楽しめた。


                 


               監督はポルトガル映画界の巨匠Manoel de Oliveira


           このDVDを見終えたあと、あの白い街 で過ごした10日間を回想した。


                 


                   今回で三回目の訪問でもあるリスボン。


     二回目の訪問の時に抱いた『また、この土地を訪れたい』という気持ちが通じたのか


                      『二度あることは三度ある』


                    この言葉は、どうやら本当らしい・・・


                            そして


                  何故、この街にこれほど郷愁を抱くのか?!


           それは単なる思い込みだと思うだろうが、それじゃ話が詰まらない。


                   きっと何かの因果が働いているのか?!


                    そんな他愛の無いことを夢想した。


     


           あの階段通りで出会った人々は、今頃何をしてるのだろう?


         子供達は相変わらず路地裏でフットボールでもしているのだろうか?


       窓越しに干してある洗濯物は穏やかな陽を浴びながら風に靡いているのか?


 あの居酒屋の親父は、相変わらず無愛想にVinho do Porto (ポルト酒)を客に注いでいるのだろうか?


 ホテルの近くにあったAZULEJO (アズレージョ)工房からは、今日も歌声が聞こえてくるのだろうか?


                 


                    僕にとってリスボンとは何だろうか?


                ハッキリとした答えは判らないが、いま思えることは


        きっと場所に囚われず、何処の国でも見られる光景が一番印象に残るのだ。


               その時の気分がリスボンだっただけなのかもしれない。



       

 
                陽も沈み、バイーシャ地区は活気が溢れる。


           遠くから流れるFado (ファド)のメロディーがサウダージに誘いこむ。


       しばらくしてF・ペソアの彫像と共にcafeを飲みながら、言葉無き対話をすることに・・・


                


                    突然だが映画の話をココで1つ


         最近観たナイロビの蜂 という映画のあるシーンでこんな台詞があった。


   主人公が祖国イギリスに帰郷し久々にイタリア系移民のイギリス人と再会する場面である。


            イタリア系移民のイギリスの友人は主人公にこう答えた。


                『ラテン民族の気質のせいか涙もろくて・・・』


                  笑える台詞だが何故かカッコいい!!


                         話を戻そう


              ペソアと過ごした時間はそれとは対照的であった。


     ペソアの表情はラテン民族には珍しく神経質で何処か遠くを見つめた虚ろな視線。


      彼の感情は全て紙面上に書き殴ったポエジーに見て感じ取れる取れるようだ。

               

       

                   今回、ポルトガルを訪れた動機は


    僕の約三年間のヨーロッパ滞在の終止符を打つのに相応しい場所だと思ったからです。

          だが、今回でポルトガルを訪れるのが最後だとは何故か思わない。


           そしてポルトガル以上にフランスにも同じ思いを抱いている。


      何時かまたヨーロッパに訪れる日が来るような気がしてたまらないのも確かだ・・・


                                                           Monde   

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
May 18, 2006 15:55:14

音楽に関する15の事柄 

テーマ:La Vie de Musique

           先日、友人のgunjeyから音楽バトンなるものを頂いた。


       彼との出会いは約10年前に遡る。駒沢公園で音楽を通して知り合った仲間。


                       バトンありがとう!!


  そう言えばフランスでは、もうすぐしたらFête de la musique(フェット・ド・ラ・ミュージック)の時期だ。


     今から23年前、当時フランス文化相だったジャック・ラングという人が


   「こんないい 季節をむだにしてはいけない、何かしよう。そうだ。国民の音楽の日にしよう !!」


          そんな訳で6月21日はFête de la musiqueが設定されたそうだ。


              日本もこの様な政治家が現れて欲しいものです・・・


          横道にそれましたがとりあえず、一通り書いてみようと思います。


        【 01】あなたが名曲だと思う歌・曲は? その理由も述べてください


                       難しい質問ですね。


                     とりあえず一つ挙げると・・・


        JOHN McLAUGHLIN (ジョン・マクラフリン)率いるマハビシュヌ・オーケストラ


        


                       My Goal's Beyond


  この曲を聴くと、いつも大平原の中を駆け巡る白い馬の映像が、何故か脳裏に浮かびます。


                そして、何度聴いても新鮮なのが選んだ理由。


         【02】あなたが好きな、ミュージシャン・作曲家などは誰ですか?


                    これも、難しい質問です。


                 沢山いるのですが、強いて言うならば・・・


               


              Astor Piazzolla (アストル・ピアソラ)1921~1992没


     この人ほど全世界で愛されているモダン・ミュージシャンはいないかと思います。


     また、彼の手がける楽曲はPassion(パッション)に溢れているのが選んだ理由。


    

         

               【03】あなたが好きな音楽のジャンルは何ですか?


              基本的にはMTVで流れる曲以外なら何でも聞きます。


                       ジャンルで言うと・・・


アンビエント、インストメンタル、トイ・ポップ、ワールド・ミュージック、ジャズ、コンテンポラリー、クラシック


                            ets


 要は、情熱を感じるもの。聴いたことの無い音色、旋律、変調なもの。聴いて映像が脳裏に浮かぶもの。


          【04】カラオケは好きですか?また歌うのには、自信がありますか?


                        好きではありません。


        だが、先月友人Dちゃんの結婚パーティーの二次会で6~7年ぶりに行きました。


   とりあえず、ムッシュかまやつの『ゴロワーズを吸ったことがあるかい』を久々に歌ってみました。


                 

              「ゴロワーズを吸ったら短くなるまで吸わなけりゃだめだ~」


                         by ムッシかまやつ


  【05】音楽の中で、好きなタイトル・歌詞があれば挙げて下さい。


           いま思いつく曲は、たぶん皆さんも聞いたことがあるこのメロディー。


                   【 Comme d'habitude (コム・ダビチュード)】

                         ( いつものように )     

  
                     “ Je me lève, je te bouscule ”
                  (朝、目が覚めて、君を起こそうと揺する)


                 “ Tu ne te réveiles pas, comme d'habitude ”
                 (でも、いつものように、君は起きては来ない)


                     “ Sur toi, je remonte le drap ”
                 (君の上にボクはシーツをかけ直してあげる)


“ J'ai peur que tu aies froid, comme d'habitude ”
(いつものように、君が風邪でもひかないかと心配しながら)


“ La main caresse tes cheveux ”
(ボクはふと手で君の髪を撫でる)


“ Presque malgré moi, comme d'habitude ”
(いつものように、無意識のうちに)


“ Mais toi, tu me tournes dos, comme d'habitude ”
(でも君は、いつものように、寝返りを打ってボクに背中を向けてしまう)


“ Et puis, je m'habille très vite ”
(それから、素早く着替えて)


“ Je sors de la chambre, comme d'habitude ”
(いつものように、ボクは部屋から出ていく)


“ Tout seul, je bois mon café ”
(一人きりで、コーヒーを飲む)


“ Je suis en retard, comme d'habitude ”
(いつものように、また遅刻だ)


“ Sans bruit, je quitte la maison ”
   (バタンと大きな音を立てないように扉を閉めて、ボクは家を離れる)


“ Tout est gris dehors, comme d'habitude ”
(外は、いつものようにドンヨリと曇っている)


“ J'ai froid, je me lève mon col, comme d'habitude ”
(今日も寒いなぁ。いつものように、ボクはコートの襟を立てる)


“ Comme d'habitude, toute la journée ”
(いつものように、日中は)


“ Je vais jouer à faire semblant ”
(猫をかぶって過ごすだろうな)


“ Comme d'habitude, je vais sourire ”
(いつものように、笑顔を作り)


“ Comme d'habitude, je vais même rire ”
(いつものように、作り笑いを浮かべ)


“ Comme d'habitude, enfin je vais vivre ”
(結局、いつものように、一日を過ごすんだろうな)


“ Oui, comme d'habitude ”
(そう、いつものように)


                       “ Et puis, le jour s'en ira ”
                       (それから、一日が終わり)


                   “ Moi, je reviendrai, comme d'habitude ”
               (いつものように、ボクは家へと帰ってくるんだろうな)


                       “ Et toi, tu seras sortie ”
                       (そして君は、外出しており)


                  “ Pas encore rentrée, comme d'habitude ”
                 (いつものように、まだ帰ってきてはいないだろう)


                      “ Tout seul, j'irai me coucher ”
                       (たった一人、寝室へと向かい)


                 “ Dans le second lit froid, comme d'habitude ”
                (いつものように、冷え切ったベッドに潜り込むんだろう)


                  “ Mais là, je les cacherai, comme d'habitude ”
               (いつものように、今日一日の出来事を口にすることもなく)


                   “ Mais comme d'habitude, même la nuit ”
                      (でも、夜でさえ、いつものように)


                     “ Je vais jouer à faire semblant ”
                     (また猫をかぶって過ごすんだろうな)


                     “ Comme d'habitude, tu rentreras ”
                      (いつものように、君が帰ってきて)


                   “ Oui comme d'habitude, tu me souriras ”
                  (そう、いつものように、君がボクに微笑みかけ)


                     “ Comme d'habitude, on s'embrassera ”
                      (いつものように、抱き合うんだろうな)

                         

                          “ Comme d'habitude ”
                           (いつものように)


                     “ Comme d'habitude, on fera semblant ”
                       (いつものように、振りをしながら)


                    “ Oui comme d'habitude, enfin à l'amour ”
                    (そう、いつものように、最後は愛し合って)


                    “ Comme d'habitude, on s'embrassera ”
                     (いつものように、抱き合うんだろうな)


                         “ Comme d'habitude ”
                           (いつものように)


        この曲は、フランス人のClaude FRANCOIS (クロード・フランソワ)が作詞・作曲。


           日本ではフランク・シナトラ尾崎紀世彦 で一躍有名になった曲だろう。


                         

                 


         


      


  実はこのマイ・ウェイ。原曲はクロード・フランソワのオリジナル曲。つまり、フランスの歌なのです。


               しかも、クロード・フランソワが当時付き合っていた恋人


                    


            FRANCE GALL (フランス・ギャル)との別れを綴った内容の曲。


           だが、僕はClaire Chevalierクレール・シュヴァリエ)がカヴァーした



                  

            

           ボサ・ノヴァ調の【コム・ダビチュード(いつものように)】が好きです。


          【06】好きな音楽を聴いていると、あなたはどんな気持ちになりますか?


                           安息を感じます。


          【07】音楽を聴きたくない時ってありますか?それはどんな時ですか?


                         家から外出している時。


              昔はウォークマンなどで音楽をいつも聞いていましたが


             いまでは考え方も変わり、なるべく外世界の様々な溢れ出る音


   たとえば自然が醸し出す音色や、都会の中で響くノイズ音や人々の会話などに耳を傾けます。


【08】(これからリリースされるなど)音楽についての情報源は何ですか?


     特に無いです。強いて言えば自分で見た映画音楽。あとは偶然CDショップでの視聴。


【09】あなたが音楽を好きになったきっかけは何ですか?


              覚えていません。気がついたら好きになっていました。


            【10】音楽によって自分自身が助けられたことってありますか?

               あります。フランス生活では音楽に励まされました。


  【11】音楽は自分にとってどのような存在ですか?


                    空間を創り出すエレメントの1つ。


                           あと


                    友人Dちゃんが言った言葉。


           『音楽とは言葉に表せないもの。声の延長線上のものでもある』


                      という表現に同感です。

               

               【12】学校などの音楽の授業は好きでしたか?

                          いいえ

 

【13】なにか楽器を弾けますか?


          色々な楽器を試しましたが、どれも途中で辞めてしまいました。


              サックス、ピアニカ、アコーディオン、ヴァイオリン


                残念ながら音楽の才能が無いようです。

【15】 バトンを音楽が好きな方にまわしてください。


                    la francaise の yk-meronさん


               Ed-Commons Annex のby ed-commonsさん


                 ブルースター のsweet-bluestarさん


                    日々のあわ の happyumikoさん


               Alle Freude -いっさいの喜び- の lorbeerさん


      このバトンに興味があり時間があるようであれば、受け取って貰えたら嬉しいです。


    忙しい時はスルーしてもらって全然構いません。他にも興味ある方は受け取ってください。


                                                          Monde

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
May 13, 2006 15:46:30

  足跡

テーマ:La Vie de Pansee

                  潮騒に耳を傾けながら海辺を散歩


              自然が物質を風化させて創り出したオブジェ群


                 それは世界の終わりのような光景


  


    


                       海辺を見つめていたら


                    何故かこの映画が浮かんでくる


                      題名はAgatha(アガタ)


            監督兼原作はMarguerite Duras(マルグリット・デュラス) 


       


                 浜辺に吹き付ける風が潮の匂いを運んでくる


                            また


    都会では味わえない穏やかな太陽光が人々の心を和やかにさせる


       


               しばらくその光景を眺めながら無心に歩いていると


                       砂の城へたどり着く


                           思わず


               砂の城越しに低いポジションから海を眺めたくなった


                            また


             この海辺に訪れた刻印を残す為に、足跡は深く踏みしめた



      


                           だが今頃は


                     その足跡も既に潮風にさらされ


                      跡形も無く消えているだろうが・・・

                                                         Monde 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
May 07, 2006 18:34:27

  大洋村

テーマ:La Vie de Voyage

                  桜もすっかり散り、気がつけば皐月。


            青空が清々しかった黄金週間。皆さんはどうお過ごしでしたか?


   僕は現在御手伝いしている仕事に連日追われ、リラックスする時間も無い状況が続いていました。


               読者の皆さんにも返信できず申し訳なく思います。


                  なので、こんな状況を打破する為に


                   たった二泊三日の滞在でしたが


              東洋のCôte d'Azur (コート・ダ・ジュール)へ向かった。


                  さて、東洋のコート・ダ・ジュールとは?!


          それは茨城県の鹿嶋市から数キロ行った所にある海沿いの保養地。


                  この土地のキャッチフレーズなのだ。


                       その名も大洋村。


            良い響きである大洋村。ちなみに隣の村は旭日村である。


       だが、現在は土地改正で鉾田市に吸収され大洋村という名称が消滅された。


                実は、友人H君の生まれ故郷でもある大洋村。


                彼の実家はこの土地で定職屋を営んでいる。


              毎回この土地を訪れると、彼の家族にはお世話になる。


    なので、ほんの些細な気持ちだが、お店が忙しい時は皿洗いを手伝ったりしているのだ。

                             

                          そして


               

        彼は自分の田舎の名称が消失したことを、このような文章 で綴っていた。


                           だが・・・

               彼の中でも、土地の人々も、そして僕の中でも

                 一生、大洋村という名を忘れないだろう。

                                                          

                                                        Monde

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。