September 29, 2005 06:20:41

  時の確率

テーマ:La Vie de un Miracle

   突然ですが、インターネットが普及し始めてから、どの位経つのだろう?ここ10年以内だろうか?


              不思議なもので、気が付けば操作できるようになっていた。


  簡単に知りたい情報や、遠く離れた友人とのMailを通してのコミュニケーションが取れる様になった。


    だがその反面、新聞やニュースではインターネット犯罪と言う言葉や不幸な話を良く耳にする。


            テクノロジーとはいつの時代も、必ず負の部分が強調されがちだが・・・


     実は最近、テクノロジーがもたらした奇跡体験をしたので、その事について書きたいと思う。


           その前に話の順序からすると、ここから書いたほうがいいだろうか!?


それは、フランスで『増村保蔵レトロスペクテブ』 と言う増村監督の映画が公開されていたのが切欠でした。  

                      

                    


       僕の知っているだけでも 『卍』 『盲獣』 『清作の妻』 『刺青』 が公開されています。


                 増村監督は黒澤、溝口、小津、大島、につぐ


             日本映画界の巨匠として世界に認知されつつある。


             


         右の女優は緑魔子で左は若尾文子です。この年代の女優は、風格が漂っている。


                   女優の持つ魅力を最大限に引き出す。


                これは増村保蔵の持つ力量の成せる技なのでしょう。


 当時の大映の芸術思考な映画製作は、東映、東宝、松竹と比べると一線を超えるプロダクションだろう。


            気が付けば、映画論に話が進みそうなので話題を変えないと!


                            それは・・・


              今から約10年前の事で、その頃の僕は写真学校の学生。


                            そして・・・


             人に言えない恥ずかしい過去って誰にでもありますよね(苦笑)


                    書くのも恥ずかしいですが告白します。


  今もあるのかな?当時の僕は、ロッキンオンジャパンが出版していた 『H』 の友人募集コーナーで


              匿名ですがハニー摩子と言う女性と知り合ったのでした。


           そうですよね。当時は文通が主流だった。つい10年前の話ですよ !!


当時の彼女は、70年代のジャパニーズ・サイケデリックを好み、映画だと 『野良猫ロック』 『女囚さそり』


               

               

         音楽だと 『モップス』 『コモエスタ八重樫』 『デキシード・ザ・エモンズ』


    そして、60’s70’sファッションを好み、東高円寺『UFOクラブ』 などを好むゴーゴーガール。


             どちらかというと、当時でもマイノリティーでアングラ派だろう。


                      強烈な個性を持ち合わしていた。


                 これが僕の覚えている、ハニー摩子ちゃんでした。


       そんな彼女を、僕は写真学校の卒業制作展の為にモデルになってもらった訳です。

             今、思い返せば若気の至り的な写真を撮ったものです(苦笑)

           それ以降、気が付けばお互い連絡つかずって感じで10年経つ事に・・・

    本題に入ろう。そんな事で今回の再開の切欠は、フランスで観た 『盲獣』 と言う映画だった。


       確かハニー摩子言う名前は緑魔子からインスピレーションされたのではないか?!

              そんな事を思い出しながら 『盲獣』 を観たものです。

      そして数日後、思い出したようにGoogleで『ハニー摩子』と検索してみました。

             すると、なんと数件ヒットしたではないですか!! 

       彼女の友人が経営する、60’s70’sファッションのWEBサイトPLUM NELLIE に 

                彼女が、つい最近書いたと思われるBBSを見つけた。


            その書き込みは「アメリカからメキシコへ横断する」と書いており


             彼女は約10年経った今でも、『ハニー摩子』 を名乗っていた。

 これには僕も、驚きと興奮を隠せません。すぐさま、WEBサイトのBBSに書き込みしてしまったのだ。

       彼女がMailを見る保障は無いが、書くだけ書いてみよう。そんな思いでした。

                         それから1ヵ月後・・・

                なんと、ハニー摩子ちゃんからMailが着たのです。

  彼女は、なんと僕の事を覚えてくれていた。そしてパワーアップした彼女の写真が添付してありました。


                          

    


   写真を撮影した場所はトルコらしい・・・約10年前のあの頃と変わらず、しかもフーテンな姿。

                また、驚いた事に、僕も何どか面識があるのですが

        彼女は当時付き合っていた『ミック・ジャガー似の彼氏』と結婚していたのだ。

              Mailを通してですが、僕は心から祝福の言葉を送った。


                     そんな訳で、改めて思い返すと


  日本から海を越えて遠く離れたこの土地で、こんな出来事が起こるなんて一昔は信じがたい事だ。


                 本当に素晴らしい時代に生きているものだと!!


                            そして


 10年の重みとテクノロジーがもたらした再開に。それから時代のプログレッシブを再確認したものです。


     また、僕は物質崇拝主義者では無いですが、物質とはその操作する人のモラルによって


                   幸せをもたらし、時には不幸を招きます。


      ある人々は、文明批判なる論議をかもしだすが、物質が犯罪を犯しているのではない。


         インターネットによる犯罪も、それを操作している人間が起こしている事。


                   そんな戯言を呟きたくなる今宵の秋です。

                                                          Monde

   

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
September 23, 2005 07:51:46

   蔦

テーマ:La Vie de Manger
            もし、あなたがパリ10区に来て、食事を何処で食べようかと困ったり

                  ちょと食に贅沢したい時など、そんな時は

                フランス版『たまに行くならこんな店』がいいだろう。


                         その場所はと言うと・・・

         

               Gare de L Est の近くで徒歩5分~7分で行けます。

      Boulevard de Magenta から Rue de Petits hotels という通りに歩いていくと

            

             St-Vincent de Paul と言うカテドラル(教会)があります。


                        そのカテドラルの裏手に行くと



                         と言う通りが見えるでしょう。


                そうすると蔦に絡まれたアパルトマンが目立つと思います。


     


                           こんな店です。

                    

                       進めておいてなんですが・・・

            

                名前は忘れました。しかもココで食べた事ないです。

                  ただ、散歩がてらに見つけただけなんです。


                     静かな場所で落ち着けそうですし。


                           何故かと言うと

      アパルトマンを覆う蔦の絡まり具合が、余りにも見事なので、僕の興味を引いたのでした。


                  美味しいかは、あなたの舌で確かめてみては!!


        お詫びにこの映画をお勧めします。パリのレストラン をごらんになってみて下さい。


                          
         
         レストランにもドラマツルギーがあるんですよね。ココでなら外食してもいいかな!
     
      関係ないですが、食欲と性欲は因果関係が働いているのか? フランス人を観察していると

                   こんな事を考えさせられる、そんな今日この頃です。

                                                           Monde

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
September 20, 2005 07:19:14

歩いて帰ろう

テーマ:La Vie de Pansee

           あ~、今日は夜風が気持ち良い日だ。


              パリ7区のアンバリットに住む友人の家で飲んだ帰りである。

        

      普段はなんとも思わないが、ほろ酔い気分で見るエッフェル塔が何故か新鮮に見えた。


        パリの灯台でもあるエッフェル塔。レーザービームの光が街中を照らしている。


                      こんな日は歩いて帰ろうかな。



   そう言えば、我が友でありゲーリー爺さんのH君というのが東京タワーフェチだった事を思い出した。


     * 彼のことは過去ログ7月6日の『名無しの飲み屋そして薔薇刑』に登場した事があります。


                   そこで彼のことを少し書いてみたいと思う。


      我らがフランソワ・トリュフォーの『大人は判ってくれない』という映画のオープニングに


             エッフェル塔がパリの色んな場所から見える場面があるのだが。


           ゲーリー爺さんことH君は、敬愛するトリュフォーのオマージュとして


                  東京タワーを色んな場所から撮っていた。



          そんな彼も今年中に写真展を開催しようとしているので心から応援したい!!


     そう言えば、彼のBLOGhttp://phossy.exblog.jp/ があるので興味ある方は覗いてみてください。


                             そう言えば・・・


           僕は実を言うとフランスに住んでから一度もエッフェル塔に登った事が無い。


      そして凱旋門にも登った事がない。アンバリットことナポレオンの墓にも入ったことが無い。


  しかし、ジャン・ポールⅡことヨハネ・パウロ二世が亡くなって今年始めてノートルダム大聖堂に入った。


  東京に住んでいた時も東京タワーに上まで登った事がない。入ったことはあるが蝋人形館止まりだ。


               そうだ、日本のシンボル富士山にも登った事がないな!!


   だが、決して高所恐怖症と言うわけではないのだ。反対に高い場所は好きなんだが、なんでだろう?


                          ついでに告白します。 


          日本人なら誰もが一度は行く東京ディズーニ-ランドにも行った事が無いな~


       だけど、浅草の花やしきは好きだ。結構思い返すと行って無い場所があるものである。


                だが冷静に考えると、そんな事はどうでも良いのだが・・・     


          そんな事を考えているうちに気が付いたらオルセー美術館の前まで歩いた。


                   


            このオルセーの裏には、確かセルジュ・ゲンズブールが住んでいたよな。


 そうだ!初めてフランスに来た時、ゲンズブールの家の壁に落書きじゃ飽き足らずナイフで彫ったな~


       それにしても秋風が心地良い。そんなほろ酔い気分でセーヌ川の辺を歩いているうちに


               エッフェル塔もだいぶ小さく見えるようになるぐらい歩いた。


                      そして、不思議とそんなに疲れが無い。


           ようはエッフェル塔は何処から見たら最高に美しく見えるのだろうか?


                     上から見るのか?下から見るのか?


               縦から見るのか?横から見るのか?斜めから見るのか?


      中から見るのか?外から見るのか?景観か?それとも目を閉じて心に描けばいいのか?


どうやら思ったより酔っているらしい。この調子だと酔いどれ船で何処までも漂流する夢でも見そうだな!!


                                                           Monde

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
September 17, 2005 03:15:22

夏の抜け殻そしてブルターニュ

テーマ:La Vie de Musique

                 今年の夏の夜は、良くココの広場に通いました。


    デジカメの画像が残ってたので、今回は今年の夏を回想録と言う形で語りたいと思います。


      * 過去ログで7月24日の記事『ラストタンゴ・イン・パリ』で取り上げた場所です。

 

                 ココでは色んな催しが無料で行われるのである。


       ブルターニュの民俗音楽を生演奏で聞きながらが。ダンスを見ることも出来るのだ。


 僕は昔からケルト音楽には関心があった。エリック・ゾンカ監督の『天使が見た夢』のエンディングの曲を

                          

                        


 手がけているのはブルトン人のヤン・ティルセン である。ちなみに『アメリ』のサントラも手掛けています。


               僕は今までに彼のコンサートを3回観たことがある。


           初めて観たのは今から5~6年前、場所は渋谷クアトロだったと思う。


              確かフレンチ・ポップの鬼才カトリーヌの前座で観ました。


 その時まで彼の存在を知らなかったのですが、カトリーヌより断然良かったのが印象に残っています。


       薄暗い舞台に裸電球一つと言う空間。それはパリの屋根裏の様でもありました。


  演奏はとてもリリシカルで、彼の奏でるアコーディオンのメロディーは静かなる情熱とでも譬えたい!!


           僕はフランスに3年も住んでいながらブルターニュに行った事が無いので


                     一度はこの土地を訪れてみたいと思う。


  そして話は変わるが、ケルト文化という言葉があるようにブルトン人の民族意識はかなり強いのだ。


 

                       


                   ブルターニュの歴史を知りたい方は

       

      http://www.paw.hi-ho.ne.jp/nasubichan/brittanyhistory.html をクリックしてください。


          僕が思うにこの集いは、パリ在住のブルトン人の集いなのだろうか・・・


          そして、日本やパリにもある様な何々県人会みたいなものなのかな?


                      

      

      ブルターニュ地方のダンスは、楽団を中心に囲み、円を描きグルグルと回り踊りだす!!


   至って素朴である。素朴だからこそ見ていて飽きないし、五感をフルに使っているのが分かります。


               この時は見ているだけだったが、今度は踊ってみよう。

                          それから数日後・・・

                  

     フランスのヴァカンスが終わる最終日の或る夜。Pont des Artsに行った時の事である。


 ビール片手に夏の余韻を感じながら涼んでいると、橋の遠くで聞き覚えのあるメロディ-が聞こえてきた。


        なのでその方向に足を向けると、あの広場でいつも演奏している楽団に出会った。

         

        

 話しかけて聞いてみたら、彼らはプロのミュージシャンではなく、趣味として毎年ブルトン人が集まって

      この様に夏を楽しんでいると言う事である。そして今年の夏最後の演奏であったのだ。

          プロではないが、彼らの演奏は聞いている人々を幸せにさせるメロディ-♪

        きっと吟遊詩人の血を引いているのだろうと想いながら曲を聴いていたのだった。

    こうして今年の夏の余韻を噛み締めながら、これから迫る冬の到来を向かえようとしています。


                     そんな『うたかたの夏』のワンシーンでした。

                                                          Monde

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
September 14, 2005 03:28:28

孤独な散歩者の夢想

テーマ:La Vie de Pansee

         フランスは残暑らしい気配もなく、季節は徐々に秋に移ろうとしています。

             

               そんな日はリュクサンブール公園を散歩する事に。


           すでに公園内は琥珀色の落葉のカーペットが敷かれていました。


         そして、マロニエの木の幹にはシャンピニョンが生えているではないか!!



         自然が創りだす造形物。しばしその場に立ち止まり孤独な散歩者は夢想する。


    啓蒙思想家のルソーも、約2世紀前にこんな感じで夢想しながら『エミール』を書いたのだろうか?


  アール・ヌーボーのガラス造形家エミール・ガレも、この自然の創り出した造形美の前で立ち止まり


      色んな角度から眺め、様々な事を夢想しながら、のちに名作を創り出したのだろうか?



 そんな事を想いながら写真を撮るのに夢中になっていると、シャンピニョンの向こうで誰かが見ていた !!


     良く見ると学生らしいマドモワゼルだった。確かに僕の行動は周りから見たら怪しく見えたろう。


しかしそんな事は気にせず撮影を続けようとしたが、やっぱり気になる。あのマドモワゼルなんか憂鬱そう…



                     彼氏と別れ話でもしているのだろうか?


                    それか学校での成績が思わしくないのか?


                  それとも秋の空気感がそんな気分にさせるのか?


                   そんな事を想いながら、彼女を見つめていた。


               それにしても、彼女の物思いに耽る姿が美しかったのは確かだ。


                    そして秋は女性を美しくさせる季節らしい・・・

                                                          Monde

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
September 08, 2005 08:13:18

   穴

テーマ:La Vie de Pansee

          むか~し、むかし。 江田の或る桃源郷に亜駄夢と伊舞が住んでおったそうな。

        

             或る日、江田を創られた仏さんが、亜駄夢と伊舞にこう命じたそうじゃ。

   「 江田の屋敷内は何処に行こうと自由じゃが、けして『禁断の部屋』だけは覗いてはいけない !! 」

   

          二人は深く頷きました。ところがある日、ツチノコが伊舞をそそのかしました。


              「 あの部屋は『真実を知る部屋』ニダヨ。覗いてごらんニダ !! 」

            ツチノコはこう答え姿を消しました。それから伊舞は考え、悩みましたが


                 ついに伊舞は亜駄夢と二人で『禁断の部屋』を覗く決意を・・・




                



                                       

        

           


                                              



            



      その途端、二人はお互いが裸であることに気づき、慌てて手で股間のあたりを隠しました。

               すると何処からともなく、仏さんが現れてこう言われたそうな。

        「 お前たちは何をしている。あれほど『禁断の部屋』を覗くなといったじゃないか !! 」

        こうして亜駄夢と伊舞は江田の屋敷を追われ、二人の厳しい旅路の始まりじゃった・・・


                              お終い !!


                 クリックすると 『禁断の部屋 』が覗けます。


ただし、かなりショッキングな内容なので『心臓の弱い方未成年の方女性の方』は、ご遠慮ください


          悲しみは知識である。多く知る者は恐ろしき真実を深く嘆かざるをえない。


                     知識の木は生命の木ではない。
 
                          ―「パンセ」―                           

                                                            悶怒

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
September 05, 2005 21:21:03

La Chambre claire =明るい部屋

テーマ:La Vie de Pansee

    今日は休日。1週間分の疲労を深い眠りで癒す。そして目を覚ますと窓には木洩れ日が・・・

                  

    絹目のカーテン越しにその淡い光は眠気を覚ましてくれた。さあ、一日の始まりである!!

                                                           Monde

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
September 01, 2005 05:07:27

恋愛に関する短いレポート

テーマ:La Vie de Amour

waldgrenzeさん こと「もりサン」から、『恋愛バトン』を受け取りました。このブログは結構友人が見ているし、結構恋愛に関して僕は秘密主義者だし、そんなに恋愛を語れるような者じゃないので(苦笑)なので引き受けようか非常に悩みましたが、答えられるところは答えます。



★初恋はいつですか?

幼稚園の頃かな?いとこのお姉ちゃんでした。

★今までつきあった人数を教えてください。

ジョー・パス


★今好きな人はいますか? (いる人は)好きなところは?

残念ながらいません。

★好きな人とデートで行きたい場所は どこですか?

何処でしょうね?東京だったら馴染みのカフェ(JAZZ喫茶マサコ)や代々木公園でのんびり。後は映画館巡り。怪しそうな珍店巡り。パリも似たようなもんかな?(苦笑)


★こんな人は絶対無理! っていうのありますか?

お互いの自由を尊重しない人。他人の悪口を言う人。思い遣りが無い人。

★恋愛対象年齢は何歳~何歳ですか?

恋愛に年齢制限なんて無いと思います。


★浮気は許せますか? 許せる人は、どこまで?

状況によるが許せる方だと思います。彼女に男友達がいるのは当たり前な事だし、それを一々嫉妬するのはナンセンスだと思う。お互いの関係に亀裂が入らない程度なら大丈夫。そう言う僕も自由主義者だし!!


★同棲ってしてみたいですか?

お互いに個室があれば考える。1部屋に2人は難しいですね。経験済みなもので・・・


★あなたが愛情を感じた行動は?

辛い時、悲しい時に側に居てくれたとき。

★愛と恋の違いは何だと思いますか?


恋について

・恋というのは一つの芝居なんだから、筋を考えなきゃだめだよ。      by谷崎潤一郎

・恋と噂話はいちばんお茶を美味しくさせる。                   byフィールディング


愛について

・ほどほどに愛しなさい。長続きする愛とはそういうものだよ。        byシェークスピア

・愛する。それはお互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向を見つめることである。
                                              byサン・テ・クジュペリ

恋愛について

・恋愛とは二人で愚かになることだ。                        byポール・ヴァレリー

・魅力あるもの、キレイな花に心を惹かれるのは、誰でもできる。
だけど、色あせたものを捨てないのは努力がいる。色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。
                                              by遠藤周作

                    

★一番長く続いた恋愛は?

ジャコ・パス・トリアス

★究極の選択です。 一生、人を愛することしかできなくなるのと、人から愛されることしかできなくなるのと、どちらかを選ばなければならないとしたら、どちらを選びますか?


・愛されないということは不運であり、愛さないということは不幸である。   byアルベルト・カミュ 

なので勝手ながらどちらも選びません!!                                    


★バトンを渡す人


渡しません。しかし、このブログを見てくれた方で参加したい人は自由参加と言う形にします。『もりさん』勝手ながらスミマセン。


この様に何日か掛けて書きましたが、我ながら羞恥心をくすぐられました(笑)答えにくい部分は偉人の残した言葉から当てはまるような言葉を適用しました。改めて自分の書いたものを読み直すと羞恥心が増しますね。しかも時間を掛けた割には、不甲斐ない答えでしたが(苦笑)まあ女性の方は或る一人の男の恋愛論だと思ってください。そして愛に関してはフランス人のような達人にはかないませんが、日本人特有のストイックな恋愛論も僕は嫌いじゃないです。そんな事で愛とは何でしょうね?                                

                                                          Monde

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。