ダッチラム・エンジンチェックランプ点灯&エンジン不調修理。 | モナミのブログ インフィニティ,US・NISSANを愛する車屋社長の奮闘日記!

モナミのブログ インフィニティ,US・NISSANを愛する車屋社長の奮闘日記!

車屋で起こる数々のご依頼やお仕事の内容、
オンリーワンを目指して奮闘する社長のブログです。
そして・・・
代表トミーの気ままな漢(オトコ)ライフも、もれなくお届けします。

エンジンのチェックランプが点灯し、エンジンがブルブルする不調で入庫した

 

S様の愛車・ダッジラム・キャンピングカー。

 

 

不具合をチェックすると

 

エンジンを始動するとメーター内にエンジンチェックランプが点灯しっぱなしで、

 

 

エンジンもエンストまでいかないですがブルブルしてましたね。

 

まずは診断器を使って診断。

 

診断結果は、NO2シリンダ失火。

 

どうやら点火系に異常があるようでした。

 

なので、点火系をチェックするのですが、このダッチラムは、

 

プラグやディストリビュータを点検するのに、室内からエンジンカバーを取り外すという

 

 

車屋泣かせの車でもあります。

 

まあこの頃のアメ車はシェビーバンと言い同じような感じですけど。

 

パネル等の付属品を外しつつ、カバーを外すとようやくエンジンが出てきます。

 

 

で、手前にあるのがディストリビュータで、そこから出てるのがプラグコードになります。

 

今回はディスビ本体ではなく、プラグコードの不良が原因のようで、

 

 

プラグコードはセットで新品に交換。

 

ついでに、ディストリビュータのキャップとローターも同時に交換。

 

 

さらには、プラグもだいぶ劣化していたので、同時に交換。

 

 

あとはしっかり元通りに組んでいき、

 

 

エンジンカバーを取り付けて、エンジン始動するとチェックランプも消え

 

エンジンのブルブルも消えアイドリングも安定し絶好調になりました。

 

プラグコードやディストリビュータのキャップやローター、それにプラグは

 

消耗品なので定期的な交換をおススメします。

 

なにはともあれ、大事に至らずでよかったです。

 

この度はモナミに絶大なるご信頼をありがとうございました。

 

今後のアフターメンテナンスもお任せくださいね。

 

逆輸入車の販売・修理は専門店へ・・・
安心・安全オンリーワンを目指す・・・

インフィニティ・US日産のことならモナミモータースへ

:350-1101
埼玉県川越市的場981-7

:049-232-5888:049-233-8035
営業時間:8時半~18時 

定休日:祝日・第二土曜・第二土曜の次の日曜


漢(オトコ)って

 

アメ車も

 

要所を抑えれば

 

扱いやすい車だと思うよね?