皆さんお久しぶりです。Muraです。

 

最近忙しくて更新ができていませんでしたので、久々の投稿です。

 

今回は、在宅ワークの求人に隠された罠について紹介します。

 

MLM(マルチレベルマーケティング)とは・・・商品の購入者を「販売員(ディストリビューター)」として起用し、その販売員は、さらに別の人を販売員として起用することができる。

このように、購入者を構成員として「多階層の販売員組織」を形成しながら、商品の販売活動をおこなっていくことを「MLM(マルチレベルマーケティング)」といいます。

今回なぜこのような記事を書こうと思ったのかというと、在宅ワークがどんなのがあるかを取材するために「クラウドワークス」に登録し、お仕事を探していると、気になる求人があったというのがきっかけでした。

 

その求人には、

・お持ちの端末(パソコン・携帯電話)で、既存のテキストを使用し、データの入力・貼り付け作業を行っていただける方を募集いたします。

・スキル不要・経験不問ですので、どなたでも取り組みやすいお仕事です。

・サポート体制も整っており、完全在宅での作業になります。

 

という記載で、月給は5万円から600万円というすごい開きのある記載が。

 

一日2.3時間でこれだけ稼げます!という魅力的な説明で、応募者も結構いました。

 

条件としてはLINEでこまめに連絡を取れること。

 

なんでも、初めの説明会的なものもLINEで行うという。そこでLINEアカウントが載っていたのでトモダチ検索して登録してみることに(我ながらすごい行動力)

 

すると1時間後・・・

 

「登録いただきありがとうございます。早速ですが、お名前、年齢、ネットビジネス経験の有無を教えてください。」

 

とLINEがきました。ネットビジネスは少しだけ。と書いて返信すると、

 

「そうであれば大丈夫かと思います。では、LINEでグループに招待しますので、説明会に参加お願いします。」

 

LINEで説明会?!どうやって...?と思っていると、説明会はグループトークで行うとのこと。

 

そのあとに、念入りに説明会参加の意思や、既読無視をせずに阻害行為等をしないように等の確認をされ、グループに招待されました。

 

グループには20数人ほどがいて、次の日の昼に説明会開始です。

 

昼にLINEでスタンバイしていると、私を招待した人からLINEがきました。

 

「確認したいことがあるので電話していいですか?」

 

少し怖かったですが、恐る恐るうけてみることに(ここまできたらなんでもこいや!笑)

 

 

「もしもし、本日はお願いします。

早速ですが、月にどれくらい稼ぎたいですか?」

 

いきなりこのようなことを聞かれ、消極的に数万程度ですかね。なんて答えると、

 

「その程度でいいんですか?ということは今お仕事されていて、副業感覚ということですね?」

 

どれくらい稼げるのかも知らないし、そもそも何するのかも知らないんだから当たり前だろ!と思いながらも、どれくらい稼げるもんなんですか?と聞いてみると、

 

「上を申し上げるときりがありません。中には初月に70万なんていくかたもいます。」

 

なんて素晴らしい世界なんだ!と目が¥¥になりながら聞いていると、

 

「それではこの後の説明会で、自己紹介をしてもらいますが、その際に目標金額と稼ぎたい動機をお願いしますね。」

 

あ、説明会でも皆の前で言わされるのか...

 

そしてグループラインで説明会がスタート

 

特にお仕事の説明もないまま自己紹介がスタート

 

ちなみに紹介時に言う内容は、

 

・名前

・活動場所

・稼ぎたい金額

・稼ぎたい動機

 

皆さんフルネームで、熱い動機を語っていました。

 

「ネットビジネスで騙されて、今度こそ成功したいんですっ..!!」

 

「今後の社会情勢を考えると、ネットビジネスで安定的に収入を...」」

 

などなど

 

うわ~自分の番きたらいやだな~てか本名言いたくないし...なんて思っていると、

 

トーク画面に「すみません退出します」の文字が。それを皮切りに数人がドタドタとグループを抜けていきます(笑)

 

多分自己紹介の流れに引いているんでしょう。私も含め(笑)

 

ということでその流れにのっかり私も一言残して退出。

 

招待された人もブロックして終了。

 

一体何だったんだろう。と思い、ビジネスの名称でネット検索してみると、

 

マルチビジネスに関連する記事やブログがあり、評判はあまりいい物ではありませんした。

 

ここからは私の推測ですが、説明会参加の注意書きに書いていたことも考慮し判断すると、

 

・ビジネスの紹介をし、儲かると思いこませ、ノウハウやサービス提供料を回収する

 

・スタッフになった者は、そのサービスに勧誘することで別途インセンティブがもらえる

(説明会への勧誘が必死だった)

 

・中には本当に稼げるものもいる(今回のように求人に貼ることで勧誘数を増やせば儲けることも可能...?)

 

まとめるとこんな感じですかね。まあ、途中で退出したので確定的なことは言えないですが(笑)

 

ただ、最後に大事なことをいいますと、

 

クラウドワークスやランサーズ等のサービスで、受注などの契約が完了していない状態で、連絡先交換(今回ではLINE交換)は禁止です。

 

これは、クラウドワークス等を利用して外部求人サイトに引っ張ることを阻止するためであり、LINEの連絡先を乗っけていると、結果的に連絡先交換になりますよね(私から登録しましたが)

 

つまり、ルール違反を犯して求人を貼っていることに変わりはないのです。

 

もしかしたら本当に稼げるビジネスなのかもしれませんが、ルールを犯して募集をかけているところにあまり好感はもてないですね...

 

読者登録してね

AD