もう何年前でしょう?
こんまりさんの、ときめき整理術が流行った時に本を読んで、自分の洋服をぜーんぶ引っ張りだし、
ときめくか
ときめかないか
で分類して整理しました。

これをやったときに分かったことは、
1、機能的だと思うものは溜め込んでしまう。(Tシャツ類)

2、ときめくブランドは10年前と変わらない。(しかもそのブランドは無くなっていてもう買えなくて、ときめくのにボロボロで新調できなくて悲しかった。)

さすがにボロボロのものは、ウエスにし、
サイズが合わなくなったものなどは、生地にして処分を先伸ばしにし。
自分の物は随分コンパクトになりました。

しかし、こういう整理術、なかなか身に付いてくれません。
新しいものが流行ると、その気になって
喉元過ぎると元の木阿弥。

自分なりの整理術を身に付けたいものです。

さて、自分のものを整理すると、
手を出したくなるのが夫の洋服。
そんなに沢山ないのですが、どう考えても着ない物でも、
独身時代に買った物は大枚はたいて買った物も多く、思い入れもあるらしく。
本当に着ていないものは、少しづつ聞いて、処分か保留かジャッジしてもらっています。
ジャッジをしてもらうタイミングは重要!

そして時々やってくる
夫の断捨離モード時は大チャンスです。
処分して欲しいものを山盛りにしておくと、
えーい、あれもこれも処分だーとなります。

しかし、問題は作業着。
自分もですが、作業着に関してはトキメキより、使用感。
・動いても、余裕のあるサイズかつ、袖や裾が邪魔にならない。
・出来るだけ肌の露出をカバーしてくれる。
・燃え移らない素材。
など、安全面重視。

しかし、いざ使っているものは決まってくるもので、それなりにトキメキ感が作用しているのか?!
夫の場合は色もポイントになっているようで、
特に白いものは使って貰えない。
しかし、洗い替えのペースを考えると、全て満遍なく使って欲しい!

そこで、先日の赤紫蘇酢に活躍してもらおう。
ハイネックの白いインナーを洗濯脱水後、ジップロックに入れて赤紫蘇酢を投入!


良い感じに見えます。

1週間ほど放置。


染まりました!
思ったより薄いけど、襟しか出ないし本人からOK出ました。



着るとこんな感じ。
いいね、いいね、この調子で色々染めちゃおう!
と盛り上がりました、、、

しかーし、
洗濯したらあっという間に薄くなって、2回でほぼ色が抜けおち。

あはは、、、

ここで、材質をチェックするのが素人の浅はかさ、、、いや、私のいい加減さ。
アクリル80%
レーヨン30%
ナイロン15%
ポリウレタン5%

100%化学繊維。

染まってなかった。

残念です。

遊びとしては面白かったけど。