加恋な桃(かれんなモモ)

加恋な桃(かれんなモモ)

42歳で不妊治療を始めて気がついたら治療を始めてから4年も過ぎてた。46歳、どうなるのかな…。


テーマ:
今日はEMMA,ERA,ALICEの検査をしてきました。
EMMA,ERA,ALICEの検査は昨年6月から色々なクリニックで始まった検査みたいです。(流産する前にこの検査が始まってたらよかったのになぁ……。)


新橋夢クリニックからは
「朝、9時より前に来て下さい」と言われてたのですが、電車の遅延でまた中央線が12分の到着遅れになり、新橋夢クリニックに着いたのは8時59分。でも大丈夫だったみたい。中央線は最近、よく遅延してますね。

検査は痛くは無かったけど、生理が再度きたような感覚でした。検査あとも少し出血がありました。 1つの検体で3つ検査できます。

ホルモン補充周期で検査をしました。飲み薬は三種類、飲みました。

エストローゲンの補充がエストレーナテープでなくル.エストロジェルでしたのでお風呂上がりに4プッシュ肌に塗るだけでしたので痒くならないので快適でした。

内膜の厚さは13ミリ。

院長先生に検査をしてもらいました。わりとすぐ終わりましたが、検査中、生理がきたような感覚がきました。

医「移植は検査の結果しだいになるので、次周期は採卵なら出来ます。次周期は移植は出来ません。結果は届き次第、連絡しますが1ヶ月くらい結果がでるまでかかる場合があります」と言われました。


ERA〜エラ~子宮内膜着床検査〜

あなたの着床の窓を調べます

胚移植での妊娠率が約25%向上しています

どんな検査?

●子宮内膜には着床に適した期間(着床の窓)があります。

●この期間は個人によって異なり、ERA検査では、患者様個々の着床の窓を特定します。

●最適なタイミングの胚移植をすることで、妊娠率を高めます。

このような方へ良いみたいです。

●良質な胚を移植したにも関わらず、着床に至らなかった方

●自分の着床の窓(着床に適した期間)を知りたい方

●胚移植を行うタイミングを把握したい方

「EMMA」〜エマ〜子宮内マイクロバイオーム検査〜

子宮内膜の細菌の種類と量を調べます

子宮内の乳酸菌割合を上げると着床・妊娠率が上昇します

どんな検査?

●子宮内膜の細菌の種類と量を測定し、バランスが正常かどうかを調べます。

●子宮内膜の乳酸菌の割合は、着床・妊娠率に大きく関わります。

●子宮内環境を改善する(乳酸菌の割合を上げる)ことにより着床・妊娠率が向上します。

このような方へ良いみたいです。

●着床しやすいように子宮内環境を整えておきたい方

●今後の治療プロセスで、自分の子宮内膜の状況を調べておきたい方

●乳酸菌が優位でない場合には、適切な治療を医師がご提案いたします。

「ALICE」〜アリス〜感染性慢性子宮内膜炎検査〜

慢性子宮内膜炎を起こす細菌を調べます

不妊症患者の30%が慢性子宮内膜炎に罹患しています

どんな検査?

●慢性子宮内膜炎**は、細菌感染によって起こり、不妊症・不育症の原因の1つとなります。

●ALICE検査では、従来の方法では特定できなかった慢性子宮内膜炎の病原菌を検出いたします。

慢性子宮内膜炎は不妊症患者の約30%、習慣性流産や着床不全患者では約66%が罹患していると言われています。




次周期、採卵にしようか?おやすみしようか?迷う……


皆さんにも沢山の幸せが訪れますように……

Ameba人気のブログ