黒絵羽を手に入れた。

紋は付いていない。

黒地に牡丹の花が鮮やかに描かれている丈の短い羽織だ。

柄の美しさに魅了され、思わず買ってしまった。




このまま着ることは出来ない。

裄も丈も短いのだ。

着られない羽織をなぜ買ったのか?



帯に作り直すつもりだったのだ。



シンエイさんで2000円でゲットした黒絵羽。

仕付け糸がついついて、未着用の美品だ。

名古屋帯に仕立て直したら、誰とも被らないオリジナルな帯になる。

呉服屋さんで名古屋帯を買ったら、どんなに高くても一点物ではない。

着物も帯も完全にオリジナルの一点物を仕立てることは出来ない。

どれも大量生産品なのだ。

オリジナルなものは作家さんに染めから頼まないと出来ない。

そこまでしなくても、作り直す事で、自分だけのオリジナル着物が手に入るのだ。

羽織から帯を作る。

これはマイブームなのだ。




昭和の頃、入卒園式にお母様は小紋に紋付きの黒羽織を着て参加した。

私の幼稚園の入学式の時の写真を見ると、お母様方は皆さん小紋に紋付きの黒羽織を着ている。

普段のおしゃれ着である小紋に紋付きの黒羽織を着ることで、略礼装になったのだ。

色無地や訪問着を持っていなくても、紋付きの黒羽織を持っていれば冠婚葬祭に利用できたらしい。

昭和の便利アイテムだったのだ。

そのうち、黒一色ではなく模様の入った「黒絵羽」が着られるようになった。

紋付きの黒絵羽が入卒園式に着られるようになった。

そこから派生して、紋のない黒絵羽が、普段のおしゃれ着として登場したようだ。

私が手に入れたのは紋なしの黒絵羽だ。



実は私は紋なしの黒絵羽が大好物なのだ。

丈が長ければ、このまま着たい。

たとえ時代錯誤であっても。



今回買った牡丹の黒絵羽、あまりの絵柄の美しさに、帯にするのが惜しくなった。

なんとか裄をだし、身丈を伸ばして長羽織に出来ないものかと悶々と考えている。

とりあえず、解いて布に戻した。

襟の縫い込みが15センチあるので、長羽織に仕立てることができるかも知れない。

裾は返しの幅を短くすれば、身丈はだせる。

マチの部分は喪服を買って代用したら問題なく長くなる。

喪服はシンエイさんで2000円で買える。

裏地も喪服の八掛で代用出来るのでは?

帯にしようか、長羽織にしようか。



と、悶々妄想は広がっていくのだった。






こちらは牡丹の黒絵羽織と同時に買った絵羽織だ。

これも2000円。

こちらは名古屋帯に直す事が確定している。






以前、呉服屋さんで30万円也の袋帯を買って、勿体なくて一度も使っていない貧乏性の私。

しかも30万円也の大量生産品なのだ。

なんだか悔しい‼



一万くらいで世界にひとつしかない「私の帯」が出来る事を知ってからは、ますます呉服屋さんから購入する気にならなくなった。

貧乏性は工夫でオリジナリティを出すのだ。

貧乏、万歳\(^o^)/











↑この子達にもお金かかるしね大泣きうさぎ









今日もご訪問ありがとうございました❤






ランキング参加しています。


応援クリックが更新の励みになります下矢印


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ


ラブクリックありがとうございました❤