元記事には日付がないのですが、動画を見る限りだと2011年2月21日頃だと思います。
ふくいちの事故後、3.15日に工事は中断しています。


http://yuiwa.com/pg127.html

http://www.youtube.com/watch?v=SV5OIuvOotU&feature=youtube_gdata_player

上関原発、強行工事!!

私は今、山口県にいますが、ここの状況は思ったよりも深刻で、大変なことになってます。

私ももみくちゃで体中アザができてますが、瀬戸内海と未来を守るため、
もう少し、いようと思っています。
(携帯は壊れました。今は使えません。ビデオカメラは砂まみれでジャリジャリです。)


20110222_1924623.jpg

(1日目)
今日は、上関原発の田ノ浦海岸に500名以上の作業員の超強引な作業がありました。
祝島は総出で出陣。陸と海です。
海の台船は10隻ぐらい来ました。
反対派は、他の方面からは、東京や神奈川、関西地区から200人ぐらいいましたが、あきらかに数はこちらの負けで、
なんども、大乱闘になり、私は、鉄の棒(青いネットの枠)で、男のごついやつに、
エレベーターに挟まれるように押さえつけられて、腕や足が何度も折れるかと思いました。
私は、海へ運ぶ短管につかまっていたら、蹴られたり、短管が顔に突き刺さりそうになったり、
もみくちゃになったり、すぐ横で、ハンマーでガンガンやってたり、、、
ほんとに、死ぬかと思いました。

こんな事が、明日も、明後日も、、、今まで30年間、同じ事の繰り返しで、、、

海上も台船が、砂利を落としていきました。

どうかみなさん、声を上げて下さい。

ツイッター(#kaminoseki)や、動画も上がってます。

『原発反対』を、言っている、共産党や社民党の方は、現地を見に来て下さい。

経済産業省へやめるように言ってください。

総理大臣に、こんな事は法治国家日本でやってはいけない事だと伝えて下さい。

よろしくお願い致します。

110221_085434.jpg
さて、私はどこでしょう?

抗議の宛先や現地情報等は、カヤック隊 http://ameblo.jp/nijinokayaker/

110221_085624.jpg
みなさまへ
田ノ浦海岸は、瀬戸内海の浄化場です。ここを埋め立てたら、
大きなため池のような瀬戸内海はヘドロになります。
日本の原発は、たくさん放射能が漏れています。ごまかして隠してますが、
原発地帯の子供達は奇形児や白血病が多いのです。
空も、海も放射能まみれです。
これ以上、海と未来を守る人たちを踏みにじるやり方で工事を進める事を許してはいけません。
夢や希望がある人は、今を守らないと、あとから結果を後悔しても取り返しがつきません。
今日も、軍隊のような訓練を受けた警備の人たち500人以上と台船15隻ぐらいは、
強行的なやり方で砂浜に杭を打ったり、海に砂利を落としていきました。
100人ぐらいの作業員に対して6~10人ぐらいでクイにしがみついて守っています。
それが、3~5カ所。
島のお母さん達は、フェンス前(6カ所ぐらい)をしっかり座り込み。
それをなぎ倒して無理矢理に工事を進める事は、憲法に違反しています。
しかし、中国電力は、私達に対して『工事の妨害は法律違反です。高額訴訟の対象になります。』
と、1日500万円損害賠償金を突きつけてきます。
多分、私もリストにのってるでしょう。
この法治国家日本で、大変な事が起きている事に感心を持って下さい。
ネット上で、平和を守るみんなへ、世界へ発信して下さい。
すべてのつながるいのちのために。
20110222k0000e040077000p_size5.jpg

20110222-459666-1-N.jpg

強行工事2日目

友達のみんなへ
今日も、すごかった。。。今日は訓練してきたみたいに軍隊のようだったよ。
海上も中電が田ノ浦海岸まで来て、
カヤックが体はって止めたけど、
排水溝の方には砂利をじゃんじゃん落としたよ。
その時に、シートみたいなやつを海の下にひくんだけど、
穴があいてて、長さも足りないやつを急いで、
ほり込んで、砂利を落としていきました。
これは、工事としては問題だ!!
やっちゃーいけない事。

Tn20110221012001.jpg

ダイナマイトもバンバンやってたよ。

陸も壮絶で、今日も私はもみくちゃの中で、
下敷きになり、大男2、3人にのられて、
踏まれて、足が折れるかと思ったよ。
他の女の子は、倒されて頭打って
脳しんとうをおこしてたし。。。

トビ職のお兄ちゃんも、
短管もって空から飛んできたり、
オラオラ言ったり、
めっちゃめちゃ怖かった。

まいどまいど、終わるまで死ぬかも、、、
って、本気で思う。
今日の終わり1時間前からも、
私達が守ってる短管の周りをがっちり固められて
どんどんその輪が小さくなっていって、
どんどん追い込まれて、もう、
絶対にけが人が出るな!
と思って1時間叫んでたら、
終了で終わった。。。
今日も守れて良かった。

でも、明日もガンガン来るみたい。

クルーザー、ジェットスキー、
ダイビング、釣り、
広島や四国、九州、岡山、神戸の
平和を愛する人たちの、
お店や知り合いに伝えて下さい。
夢や希望があるなら、
今、海を守らないと、
放射能で日本人みんな死ぬ。

こんなやり方を許したらいけない。
みんなで、
強制的なやり方を止める歴史を
作っていかないと。

ここ、田ノ浦海岸に集まってる仲間は
全員が本気で命をはってる。
それでも、人数が足りなくて、
6人ぐらいが100人ぐらいを止めてる。
人数が、まったくたりない。

このままでは、海がヘドロになる。
日本は世界のゴミ捨て場になる。
みんなでいっしょに、
幸せな未来を守りましょう!!

工事3日目 救急車

私達は、ただ座り込みをし、歌い、平和的に解決して頂きたいとしていましたが、
作業が終わる頃の時間に、強行的にすごい勢いできました。

祝島のお母さんの胸やお腹の上に、大男、数名が足の膝を使い、押さえ込み、さらにその上からも作業員は乗り、周りで泣きながら、『お願いやからもうやめて!! 死んでしまうから!!』と叫んでいるのに、警察もなかなか止めず、お母さんは意識不明になりました。その直後、中電、警備員、作業員、警察までもがそそくさと浜を後にし、浜には反対派の人間だけになりました。しかし、けが人が出ているとわかっているのに、すぐ近くにいる海上には、中電の船は帰らず、作業をしていました。(けが人が出たらすべての作業を中止するべきです。)祝島の診療所の先生が船で飛んでこられ、診察したら、意識レベルが1桁だから、緊急搬送との事でした。そこからは、救急車よりも船で行った方が早いという事になり、船に乗せたいから、浜まで来れる海上保安庁船に協力してくれと頼みましたが、すぐそこにいるのに、10分ぐらい動きませんでした。
病院も、なぜか、受け入れを拒み、結局始めにお願いしたところへ行かされましたが、非常に協力的には見えないそうです。山口県の医師会は原発に推進しています。
今日ほど、中立であるはずの、安全を守る為にいるはずの警察や海上保安庁が、まったく偏っている事がハッキリしました。若い男性も、内臓破裂の可能性で救急車で運ばれました。この国は狂ってます。私も怪我をしましたが、(たくさんの作業員に囲まれ、上から乗られもみくちゃです。)打ち身や切り傷、擦り傷です。体が痛いのは我慢できますが、心が痛いのは苦しすぎます。目の前の光景が焼き付き、一生忘れる事がないでしょう。みんな、平和的な心で話していた仲間達は、お互いの顔が悲しみと悔しさと、憎しみを覚えました。男の方達もみんなが涙を流しました。

原発を作る人間、管理していく人間は、そんな方達です。
現場代表者の大久保さんは『死人が出たらどうするん?放射能がもれたらどうするん?』と聞いたら、『それは、仕方がない。忠告しているのに、のかないあなた達が悪い。放射能が漏れても、私には関係ない。』と、言いました。いかに放射能が怖いのもかまったく知らない発言であり、命の大切さを理解できていないようです。(はかにも、ホントにビックリする発言や行動がたくさんあります。)

この国は、狂っています。
今、止める事を必死でやらないと、必ず後悔すると思います。
止める前例、事実を作っていかないと、この島国日本は、世界のゴミ捨て場になります。
みなさん、できる事を必死で考えてみてください。
皆さんの行動が明日の工事を決めます。
現地へ来られる方、電話やFAX、ネットや、知り合いへのメール・・・

方法は、なんでもいいです。よろしくお願い致します。

あと、海を愛する、釣りやクルーザーやジェットスキーやサーフィン、ダイビング・・・
そういった方へ、伝えてください。
よろしくお願い致します。
報道(報道はほとんどありません。中電はすべてのメディアのスポンサーです。)