下眼瞼脱脂後の修正治療 | ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

 ももスキンケアクリニックは、岡山県岡山市の美容皮膚科クリニックです。
 このブログを通じて、院長自身の言葉で、美容皮膚科の現在をお伝えしていきたいと思います。

 下まぶたの膨らみ(深部脂肪がヘルニア状に飛び出てきます)に対する外科治療(脱脂術)を受けられた方から、修正治療の相談を受けました。

 

 具体的には、脂肪を取った事に起因する下眼瞼の後退→クマ感の増強や、裏打ちしていた脂肪組織が減った事によるシワの増強などです。

 

 このような事を最初から予想して、脱脂と脂肪注入をセット治療で提案する美容外科医もいます。(取る脂肪と入れる脂肪の解剖学的な位置は異なります)

 

 しかし、脂肪注入が不可能な、生来、皮下組織の薄い方もいます。相談を受けた方はこのようなコンディションの方でした。

 

 こういったケースは、本来、可能な限り脱脂を行うべきではありません。除去するにしても控えめが望ましいのですが、過剰除去になるケースもあるわけです。

 

 当院はヒアルロン酸を眼瞼部に投与する事は既に行っていないので、血小板療法による慎重な修正治療をご提案しています。

 

 福田