手強い鼻の毛穴拡張 | ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

 ももスキンケアクリニックは、岡山県岡山市の美容皮膚科クリニックです。
 このブログを通じて、院長自身の言葉で、美容皮膚科の現在をお伝えしていきたいと思います。

 過剰な皮脂分泌を背景に、鼻の毛穴はすり鉢状に陥凹性変化を生じる場合があります。

 

 顔面の他部位より皮膚が硬質な方が多いので、正常状態に戻すのは難しい治療になる事がしばしばです。

 

 最近では、ダーマペン4のご質問が多いですが、当院はこれまでの論文数や自身の治療経験、学会報告などの蓄積から、レーザー治療を第1選択としています。

 

 治療が少しでも上手くいった場合、重要なのは予防治療です。

 

 しみに日焼け予防を徹底するように、皮脂刺激を抑制するべく、ケミカルピーリングやざ瘡外用剤(過酸化ベンゾイルやアダパレン)の継続的な使用を推奨しています。

 

 エビデンスに基づけば、難しい治療分野の1つであり、治療法は限られます。

 

 福田