鼻唇溝(ほうれい線)に対するレディエッセ注入 | ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

 ももスキンケアクリニックは、岡山県岡山市の美容皮膚科クリニックです。
 このブログを通じて、院長自身の言葉で、美容皮膚科の現在をお伝えしていきたいと思います。

 本日の外来では、鼻唇溝の形成目的にレディエッセ少量注入を行いました。

 

 既に血小板療法を受けられている方で、微調整を希望されたので、レディエッセを選択して頂きました。

 

 微調整というのは、ごく少量で形をもう少しだけ整えるという意味になります。(かなり主観的レベルのご依頼です)

 

 この場合、ヒアルロン酸だとオーバー治療のリスクや、浮腫むリスクがあるので、レディエッセを用いています。

 

 レディエッセのコラーゲン産生刺激も期待出来るので、繰り返しこういった少量投与を受けている方は、長期的に大きな意味のある処置になっていく場合も多いです。

 

 福田