美容皮膚科医療のエビデンス | ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

 ももスキンケアクリニックは、岡山県岡山市の美容皮膚科クリニックです。
 このブログを通じて、院長自身の言葉で、美容皮膚科の現在をお伝えしていきたいと思います。

 新しい専門書に目を通しました。

 

 美容皮膚科のエビデンスに着目した内容で、商業ベースに偏らない、きちんとした内容が書かれていました。

 

 ちなみに、発行が1−2年前なので、現時点の状況と大差はありませんでした(唯一、エビデンスレベルが高いクールスカプティングが掲載されていなかったです)。

 

 最も高いエビデンスとして紹介されていたのは、

 

1)Qスイッチレーザーやピコレーザー、炭酸ガスレーザーによる、日光黒子や真皮メラノサイトーシス、脂漏性角化症などの治療

 

2)ボツリヌストキシン、ヒアルロン酸

 

3)レーザー脱毛

 

4)AGAの内服2種と外用ミノキシジル

 

 やはり本邦におけるエビデンスの高い美容皮膚科治療というのは、機器や薬剤が厚労省に承認される事と同義です。

 

 そう考えると、機器によるしわやたるみ治療は、米国では承認されていても、日本で承認された製品はありません。

 

 機器メーカーの動きに期待したいところです。

 

 福田