ピコトーニングの可能性 | ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

 ももスキンケアクリニックは、岡山県岡山市の美容皮膚科クリニックです。
 このブログを通じて、院長自身の言葉で、美容皮膚科の現在をお伝えしていきたいと思います。

 社会生活上、シミ治療に対し、かさぶたレーザー治療をお勧めしたい場合でも困難な方がいます。

 

 この様なケースにおいて、ライムライトの様なIPL治療が多くの医療機関で行われています。

 

 再三申し上げていますが、この治療は適切な照射を行った場合、平均して2回前後でシミに対する治療効果は限界レベルになってきます。

 

 この時点で日焼け予防に徹するのもありですし、スキンケア製品で地道な治療にシフトするのもありですし、前述のかさぶた治療を選択するのもありです。

 

 最近では、これらに加えてピコトーニング治療を積極的に選択される方も一定数いらっしゃいます。

 

 照射方法は、他の相談内容も踏まえ、麻酔無しのバージョンもありますし、麻酔有りで少し強めに打つバージョンもあります。

 

 照射方法を工夫する事で、いろいろなご相談に応じることが出来る”幅”が広がってきました。

 

 まだまだピコレーザーを用いた治療テクニックは発展途上です。

 

 福田